ノズルのつまりをチェックする (iPF8300)



ノズルのつまりをチェックする (iPF8300)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000054221



対処方法

印刷がかすれたり、色味の違うスジが入る場合は、ノズルチェックパターンを印刷して、プリントヘッドの各ノズルがつまっていないかを確認します。
メモ
  • ノズルのつまりは、一定の間隔でチェックされています。ノズルのチェックについては、操作パネルのメニューで[ノズルチェック設定]を設定してください。

1.未使用の用紙をセットします。

2.操作パネルの[タブ選択画面]で、[]キー、[]キーを押して (設定/調整タブ)を選択します。
メモ
  • [タブ選択画面]が表示されていない場合は、[メニュー]キーを押します。

3.[OK]キーを押します。
[設定/調整メニュー]が表示されます。

4.[]キー、[]キーを押して[テストプリント]を選択し、[OK]キーを押します。

5.[]キー、[]キーを押して[ノズルチェック プリント]を選択し、[OK]キーを押します。
ノズルチェックパターンが印刷されます。

6.印刷結果を確認します。
プリントヘッドLは各色の上段に、プリントヘッドRは各色の下段にノズルチェックパターンが印刷されます。
横線がかすれていない、横線が抜けていない場合は、ノズルは正常です。

横線がかすれていたり抜けている場合は、その色のノズルがつまっています。

横線がかすれていたり抜けている場合は、以下の手順でノズルのつまりを再度チェックしてください。
(1) プリントヘッドのクリーニングを実行します。
(2) ノズルチェックパターンを印刷します。
メモ
  • 上記の操作を何回か繰り返しても横線がかすれていたり抜けている場合は、お買い上げの販売店にご連絡ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF8300

 

[TOP▲]
このページのトップへ