PosterArtist ライセンス認証について



PosterArtist ライセンス認証について
更新日 : 2015年2月24日
文書番号 : Q000067671



ライセンス認証について

  ・オンライン認証

  ・オフライン認証
   リクエストデータ作成
   ライセンス読み込み

  ・ライセンスの転送

  ・ライセンスの返却
   オンラインの場合
   オフラインの場合



ライセンス認証について

初めてPosterArtistを起動したときにはライセンスアクセス番号を入力する必要があります。
ライセンスアクセス番号を入力しないとPosterArtistを使用することはできません。
(試用期間として90日間はライセンス認証を行わなくても使用することが可能です。)
お使いのコンピューターを交換したときや、ハードディスクを交換したときには、改めてライセンス認証を行う必要があります。
改めてライセンス認証を行う方法としては、別のコンピューターにライセンスを転送して改めてライセンス認証を行う方法と、
ライセンスを一時返却してから改めてライセンス認証を行う方法があります。
詳細については、「ライセンスの転送」と「ライセンスの返却」を参照してください。

■初回起動時に、以下のような[ライセンス認証]画面が表示されます。



オンライン認証]ソフトウエアのライセンスをオンラインで認証する場合に使用します。
オフライン認証]ソフトウエアのライセンスをオフラインで認証する場合に使用します。
試用]このモードでは、PosterArtistを90日間試用できます。試用期間が過ぎている場合は、ライセンス認証画面に「試用期間はあと0日です」と表示され、起動できなくなります。この場合は、ライセンス登録を行って下さい。

もどる




オンライン認証

インターネットを使用してオンラインでライセンス認証する操作方法について説明します。
お使いのコンピューターがインターネットに接続されている場合は、認証手続きが自動的に行われます。

1.認証方式の選択で、[インターネットを利用して認証する(オンライン認証)]を選び、[次へ]ボタンをクリックすると、
  [ライセンス認証]が表示されます。[ライセンスアクセス番号]を入力し、以降は画面の指示に従ってライセンス認証を完了してください。


◆[ライセンスアクセス番号]:16文字(4文字×4)の半角英数字で入力します。
◆ライセンスアクセス番号が正しく入力されない場合は、エラーメッセージ画面が表示されます。[戻る]ボタンをクリックして、正しいライセンスアクセス番号を入力してください。

2. [ライセンス認証の完了]画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。ライセンス認証が完了し、ソフトウエアが起動します。

もどる




オフライン認証

インターネットを使用しないでライセンス認証する操作方法について説明します。


 リクエストデータ作成

1.認証方式の選択で、[インターネットを利用せず認証する(オフライン認証)]を選び、[次へ]ボタンをクリックします。
  [ライセンスアクセス番号]を入力し、[次へ]ボタンをクリックします。


◆[ライセンスアクセス番号]:16文字(4文字×4)の半角英数字で入力します。
◆ライセンスアクセス番号が正しく入力されない場合は、エラーメッセージ画面が表示されます。[戻る]ボタンをクリックして、正しいライセンスアクセス番号を入力してください。


2. リクエストデータファイルの保存先を指定して、[次へ]ボタンをクリックします。


◆保存先を指定するには、入力欄にフルパスを入力するか、または[参照]ボタンから保存先を探すこともできます。
◆保存に失敗した場合は、エラーメッセージ画面が表示されます。[戻る]ボタンをクリックして、再度、保存先を指定してください。


3.内容を確認して、[終了]ボタンをクリックします。

◆[終了後に保存先フォルダーを開く]:終了後にデータの保存先フォルダを開く場合は、チェックボックスをオンにします。


4.作成したリクエストデータファイルを担当営業へ送付します。

◆送付したリクエストデータファイルは、キヤノンマーケティングジャパン株式会社に受け付けられ、ライセンスファイルが発行されます。
◆キヤノンマーケティングジャパン株式会社が休業日、または営業時間外の場合は、[試用]を選択することでアプリケーションを起動することが可能です。
◆担当営業がご不明な場合は、お客様相談センター 大判プリンター窓口へご相談ください。




 ライセンス読み込み

担当営業から送付されたライセンスファイルを読み込んで、ライセンス認証する操作方法について説明します。


1.[ライセンス認証]画面で、[オフライン認証]と、[ライセンス読み込み]をオンにして、[次へ]ボタンをクリックすると、以下のような[オフライン認証用ライセンスファイルの読み込み]画面が表示されます。ライセンスファイルを指名して、[次へ]ボタンをクリックします。


◆ライセンスファイルを指定するには、入力欄にフルパスを入力するか、または[参照]ボタンからライセンスファイルを探すこともできます。
◆ライセンスファイルの読み込みができなかった場合は、エラーメッセージ画面が表示されます。[戻る]ボタンをクリックして、再度、ライセンスファイルを指定してください。


