プリンタのエラーメッセージ一覧と対応方法(iPF8100/iPF9100)



プリンタのエラーメッセージ一覧と対応方法(iPF8100/iPF9100)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000039824



警告メッセージ
警告メッセージは、ディスプレイ2〜4段目に表示されます。
プリンタの動作には支障ありませんが、内容を確認して必要な処置を行ってください。
メッセージ 原因 処置 備考
GARO Wxxxx(xは数字)

※エラー番号/内容については追加情報タブにあり
印刷ジョブに問題があります。 正しいプリンタドライバを使用して、印刷し直します。  
そのまま印刷が続行されます。
但し、意図通りの印刷結果が得られない場合があります。
 
インクタンクカバーを閉じてください。 インクタンクカバーが開いています。 インクタンクカバーを閉めます。  
インクタンクが空です。 インクタンクのインクがなくなりました。 インクタンクカバーを開き、インクランプが点滅している色のインクタンクを交換します。  
インクタンクが装着されていません。 インクタンクがセットされていません。 インクタンクをセットし直します。  
インクタンクにトラブルが発生しました。 新しいインクタンクに交換します。  
インク残量を確認してください。 インクの残量が少なくなっています。 新しいインクタンクを準備します。
長尺印刷や多部数の印刷の場合は、残量の少ないインクタンクを新しいインクタンクに交換することをお勧めします。
 
紙送り量のリミットに達しました。 操作パネル▲のキーを押して、ロール紙を先端まで巻き戻そうとしています。 ▲キーから指を離します。  
巻き取り装置を使用しているときは、17 mmまでしか巻き戻すことができません。 ▲キーから指を離します。  
部品交換が近付いています。 サービス交換が必要な消耗部品の交換時期が近付いています。 [部品交換目安を過ぎています。]と表示されるまでは、しばらく使用することができます。
キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。
 
部品交換目安を過ぎています。 サービス交換が必要な消耗部品の交換時期の目安を過ぎています。 キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。  
プリントヘッドxが不調です。(xはL、RまたはLR) プリントヘッドのノズルがつまり始めています。 印刷物がかすれている場合は、プリントヘッドをクリーニングします。  
ボックスに空き容量がないので保存せずに印刷を行っています。 プリンタのハードディスクの空き容量がなくなり、印刷のみ実行しています。
(ハードディスクに印刷ジョブは保存されません。)
印刷後、メッセージは消えます。  
ボックスの空き容量が少ないです。 プリンタのハードディスクの個人ボックスの空き容量の合計が1GB未満になりました。 個人ボックスに保存されている不要なジョブを削除します。  
ボックスの保存可能数が最大です。 個人ボックスに100個の印刷ジョブが保存されています。 個人ボックスに保存されている不要なジョブを削除します。  
巻き取り装置の電源を入れてください。 [巻き取り装置]で[使用する]が選択されているときに、巻き取り装置の電源がオンになっていません。 巻き取り装置の電源をオンにします。  
メンテナンスカートリッジの交換が近付いています。 メンテナンスカートリッジの残り容量が少なくなってきました。 印刷は続行されますが、メンテナンスカートリッジ交換のメッセージに備えて新しいメンテナンスカートリッジを準備します。  
用紙が違います。 調整パターンを複数枚のカット紙に印刷する場合に用紙サイズや種類が統一されていません。 複数枚のカット紙に調整パターンを印刷する場合は、用紙サイズと種類を統一して印刷します。  
用紙サイズが違います。 プリンタドライバで指定した用紙のサイズと、プリンタで指定した用紙のサイズが合っていません。 以下の手順で、プリンタにセットした用紙のサイズに合わせて、プリンタドライバの用紙サイズを設定し直します。
1.[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
2..プリンタドライバの用紙サイズ設定を、プリンタにセットした用紙サイズに変更し、印刷し直します。
 
以下の手順で、プリンタドライバで設定した用紙サイズに合わせて、プリンタの用紙を交換します。
1.[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
2.プリンタの用紙を、プリンタドライバで設定した用紙サイズに交換し、印刷し直します。
 
