オーバーサイズの用紙サイズに印刷する (iPF8400)



オーバーサイズの用紙サイズに印刷する (iPF8400)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000070823



対処方法

用紙サイズを[オーバーサイズ](原稿のサイズに、プリンタの動作に必要な余白を加えたサイズ)から選択することで、原稿の全ての領域を原寸で印刷できます。
画質を重視した印刷の場合にお勧めします。
メモ
  • 通常の用紙サイズでは、原稿を余白なく作成して印刷した場合、用紙の端の画像が欠けます。

通常の用紙サイズで印刷する場合は、原稿の領域の内側にプリンタの動作に必要な余白をとって印刷します。(「 印刷領域 (iPF8400) 」参照) 例えば、図(b)のA4サイズ(210×297 mm)の原稿を印刷した場合は、図(a)のようになります。
一方、[オーバーサイズ]の用紙サイズを選択した場合は、原稿の領域の外側にプリンタの動作に必要な余白をとって印刷するので、図(c) のようになります。
印刷後に周囲の余白を切り落とせば、図(b)のような A4サイズの印刷が得られます。
重要
  • [オーバーサイズ]の用紙サイズに印刷するときは、原稿のサイズに、プリンタの動作に必要な余白を加えたサイズよりも大きな用紙をセットしてください。
  • カット紙の場合:原稿のサイズより、幅10 mm以上、高さ26 mm以上大きな用紙をセットします。
  • ロール紙の場合:原稿のサイズより、幅10 mm以上、長さ10 mm以上大きな用紙をセットします。
メモ
  • プリンタにセットできる最大の用紙サイズに対しては、オーバーサイズの用紙サイズは使用できません。(「 用紙のサイズ (iPF8400) 」参照)
  • [原稿サイズ]で[オーバーサイズ]を選択できるのは、Windowsだけです。
  • Mac OS Xでオーバーサイズ印刷を行う場合は、定形外の用紙に印刷する設定が必要です。
  • 定形外の用紙に対してオーバーサイズの用紙サイズを設定する場合は、ユーザ定義用紙に用紙サイズを登録してください。[カスタムサイズ]では、オーバーサイズの用紙サイズの設定はできません。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF8400

 

[TOP▲]
このページのトップへ