2. [ライセンス認証の完了]画面が表示されます。[完了]ボタンをクリックします。ライセンス認証が完了し、PosterArtistが起動します。

◆ライセンスファイルが送付される前にPosterArtistを使用したい場合は、[ライセンス認証]画面で[試用]を選択してください。


もどる




ライセンスの転送

お使いのコンピューターにインストールされているPosterArtistのライセンスを別のコンピューターに転送する操作方法について説明します。
コンピューターを交換する場合などにライセンスを転送して、転送先のコンピューターでライセンスの再認証を行うことができます。
ライセンスの転送には、インターネット接続およびInternet Explorer 6以降が必要です。
お使いのコンピューターがインターネットに正しく接続されているかどうか確認してください。
ライセンスの転送を行う前に、転送先のコンピューターにてPosterArtistをインストールしておいてください。



1.転送先のコンピューターでPosterArtistを起動すると、最初にライセンス認証画面が起動し、
  認証方式の選択で、[オフライン認証]内の[リクエストデータ作成]を選び、[次へ]ボタンをクリックします。


2.ライセンスアクセスナンバーを入力し、[次へ]ボタンをクリックします。

3.:ライセンスファイルの保存先を指定し、[次へ]ボタンをクリックします。
  「.dat」と「.txt」ファイルが作成されますので、そのデータを転送元のコンピューターに持ってきます。

4.:転送元のコンピューターで、スタートメニューの[すべてのプログラム]→ [Canon LMS
   → [ライセンスの情報管理]を開き、[転送]ボタンをクリックします。

5.手順3.で持ってきたリクエストデータファイルを参照し、[ライセンスの転送]ボタンを クリックします。

◆リクエストデータファイルを指定するには、入力欄にフルパスを入力するか、または[参照]ボタンからリクエストデータファイルを探すこともできます。
◆リクエストデータファイルの読み込みができなかった場合は、エラーメッセージ画面が表示されます。メッセージの内容を確認し、[戻る]ボタンをクリックして、再度、リクエストデータファイルを指定してください。

6.以下のような[ライセンス転送の完了]画面が表示されたら、[閉じる]ボタンをクリックします。





7.転送先のコンピューターでライセンスの再認証を行うため、転送先のコンピューターでPosterArtistを起動し、
  オンライン認証を実施すれば完了です。認証方法については、ライセンスの読み込みをご参照ください。

もどる




ライセンスの返却

お使いのコンピューターにインストールされているPosterArtistのライセンスを解除する操作方法について説明します。

コンピューターが故障したり、コンピューターを交換する場合などにライセンスを解除して、別のコンピューターで再認証することができます。



 オンラインの場合

お使いのコンピューターにインストールされているPosterArtistのライセンスをサーバに返却する操作方法について説明します。
コンピューターが故障したり、コンピューターを交換する場合などにライセンスを返却して、別のコンピューターで再認証することができます。

1.スタートメニューの[すべてのプログラム]→ [Canon LMS]→ [ライセンスの情報管理]で[返却]ボタンをクリックします。

2.[インターネットを利用して返却する(オンライン返却)]を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。


◆ライセンスの返却ができなかった場合は、エラーメッセージ画面が表示されます。メッセージの内容を確認し、[戻る]ボタンをクリックして、再度、返却を行ってください。


3.[閉じる]ボタンをクリックします。

4.必要に応じて、別のコンピューターでライセンスの再認証を行います。




 オフラインの場合

お使いのコンピューターにインストールされているPosterArtistのライセンスを解除する操作方法について説明します。
コンピューターが故障したり、コンピューターを交換する場合などにライセンスを解除して、別のコンピューターで再認証することができます。


1.ライセンスアクセスナンバーをパッケージに同梱のライセンス証書にて確認します。


◆ライセンスアクセス番号証書で確認する以外にも、スタートから、プログラム>Canon LMS > ライセンスの情報管理でライセンスナンバーを確認できます。


2.ライセンスアクセスナンバーを確認後、そのライセンスアクセスナンバーと、解除理由を記載し、担当営業宛にご連絡ください。


3.ライセンスが解除された旨の連絡を担当営業からご連絡させていただきます。


4.解除は完了です。


もどる

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF5000 / iPF5100 / iPF6100 / iPF6200 / iPF6300 / iPF6350 / iPF6400 / iPF6450 / iPF8000 / iPF8100 / iPF8300 / iPF8400 / iPF9000 / iPF9100 / iPF9400 / iPF6000S / iPF6300S / iPF6400S / iPF8000S / iPF8300S / iPF8400S / iPF9000S / iPF9400S / iPF6400SE / iPF8400SE / iPF500 / iPF510 / iPF510 plus / iPF600 / iPF605 / iPF605L / iPF605L plus / iPF610 / iPF610 plus / iPF650 / iPF655 / iPF680 / iPF685 / iPF700 / iPF710 / iPF720 / iPF750 / iPF755 / iPF760 / iPF765 / iPF780 / iPF785 / iPF810 / iPF815 / iPF820 / iPF825

 

[TOP▲]
このページのトップへ