[オンライン]キーを押して、印刷を続行します。
ただし、紙づまりや印刷結果に不具合が発生する可能性があります。
 
用紙種類が違います。 プリンタドライバで指定した用紙の種類と、プリンタで指定した用紙の種類が合っていません。 プリンタの用紙の種類を、プリンタドライバで指定した用紙の種類に合わせます。 [用紙ミスマッチ検知]が[警告表示する]または[検知しない]に設定されている場合は印刷が続行されます。
以下の手順で、プリンタドライバの用紙の種類と、プリンタで指定した用紙の種類を合わせます。
1.[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
2.プリンタドライバで用紙の種類を変更するか、プリンタにセットしていた用紙を交換してプリンタの用紙の種類を変更します。
[オンライン]キーを押して、印刷を続行します。
ただし、紙づまりや印刷結果に不具合が発生する可能性があります。

 

 

エラーメッセージ(処置できる場合)
内容を確認して必要な処置を行ってください。
メッセージ 原因 処置 備考
インクがありません。 インクがなくなりました。 インクタンクカバーを開き、インクランプが点滅している色のインクタンクを交換します。  
インクが不足しています。 インクの残量が少ないため、プリントヘッドのクリーニングや印刷など、インクを使用する機能が実行できません。 残量の少ないインクタンクを新しいインクタンクに交換します。  
インクタンクが異常です。 使用できないインクタンクがセットされています。 プリンタ指定のインクタンクをセットします。  
インクタンクが装着されていません。 インクタンクがセットされていません。 インクタンクをセットし直します。  
インクタンクにトラブルが発生しました。 新しいインクタンクに交換します。  
上カバーが開いています。 上カバーが開いた状態を検知しました。 上カバーを開け、異物などが挟まってる場合は取り除いたあと、上カバーを閉め直します。  
このエラーが再び発生する場合は、電源をオフにしてしばらくしてから電源をオンにします。  
カット紙印刷が指定されています。 テストプリントなどのプリンタ内部データをカット紙で印刷しようとしましたが、カット紙がセットされていません。 カット紙をセットして印刷します。  
ロール紙に印刷したい場合は、[ストップ]キーを1秒以上押し続けて印刷を中止したあと、ロール紙をセットして印刷し直します。  
カット紙印刷が指定されましたが、ロール紙がセットされています。 ロール紙がセットされている状態で、カット紙印刷のデータを受信しました。 [ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。  
[OK]キーを押してロール紙を取り除き、プリンタドライバで指定したサイズ/種類のカット紙をセットします。  
[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
プリンタドライバの設定を、すでにセットされているロール紙に変更し、印刷し直します。
 
ロール紙で巻き取り装置を使用している時に、カット紙印刷のデータを受信しました。 1.[ストップ]キーを約1秒間押して、カット紙ジョブをキャンセルします。
2.メニューから[用紙カット]を実行します。
3.[用紙セット/排紙]キーを押して、ロール紙を取り外します。
4.カット紙をセットしてカット紙ジョブを再送信します。
 
