横スジを自動で調整する(自動バンド調整) (iPF815/iPF825)



横スジを自動で調整する(自動バンド調整) (iPF815/iPF825)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000059353



対処方法

印刷物に色味の違うスジが入る場合は、用紙の送り量を調整します。
[自動バンド調整]には、[標準調整]と[詳細調整]があり、キヤノン純正紙および出力確認用紙以外の用紙で調整する場合や、[標準調整]を実行してもスジが改善されない場合には[詳細調整]を実行します。
[自動バンド調整]を実行する前に、必ず[紙送り調整]の設定を確認してください。

メモ
  • 透明度のある用紙など、[自動バンド調整]で調整できない用紙の場合は、用紙の送り量を手動で調整する必要があります。
  • [自動バンド調整]を実行後、さらに微調整が必要な場合は、[バンド微調整]を実行してください。
  • CAD図の罫線の長さを正確に印刷したいときなど、スケールの精度を調整したい場合は、用紙の伸縮率を設定して調整します。
  • 用紙の種類によっては、時間がかかる場合があります。
  • 調整に使用する用紙の種類とサイズは、実際の印刷に使用する用紙と同じにしてください。

用意するもの
<ロール紙>
未使用の10インチサイズ以上の用紙
<カット紙>
[標準調整]: 未使用のA4/レターサイズの用紙1枚
[詳細調整]: 未使用のA4/レターサイズの用紙2枚(ただし、A2サイズの場合は1枚)

以下の手順で[自動バンド調整]を実行します。

1.用紙をセットします。
メモ
  • プリンタにセットした用紙と用紙種類の設定は必ず合わせてください。セットした用紙と用紙種類の設定値が違う場合は、正しく調整されません。

2.[メニュー]キーを押して、[メインメニュー]を表示します。

3.[]キー、[]キーを押して[印字調整]を選択し、[]キーを押します。

4.[]キー、[]キーを押して[自動バンド調整]を選択し、[]キーを押します。

5.[]キー、[]キーを押して[標準調整]または[詳細調整]を選択し、[]キーを押します。

6.[]キー、[]キーを押して[する]を選択し、[OK]キーを押します。
バンド調整用パターンが印刷されます。
ロール紙またはA2サイズ以上のカット紙に印刷した場合は、ここで調整は終了します。

7.[標準調整]でA2サイズより小さい用紙に印刷した場合は、ディスプレイに印刷の続行を確認するメッセージが表示されます。[OK]キーを押して、ディスプレイの指示に従って操作を続けてください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF815 / iPF825

 

[TOP▲]
このページのトップへ