Printer Driver の設定項目と機能(MacOS X)



Printer Driver の設定項目と機能(MacOS X)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000048390



ドライバには次のシートがあります。
基本設定パネル
ページ加工パネル
ユーティリティパネル
付加設定パネル
サポート

以下ではそれぞれのシート内の項目をご説明します。

-----------------------------------------------------------
□[基本設定]パネル
[基本設定]パネルでは、以下の項目を設定できます。設定する値の詳細については、プリンタドライバのヘルプを参照してください。
<メモ>
[基本設定]パネルは、目的に応じて簡単に印刷の設定が行える[目的設定モード]と、より細かな設定を自由に行える[詳細設定モード]を切り替えて使用することができます。
[目的設定モード]を選択した場合

設定項目
説明
A
[用紙の種類]
用紙の種類を選択できます。
B[情報の取得]
クリックすると[情報の取得]ダイアログボックスが開き、プリンタに設定されている用紙の種類が給紙方法ごとに表示されます。給紙方法を選択すると、プリンタドライバの給紙方法と用紙の種類に反映されます。
C[設定]
クリックすると[用紙の詳細設定]ダイアログボックスが開き、インクの乾燥時間など、用紙の種類に合わせた印刷の方法を設定できます。
E
[印刷目的]
印刷物に適した設定を選択できます。
F[設定確認]
クリックすると[設定確認]ダイアログボックスが開き、E[印刷目的]の一覧から選択した項目の設定値を確認したり、E[印刷目的]の一覧に表示される項目の順番を変更できます。
L
[プリンタ情報]
クリックすると[プリンタ情報]ダイアログボックスが開き、インクの残量などのプリンタの情報を表示できます。

[詳細設定モード]を選択した場合

設定項目
説明
A
[用紙の種類]
用紙の種類を選択できます。
B[情報の取得]
クリックすると[情報の取得]ダイアログボックスが開き、プリンタに設定されている用紙の種類が給紙方法ごとに表示されます。給紙方法を選択すると、プリンタドライバの給紙方法と用紙の種類に反映されます。
C[設定]
クリックすると[用紙の詳細設定]ダイアログボックスが開き、インクの乾燥時間など、用紙の種類に合わせた印刷の方法を設定できます。
E
[優先画質]
印刷結果で優先する要素を選択できます。
F
[印刷品質]
印刷品質を選択できます。
H
[カラーモード]
カラーモードを選択できます。
I[設定]
クリックすると[色設定]ダイアログボックスが開き、色を詳細に設定できます。
J
[片方向印刷]
オンにすると、印刷スピードは遅くなりますが、罫線ずれなどを防ぎ、印刷品質が向上します。
K
[印刷ムラ低減]
A[用紙の種類]で普通紙、E[優先画質]で[オフィス文書]を選択すると表示されます。
オンにすると、2パスで印刷し、印刷ムラを改善できます。
N
[エコノミー印刷]
オンにすると、通常の印刷よりも印刷品位は下がりますがインクの消費量を抑えて印刷します。
図面を確認の為に印刷する場合などにインクを節約したいときにオンにしてください。
この機能は、[用紙の種類]、[印刷品質]の設定によっては選択できない場合があります。
L
[プリンタ情報]
クリックすると[プリンタ情報]ダイアログボックスが開き、インクの残量などのプリンタの情報を表示できます。

戻る


-----------------------------------------------------------
□[ページ加工]パネル
[ページ加工] パネルでは、以下の項目を設定できます。設定する値の詳細については、プリンタドライバのヘルプを参照してください。

設定項目
説明
A
[給紙方法]
用紙の給紙方法を選択できます。
[基本設定]パネルのA[用紙の種類]で選択した項目によって、表示される項目が異なります。
B
[ロール紙幅]
プリンタにセットされているロール紙の幅が表示されます。プリンタがロール紙の幅を認識できない場合は、[不明]と表示されます。
C
[原稿サイズ]
アプリケーションソフトのページ設定で設定されている原稿のサイズが表示されます。
D
[拡大/縮小印刷]
オンにすると、以下の項目を選択できます。
E[出力用紙サイズに合わせる]
原稿を、印刷する用紙のサイズに合わせて拡大/縮小して印刷できます。
F[ロール紙の幅に合わせる]
原稿を、ロール紙の幅に合わせて拡大/縮小して印刷できます。
G[倍率を指定する]
原稿を、指定した倍率で拡大/縮小して印刷できます。「5〜600」の値を入力できます。
H
[フチなしで印刷する]
A[給紙方法]の一覧から[ロール紙]を選択すると有効になります。
オンにすると、印刷する用紙のサイズや幅に合わせて、フチなしで印刷できます。
I
[出力用紙サイズ]
印刷する用紙のサイズを選択できます。
[すべての出力用紙サイズを表示]をクリックすると、選択可能な用紙のサイズの一覧が表示されます。
J
[中央に印刷]
オンにすると、原稿を用紙の中央に印刷できます。
K
[上下余白なし(用紙節約)]
オンにすると、原稿の上下に余白がある場合、余白を除いて印刷し、用紙を節約できます。
L
[ページを90度回転(用紙節約)]
オンにすると、原稿を90度回転して印刷できます。

戻る


-----------------------------------------------------------
[ユーティリティ]パネル

[ユーティリティ] パネルでは、以下の項目を設定できます。

設定項目
説明
A[設定]
クリックすると[プリンタ情報]ダイアログボックスが開き、以下のプリンタのメンテナンスを実行できます。
・ ノズル(インクの噴き出し口)のクリーニング
・ ヘッドの位置の調整
・ 用紙の送り量の調整
B[表示]
クリックすると[imagePROGRAF Printmonitor]が起動し、印刷ジョブの状態などを表示できます。
C[設定]
クリックすると、オートレイアウトやColor imageRUNNER連携拡大コピー(iR連携)の設定を行うことができます。

戻る


-----------------------------------------------------------
[付加設定]パネル
[付加設定] パネルでは、以下の項目を設定できます。

設定項目
説明
A[データ送信方法]
印刷ジョブをプリンタに送信する方法を選択できます。
B[印刷データをすぐにプリンタに送る]
C[全ページ分の印刷データを一括でプリンタに送る]
D[ジョブの出力方法]
クリックすると[ジョブの出力方法]ダイアログボックスが開き、印刷ジョブをプリンタのハードディスクに保存する方法を設定できます。
E[印刷]
F[印刷(自動消去)]
G[ボックス保存]
H[保存完了後に印刷する]
ハードディスクに保存が完了してから印刷します。
※D,E,F,G,Hは、HDDモデルのみ表示

戻る


-----------------------------------------------------------
[サポート]パネル
[サポート] パネルでは、 サポート情報や製品マニュアルを表示できます。

ボタン
起動されるユーティリティの概要
A[サポート情報]
クリックするとインターネットに接続し、製品に関する最新の情報や消耗品の情報、プリンタドライバのバージョンアップ情報などを確認することができます。
B[製品マニュアル]
クリックするとプリンタの製品マニュアルを表示します。 この機能を使用するには、ご使用のコンピュータに製品マニュアルがインストールされている必要があります。
C[設定一覧]
設定をファイルとして保存することができます。 クリックすると[ファイル保存]ダイアログボックスが開き、保存先を指定してファイルを保存します。
D[バージョン情報]
プリンタドライバのバージョン情報を表示できます。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF6200 / iPF6000S / iPF605 / iPF720 / iPF810 / iPF820

 

[TOP▲]
このページのトップへ