カット紙がありません。 カット紙がセットされていません。
または給紙中に用紙が外れた。
プリンタドライバで指定したサイズ、種類のカット紙をセットします。  
[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。  
キャリッジカバーが開いています。 キャリッジカバーが開いています。 キャリッジカバーを閉めます。  
このエラーが再び発生する場合は、電源をオフにしてしばらくしてから電源をオンにします。  
キャリブレーションできません。 調整用パターンを印刷するための用紙が汚れています。または色の付いた用紙がセットされています。 カラーキャリブレーションに対応した未使用の用紙をセットします。  
印刷した調整用パターンがかすれています。 印刷のかすれを直します。  
直射日光など、強い光がプリンタに当たり、センサが誤動作している可能性があります。 直射日光など、強い光がプリンタに当たらない環境で使用します。  
このデータを印刷するには用紙が足りません。 ロール紙の残量よりも長いサイズの印刷ジョブを受信しました。 以下の手順で、ロール紙を交換します。
1.[用紙セット/排紙]キーを押してロール紙を取り外します。
2.残量が十分にあるロール紙をセットします。
3.ロール紙にバーコードが印刷されていない場合は、用紙の種類を選択します。
4.ロール紙にバーコードが印刷されていなくて、ロール紙残量検知機能が有効の場合は、用紙の長さを設定します。
巻き取り装置を使用している場合は、[ストップ]キーを1秒以上押し続けて印刷を中止するか、[オンライン]キーを押して印刷を続行します。 ただし、印刷を続行した場合は途中でロール紙がなくなり最後まで印刷できない可能性があります。
[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
[オンライン]キーを押して、印刷を続行します。
ただし、途中でロール紙がなくなり最後まで印刷できない可能性があります。
この用紙では調整できません。 プリントヘッドの調整や用紙の送り量の調整ができない、透過性の高いフィルム系の用紙がセットされています。 プリントヘッドを自動で調整する場合は、フィルム系以外の使用頻度が高い用紙で調整することをお勧めします。  
用紙の送り量を手動で調整します。  
この用紙は使用できません。
[対応用紙サイズをご確認ください。]
プリンタにセットできるサイズよりも大きな用紙がセットされています。 正しいサイズの用紙をセットし直します。  
プリンタにセットできるサイズよりも小さな用紙がセットされています。 正しいサイズの用紙をセットし直します。  
調整用パターンやノズルチェックパターンの印刷に必要なサイズよりも小さな用紙がセットされています。 A4以上のサイズで未使用の用紙をセットします。各調整により複数の用紙が必要な場合があります。  
指定された印刷ができません。
[リリースレバーを解除してA4/LTR縦サイズ以上の用紙に交換してください。]
セットされている用紙が小さすぎます。 A4/レター縦サイズ以上の用紙に交換してください。  
指定された印刷ができません。
[リリースレバーを解除して10 inch幅以上のロール紙に交換してください。]
セットされている用紙が小さすぎます。 10インチ幅以上のロール紙をセットしてください。  
ハードディスクのフォーマットが異常です。 プリンタのハードディスクのフォーマットが壊れました。 [OK]キーを押して、ハードディスクのフォーマットを開始します。フォーマットが完了すると、プリンタは自動的に再起動します。(フォーマットを行うと、ハードディスク内のデータは消去されます。)  
バンド調整できません。 プリントヘッドのノズルがつまっています。 以下の手順で、ノズルをチェックします。
1.ノズルチェックパターンを印刷してノズルの状態を調べます。
2.ノズルがつまっている場合は、プリントヘッドをクリーニングします。
 
用紙の送り量の調整ができない透過性の高いフィルム系の用紙がセットされています。 用紙の送り量を手動で調整します。  
ファイルを認識できませんでした。 プリンタを最新状態にするために送信した用紙情報などのデータ形式が間違っています。 データを確認してください。電源を切り、しばらくたってから再度電源を入れてデータを送信し直します。  
違う機種のファームウェアがアップロードされています。 ファームウェアを確認してください。 電源を切りしばらくたってから再度電源を入れて、ファームウェアを送信し直します。  
再びメッセージが表示される場合は、キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。  
ファイル読み込み失敗 プリンタのハードディスクのファイルが壊れました。 プリンタの電源を入れ直します。壊れたファイルだけが削除され、プリンタが起動します。  
フチなし印刷ができません。
ロール紙のセット位置を確認してください。
用紙のセット位置がずれています。 [用紙セット/排紙]キーを押して用紙をセットし直します。
ロール紙はロールホルダーのフランジに突き当たるまでしっかりと差し込みます。
 
[オンライン]キーを押して印刷を続けた場合は、フチのある印刷になります。  
フチなし印刷に対応していない用紙がセットされています。 フチなし印刷に対応している用紙をセットして、印刷し直します。フチなし印刷できる用紙は、用紙の種類とロール紙の幅が限られています。  
使用環境によってロール紙が伸びたり、縮んだりするため、フチなし印刷可能な幅に入らなくなる場合があります。 用紙種類毎の使用環境範囲内で使用してください。  
フチなし印刷ができません。
リリースレバーを解除して、用紙をセットし直してください。
巻き取り装置を使用しているときにフチなし印刷のデータを受信しましたが、用紙のセット位置がずれています。 リリースレバーを解除して用紙をセットし直します。
ロール紙はロールホルダーのフランジに突き当たるまでしっかりと差し込みます。
 
[オンライン]キーを押して印刷を続けた場合は、フチのある印刷になります。  
フチなし印刷ができません。
対応用紙をご確認ください。
フチなし印刷に対応していない用紙の種類あるいは紙幅が指定されたデータを受信しました。 以下の手順で、フチなし印刷できるように印刷ジョブを設定し直します。
1.[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
2.ご使用のプリンタ専用のプリンタドライバが選択されていることを確認し、印刷し直します。
 
