プリントヘッドをクリーニングする(iPF6000S/iPF6200)



プリントヘッドをクリーニングする(iPF6000S/iPF6200)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000048262



対処方法

ノズルがつまっているときは、プリントヘッドをクリーニングすると改善される場合があります。
メモ
  • プリンタのメニューの[ノズルチェック間隔]でページ数を設定すると、設定したページ数を印刷するたびにノズルのつまりを自動的にチェックし、クリーニングを実行することができます。
  • [インフォメーション]キーを3秒以上押し続けると、[ヘッドクリーニングA]を実行できます。
  • 手差し前面給紙口にPOPボード(用紙の厚さ1.5 mm)がセットされている場合は、クリーニングは実行できません。用紙を取り外してからクリーニングを実行してください。
注意
  • クリーニングの実行中は、メンテナンスカートリッジやインクタンクを取り外さないでください。

1.[メニュー]キーを押して、[メインメニュー]を表示します。
 
2.キー、キーを押して[ヘッドクリーニング]を選択し、キーを押します。
 
3.キー、キーを押してクリーニングの種類を選択し、[OK]キーを押します。
 
[ヘッドクリーニングA]
印刷がかすれた場合や、ゴミが付いた場合などに[ヘッドクリーニングA]を実行します。インクの消費量が少ないクリーニング方法です。所要時間は約6分です。
 
[ヘッドクリーニングB]
インクがまったく出ない場合や、[ヘッドクリーニングA]を実行しても改善されない場合に[ヘッドクリーニングB]を実行します。所要時間は約7分です。
 
 ヘッドクリーニングが実行され、オンラインモードになります。
 
4.ノズルチェックパターンを印刷して、ノズルのつまりが改善されているかどうかを確認します。
メモ
  • [ヘッドクリーニングA]を実行しても改善されない場合は、[ヘッドクリーニングB]を実行してください。それでも改善されない場合は、[ヘッドクリーニングB]を1〜2回繰り返してください。それでも改善されない場合は、プリントヘッドの寿命の可能性がありますので、お買い上げの販売店にご連絡ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF6200 / iPF6000S

 

[TOP▲]
このページのトップへ