WindowsXPから新しいPC(Windows7/8)へ買い替えのお客様へ



WindowsXPから新しいPC(Windows7/8)へ買い替えのお客様へ
更新日 : 2014年3月28日
文書番号 : Q000077970



2014年4月9日(日本時間) にマイクロソフト社はWindows XPのサポート期間を終了します。
(Windows XP向けのセキュリティ更新プログラムや有償サポート、技術情報のアップデートなどは提供されなくなります。 )

ここではWindows7/8のPCへ入れ替えを行う場合に、よくある質問をまとめておりますのでご確認ください。

INDEX
  1. OS対応状況
  2. 印刷をするには
  3. 各種機能について
  4. その他ソフトウェアについて

 

OS対応状況

大判プリンターの各OSへの対応状況については下記をご確認ください。
機種名ごと、対応しているOSの情報をまとめております。

ソフトウェア「PosterArtist」 のOS別対応状況については下記をご確認ください。


ご利用PCの搭載OSを確認するにはこちら

 

戻る

 

印刷をするには

PC入れ替え後、印刷を行うにはプリンタドライバーが必要です。
プリンタドライバのインストール方法は下記をご参照ください。

プリンタドライバに用紙種類を追加するには下記をご参照ください。

 

戻る

 

各種機能について

接続別対応状況について

imageRUNNER連携拡大機能、フリーレイアウト、PosterArtist連携機能を動作させるためには、Extrakitの互換モードでのインストールが必要です。

これらの機能をご利用するには、あわせて下記もご確認ください。

また、imageRUNNER連携拡大機能については

をご確認ください。

 

戻る

 

その他ソフトウェアについて

印刷に利用する文書ソフトウェアなどについても、Windows7/8への移行した際に入れ替えが必要になるケースもあります。

WindowsXPで利用できていたソフトウェアがWindows7/8でも利用できるかどうかは、ご利用のソフトウェアのサポート元へご確認いただくことをおすすめしております。

一例として、マイクロソフト社のOffice製品のOSサポート状況をご参考ください。

 

戻る

 

 

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF5000 / iPF5100 / iPF6100 / iPF6200 / iPF6300 / iPF6350 / iPF6400 / iPF6450 / iPF8000 / iPF8100 / iPF8300 / iPF8400 / iPF9000 / iPF9100 / iPF9400 / iPF6000S / iPF6300S / iPF6400S / iPF8000S / iPF8300S / iPF8400S / iPF9000S / iPF9400S / iPF6400SE / iPF8400SE / iPF500 / iPF510 / iPF510 plus / iPF600 / iPF605 / iPF605L / iPF605L plus / iPF610 / iPF610 plus / iPF650 / iPF655 / iPF700 / iPF710 / iPF720 / iPF750 / iPF755 / iPF760 / iPF765 / iPF810 / iPF815 / iPF820 / iPF825 / W8400(Pg) / W8400(染料) / W8200 / W7250 / W7200 / W6400 / W6200 / W2200 / W2200S / BJ-W9000 / BJ-W7000 / BJ-W7000S

 

[TOP▲]
このページのトップへ