[オンライン]キーを押して印刷を続けた場合は、フチのある印刷になります。  
プリントヘッドxが異常です。(xはLまたはR) 使用できないプリントヘッドが取り付けられています。 プリンタ指定のプリントヘッドを取り付けます。「プリントヘッド L」と表示された場合はプリントヘッドL、「プリントヘッド R」と表示された場合はプリントヘッドRを取り付けます。  
プリントヘッドに異常があります。 上カバーを開けてキャリッジがプラテンの上にある場合は、新しいプリントヘッドに交換します。「プリントヘッド L」と表示された場合はプリントヘッドL、「プリントヘッド R」と表示された場合はプリントヘッドRを交換します。  
上カバーを開けてキャリッジがプラテンの上にない場合は、以下の手順を実行します。
1.上カバーを閉めて、[オンライン]キーを押します。
2.「プリントヘッド L」と表示された場合はプリントヘッドL、「プリントヘッド R」と表示された場合はプリントヘッドRを取り付けます。
 
プリントヘッドxはクリーニングが必要な状態です。(xはLまたはR) プリントヘッドのノズルがつまっています。 プリントヘッドをクリーニングします。
[ヘッドクリーニングB]を2〜3回実行してもメッセージが表示される場合は、キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。
 
プリントヘッドの装着位置(L/R)が違います。 プリントヘッドを左右逆に取り付けています。 電源をオフにし、3秒以上待ってから電源をオンにしてください。再びメッセージが表示される場合は、キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。  
ヘッド調整できません。 プリントヘッドのノズルがつまっています。 以下の手順で、ノズルをチェックします。
1.ノズルチェックパターンを印刷してノズルの状態を調べます。
2.ノズルがつまっている場合は、プリントヘッドをクリーニングします。
 
プリントヘッドの調整ができない、透過性の高いフィルム系の用紙がセットされています。 プリントヘッドを調整する場合は、フィルム系以外の使用頻度が高い用紙で調整することをお勧めします。  
ボックスに空き容量がありません。 プリンタのハードディスクの空き容量がなくなりました。 [ストップ]キーを押して、印刷ジョブをキャンセルします。  
ジョブキューの印刷ジョブを削除します。  
ハードディスクに保存されている不要なジョブを削除します。  
ボックスの保存可能数を超えています。 保存されているジョブが、個人ボックスの保存可能数を超えました。 [ストップ]キーを押して、印刷ジョブをキャンセルします。  
ジョブキューの印刷ジョブを削除します。  
ハードディスクに保存されている不要なジョブを削除します。  
巻き取りエラー 巻き取り装置のセンサー付近に障害物があり、ロール紙が検知されません。 センサー付近の障害物を取り除きます。 巻き取り装置関係のエラーが発生すると、印刷が一時停止します。印刷を止めたくない場合は、[巻き取りエラースキップ]を[オン]に設定します。
巻き取り装置のセンサーが汚れていて、ロール紙が検知されません。 センサーを乾いた布で乾ぶきします。
ロール紙が巻き取り装置のセンサーの検知範囲から外れています。 ロール紙をセットし直します。
巻き取り装置のセンサーが壊れています。 キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。
巻き取り装置を使用します。 [メインメニュー]の[巻き取り装置]設定を[使用する]から[使用しない]に変更したが、ロール紙を取り外さないままで印刷データを受信しました。 [ストップ]キーを押して印刷を中止します。
[メインメニュー]の[巻き取り装置]設定を[使用する]から[使用しない]に変更した後、リリースレバーを解除してロール紙のセットを外すか、または[用紙カット]を実行すると巻き取りモードから通常モードに移行します。
 
