プリントヘッドが用紙にこすれる (iPF8400SE)



プリントヘッドが用紙にこすれる (iPF8400SE)
更新日 : 2014年2月7日
文書番号 : Q000077833



対処方法

原因処置
プリンタドライバで指定した用紙の種類と、プリンタにセットした用紙の種類が合っていません。プリンタドライバで指定した用紙の種類に合った用紙をプリンタにセットします。
プリンタドライバの用紙の種類を、プリンタにセットした用紙の種類に合わせます。
1. [ストップ]キーを押して、印刷を中止します。
2. プリンタドライバで用紙の種類を設定し直し、印刷します。
用紙が正しくセットされていないため、用紙が波打っています。用紙をセットし直します。
操作パネルのメニューでプリントヘッドの高さが低く設定されています。操作パネルのメニューで[ヘッド高さ]を[自動]に設定します。
(「 用紙のこすれや画像のぼやけを改善する(ヘッド高さ) (iPF6400SE/iPF8400SE) 」参照)
厚い用紙や、インクを吸収するとカールしたり波打ちが起こりやすい用紙に印刷しています。厚口コート紙のような紙ベースの用紙の場合は、操作パネルのメニューで[吸着力]を[やや強い]または[強い]に設定します。それでもこすれる場合は、操作パネルのメニューで[ヘッド高さ]を現在の設定値より高く設定します。
(「 用紙の吸着力を変更する(吸着力) (iPF6400SE/iPF8400SE) 」参照)
(「 用紙のこすれや画像のぼやけを改善する(ヘッド高さ) (iPF6400SE/iPF8400SE) 」参照)
トレーシングペーパーのようなフィルムベースの用紙の場合は、操作パネルのメニューで[吸着力]を[標準]、[やや強い]、または[強い]に設定します。それでもこすれる場合は、操作パネルのメニューで[ヘッド高さ]を現在の設定値より高く設定します。
(「 用紙の吸着力を変更する(吸着力) (iPF6400SE/iPF8400SE) 」参照)
(「 用紙のこすれや画像のぼやけを改善する(ヘッド高さ) (iPF6400SE/iPF8400SE) 」参照)
厚さが0.1 mm以下の薄い用紙の場合は、操作パネルのメニューで[吸着力]を[弱い]に設定します。それでもこすれる場合は、操作パネルのメニューで[ヘッド高さ]を現在の設定値より高く設定します。
(「 用紙の吸着力を変更する(吸着力) (iPF6400SE/iPF8400SE) 」参照)
(「 用紙のこすれや画像のぼやけを改善する(ヘッド高さ) (iPF6400SE/iPF8400SE) 」参照)
プリンタに用紙をセットするときに、実際にセットした用紙と、操作パネルで選択した用紙の種類が合っていません。用紙をプリンタにセットするときに、操作パネルのメニューから正しい用紙種類を選択します。
用紙先端のカールが強い、または波打っているため、用紙の先端がプリントヘッドにこすれています。操作パネルのメニューで[カットモード]を[ユーザーカット]に設定し、用紙先端検知設定で[行わない]を選択してください。 この場合、ロール紙の残量を管理する場合は、ロール紙をセットする前に、[ロール紙残量管理]を[オフ]に設定し、ロール紙をセットしてから[ロール紙残量管理]を[オン]に設定しなおしてください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF8400SE

 

[TOP▲]
このページのトップへ