カット紙を手差し給紙口にセットして印刷する(前面手差し)(iPF605、iPF605L、iPF605L plus)



カット紙を手差し給紙口にセットして印刷する(前面手差し)(iPF605、iPF605L、iPF605L plus)
更新日 : 2014年5月30日
文書番号 : Q000048465



ここでは、カット紙を手差し給紙口にセットしてから印刷するまでの基本的な操作を説明します。
カット紙を手差し給紙口にセットして印刷する場合は以下の手順を行ってください。

<メモ>
・用紙は1枚だけセットできます。

1. プリンタの電源をオンにします。
2. プリンタドライバで用紙の種類やサイズ、給紙口などを選択します。
3. 印刷ジョブを送信します。
4. [プリンタ背面に70cm/28"の空間を確保してください。]と表示されたらプリンタ背面のスペースを確認し、排紙ガイド上の4つの前面給紙ガイドを引き上げて立て、[OK]キーを押します。
5. [上カバーを開けてください。]と表示されたら、上カバーを開きます。
6. 印刷面を上にして用紙の先端を前面給紙ガイドの上に載せ、手差し前面給紙口に水平に差し込みます。
7. 上カバー内部を見ながら、用紙の先端を用紙押さえ(a)に対して平行にしてプラテンと用紙押さえ(a)の間に差し込み、前面給紙ガイドの紙合わせライン(b)に合わせます。
8. [上カバーを閉じてください。]と表示されたら、上カバーを閉じ、[OK]キーを押します。
給紙が完了すると、オンラインモードになり、自動的に印刷を開始します。
9. 印刷後、用紙は落下防止のため後端が排紙ローラに保持された状態でいったん停止します。[用紙セット/排紙]キーで用紙を解除し、まっすぐに引き出して[OK]キーを押します。
10. 排紙ガイド上の4つの前面給紙ガイドを引き上げて手前に格納し、[OK]キーを押します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF605 / iPF605L / iPF605L plus

 

[TOP▲]
このページのトップへ