[オンライン]キーを押して印刷を続行します。  
マルチセンサが異常です。 直射日光など、強い光がプリンタに当たり、センサが誤動作している可能性があります。 直射日光など、強い光がプリンタに当たらない環境で使用します。  
プリンタ内部のセンサの一部の性能が低下している可能性があります。 キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。  
メンテナンスカートリッジがいっぱいです。 メンテナンスカートリッジの残り容量がなくなりました。 プリンタの動作が停止していることを確認し、メンテナンスカートリッジを交換します。  
メンテナンスカートリッジが異常です。 使用できない、または使用済みのメンテナンスカートリッジが取り付けられています。 プリンタ指定のメンテナンスカートリッジを取り付けます。  
メンテナンスカートリッジが装着されていません。 メンテナンスカートリッジが取り付けられていません。 メンテナンスカートリッジを取り付けます。  
メンテナンスカートリッジの残り容量がありません。 プリントヘッドのクリーニングなどを実行するのに十分なメンテナンスカートリッジの残り容量がありません。 プリンタの動作が停止していることを確認し、メンテナンスカートリッジを交換します。  
用紙が違います。 調整パターンを複数枚のカット紙に印刷する場合に用紙サイズや種類が統一されていません。 複数枚のカット紙に調整パターンを印刷する場合は、用紙サイズと種類を統一して印刷します。  
用紙が詰まりました。 印刷中に用紙がプリンタ内部でつまりました。 リリースレバーを解除して、つまった用紙を取り除きます。  
用紙が斜めにセットされています。 用紙が斜めにセットされています。 以下の手順でロール紙をセットし直します。
1.リリースレバーを上げます。
2.上カバーを開きます。
3.ロール紙の右端を右側の紙合わせラインに平行になるように合わせます。
4.リリースレバーを下げます。
5.上カバーを閉じます。
左記の手順を繰り返してもこのメッセージが表示される場合やこのメッセージを表示したくない場合は、プリンタのメニューの[斜行検知精度]で[オフ]または[ゆるめ]を選択します。ただし、用紙が斜めのまま印刷されるため、紙づまりの原因となったり、プラテンが汚れ、次に印刷するときに用紙の裏が汚れる可能性があります。
ロールホルダーをプリンタから取り外し、ロール紙をロールホルダーのフランジに突き当たるまでしっかりと差し込んでから、ロールホルダーをプリンタにセットしてください。
以下の手順で、カット紙をセットし直します。
1.リリースレバーを上げます。
2.上カバーを開きます。
3.カット紙の右端を右側の紙合わせライン、カット紙の後端を用紙押さえの下の紙合わせラインに平行になるように合わせます。
4.リリースレバーを下げます。
5.上カバーを閉じます。
用紙サイズが違います。 プリンタドライバで指定した用紙のサイズと、プリンタで指定した用紙のサイズが合っていません。 以下の手順で、プリンタにセットした用紙のサイズに合わせて、プリンタドライバの用紙サイズを設定し直します。
1.[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
2.プリンタドライバの用紙サイズ設定を、プリンタにセットした用紙サイズに変更し、印刷し直します。
 
以下の手順で、プリンタドライバで設定した用紙サイズに合わせて、プリンタの用紙を交換します。
1.[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
2.プリンタの用紙を、プリンタドライバで設定した用紙サイズに交換し、印刷し直します。
 
[オンライン]キーを押して、印刷を続行します。
ただし、紙づまりや印刷結果に不具合が発生する可能性があります。
 
用紙サイズを検知できません。 用紙のセット位置がずれているか、カールした用紙がセットされています。 用紙を正しい位置にセットし直します。  
ロールホルダーをプリンタから取り外し、ロール紙をロールホルダーのフランジに突き当たるまでしっかりと差し込んでから、ロールホルダーをプリンタにセットしてください。  
用紙種類が違います。 プリンタドライバで指定した用紙の種類と、プリンタで指定した用紙の種類が合っていません。 プリンタの用紙の種類を、プリンタドライバで指定した用紙の種類に合わせます。 [用紙ミスマッチ検知]が[警告表示する]または[検知しない]に設定されている場合は印刷が続行されます。
以下の手順で、プリンタドライバの用紙の種類と、プリンタで指定した用紙の種類を合わせます。
1.[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。
2.プリンタドライバで用紙の種類を変更するか、プリンタにセットしていた用紙を交換してプリンタの用紙の種類を変更します。
[オンライン]キーを押して、印刷を続行します。
ただし、紙づまりや印刷結果に不具合が発生する可能性があります。
用紙先端を検知できません。 操作パネルで給紙元としてカット紙が選択されている状態でロールをセットしています。 ロール紙を取り外しカット紙をセットするか、操作パネルで給紙元をロール紙に設定してロール紙をセットします。  
カット紙のセット位置がずれています。 カット紙を正しい位置にセットし直します。  
用紙を送ることができません。 給紙中に用紙が外されました。 用紙を正しくセットして給紙し直します。  
給紙以外のタイミングでメッセージが表示される場合は、キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。  
用紙をカットできません。 カットされた用紙が排紙ガイド上に残っています。 用紙を取り除きます。  
排紙口付近に異物があり、カッターユニットがぶつかっています。 異物を取り除きます。  
用紙の推奨使用環境で使用していません。 用紙の推奨使用環境範囲内で使用します。用紙ごとに推奨使用環境が異なります。  
オートカットに対応していない用紙を使用しています。 手動でロール紙をカットします。  
用紙をカットできずに、カッターユニットが途中で停止しています。 キャリッジを左に移動させてから、用紙を取り除いた後、キャリッジを右端まで移動します。カッターユニットでカットできない場合は、手動でロール紙をカットします。  
カッターユニットが取り付けられていません。 カッターユニットを取り付けます。  
上記以外の場合、カッターユニットが故障している可能性があります。 キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。  
リリースレバーの位置が不正です。 リリースレバーが上がっています。 リリースレバーを下げます。  
このエラーが再び発生する場合は、電源をオフにしてしばらくしてから電源をオンにします。  
ロール紙がなくなりました。 ロール紙がなくなりました。 以下の手順で、使用していたロール紙と同じサイズ、種類のロール紙に交換します。
1.ロール紙を取り外します。
2.新しいロール紙をセットします。
3.ロール紙にバーコードが印刷されていない場合は、用紙の種類を選択します。
4.ロール紙にバーコードが印刷されていない場合は、用紙の長さを選択します。
 
