カット紙を手差し給紙口にセットして印刷する(上面手差し)(iPF605、iPF605L、iPF605L plus)



カット紙を手差し給紙口にセットして印刷する(上面手差し)(iPF605、iPF605L、iPF605L plus)
更新日 : 2014年5月30日
文書番号 : Q000048464



ここでは、カット紙を手差し給紙口にセットしてから印刷するまでの基本的な操作を説明します。
カット紙を手差し給紙口にセットして印刷する場合は以下の手順を行ってください。

<メモ>
・ロール紙がセットされている場合は、事前にロール紙を巻き戻してください。
・手差し上面給紙口にセットできる用紙は1枚です。2枚以上セットしないでください。紙づまりの原因になります。

1. プリンタの電源をオンにします。
2. プリンタドライバで用紙の種類やサイズ、給紙口などを選択します。
3. 印刷ジョブを送信します。
4. 手差しカバー(a)を開き、さらに用紙サポート(b)を開きます。
5. 幅ガイド(a)をつまんでスライドし、セットする用紙のサイズの刻印に合わせます。
6. 印刷面を上にし、手差し上面給紙口に用紙をセットします。
その際、用紙の先端が軽く突き当たる所まで差し込んでください。
7. 幅ガイド(a)の位置をセットした用紙のサイズに合わせて調整します。
セットした用紙が傾いたりしわにならないように、幅ガイドを用紙にぴったり合わせてください。
8. [OK]キーを押すと、給紙が開始されます。
給紙が完了するとオンラインモードになり、自動的に印刷を開始します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF605 / iPF605L / iPF605L plus

 

[TOP▲]
このページのトップへ