罫線の長さを調整する(長さ調整) (iPF815/iPF825)



罫線の長さを調整する(長さ調整) (iPF815/iPF825)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000059356



対処方法

CAD図の罫線の長さを正確に印刷したいときなどは、[長さ調整]を実行します。
[長さ調整]には[A:きれい]と[B:標準/速い]がありますので、印刷目的に応じて選択してください。

  • [A:きれい]: 印刷時にプリンタドライバの[印刷品質]で[最高]または[きれい]が選択された場合に設定が適用されます。
  • [B:標準/速い]: 印刷時にプリンタドライバの[印刷品質]で[標準]または[速い]が選択された場合に設定が適用されます。

[長さ調整]を実行する前に、[紙送り調整]の設定を確認してください。

メモ
  • 調整に使用する用紙の種類とサイズは、実際の印刷に使用する用紙と同じにしてください。
  • プリンタで[目的設定モード]を選択した場合は、以下の手順で[印刷品質]を確認してください。
- Windows :[基本設定]タブで[設定確認]をクリックし、[設定確認]ダイアログボックスを開いてください。
- Mac OS X :[基本設定]パネルで[設定確認]をクリックし、[設定確認]ダイアログボックスを開いてください。

用意するもの
<ロール紙>
  • 未使用の10インチサイズ以上の用紙
<カット紙>
  • 未使用のA4/レターサイズ以上の用紙1枚

以下の手順で[長さ調整]の設定を変更します。

1.用紙をセットします。
メモ
  • プリンタにセットした用紙と用紙種類の設定は必ず合わせてください。セットした用紙と用紙種類の設定値が違う場合は、正しく調整されません。

2.[メニュー]キーを押して、[メインメニュー]を表示します。

3.[]キー、[]キーを押して[印字調整]を選択し、[]キーを押します。

4.[]キー、[]キーを押して[長さ調整]を選択し、[]キーを押します。

5.[]キー、[]キーを押して[A:きれい]または[B:標準/速い]を選択し、[]キーを押します。

6.[]キー、[]キーを押して[する]を選択し、[OK]キーを押します。
用紙の伸縮率の調整用パターンが印刷されます。[Millimeter]には50 mm間隔、[Inch]には1インチ間隔のスケールが表示されます。
メモ
  • 調整用パターンは、[A:きれい]を選択した場合は黒で、[B:標準/速い]を選択した場合はマゼンタでそれぞれ印刷されます。
  • 調整用パターンの印刷を中止する場合は、[ストップ]キーを1秒以上押し続けて、手順7に進んでください。

7.調整用パターンの長さを測定し、測定値と実際の値の誤差を%で入力し、[OK]キーを押します。
0.02%ごとに値を変えることができます。[]キーを押すと値が増え、[]キーを押すと値が減ります。
印刷されたスケールの長さが実際より短かった場合は+側に、印刷されたスケールの長さが実際の値より長かった場合は-側に設定します
メモ
  • [用紙詳細設定]メニューの[長さ調整]でも、調整値を設定することができます。ただし、この場合は調整用パターンが印刷されません。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF815 / iPF825

 

[TOP▲]
このページのトップへ