ロール紙印刷が指定されています。 テストプリントなどのプリンタ内部データをロール紙で印刷しようとしましたが、ロール紙がセットされていません。 ロール紙をセットして印刷します。  
カット紙に印刷したい場合は、[ストップ]キーを1秒以上押し続けて印刷を中止したあと、カット紙をセットして印刷し直します。  
ロール紙印刷が指定されましたが、カット紙がセットされています。 カット紙がセットされているときに、ロール紙を指定した印刷ジョブを受信しました。 [OK]キーを押してカット紙を取り除きます。
ロール紙をセットして、印刷し直します。
 
[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、印刷を中止します。  

 

 

エラーメッセージ(処置できない場合)
メッセージ 原因 処置
ハードウェアエラー  xxxxxxxx-xxxx(xは英数字)
[電源を切り、しばらくたってから再度電源を入れてください。]
- 電源をオフにし、3秒以上待ってから電源をオンにしてください。ただし、印刷中にロール紙がなくなり、後端をテープで止められているロール紙が搬送できずに止まっている場合は、電源をオフにして、ロール紙を取り除いてから電源をオンにしてください。また、上カバー内部のテープやベルトストッパが取り外されていない場合は、電源をオフにして、上カバーを開きテープやベルトストッパを取り外してから電源をオンにしてください。
それでも、再びメッセージが表示される場合は、エラーコードとメッセージをメモに書き留めてから電源をオフにし、キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。
エラーExxx-xxxx(xは英数字)
[担当サービスにご相談ください。]
- 電源をオフにし、3秒以上待ってから電源をオンにしてください。
それでも、再びメッセージが表示される場合は、エラーコードとメッセージをメモに書き留めてから電源をオフにし、キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。

 

 

その他のメッセージ
プリンタの動作には支障ありません。ディスプレイに表示される内容を確認して必要な処置を行ってください。特に注意が必要なメッセージを抜粋します。
メッセージ 原因 処置 備考
インクの残量を正しく検知できません。 インクを補充したインクタンクを使用した場合、インク残量検知機能が正常に機能しなくなります。 インクを補充したインクタンクはそのままでは使用できません。  
キャリブレーション 温度・湿度が適応範囲を超えています。 プリンタ設置環境の温度または湿度が適応範囲外です。 [ストップ]キーを押して、印刷を中止します。
プリンタに適した動作環境で使用してください。また、使用する用紙ごとに用紙の推奨使用環境が異なります。
 
[OK]キーを押して、カラーキャリブレーションを続行します。ただし、正しく調整されない可能性があります。  
この用紙では実行できません。 カラーキャリブレーションに対応している用紙がセットされていません。 カラーキャリブレーションに対応している用紙をセットします。 プリンタにセットした用紙と、プリンタの用紙種類の設定は必ず合わせてください。セットした用紙と用紙種類の設定値が違う場合は、正しく調整されません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF8100 / iPF9100

 

[TOP▲]
このページのトップへ