Q:Mac OS X 10.8〜9 で情報取得がグレーアウトする(imagePROGRAF)

更新日 : 2014年7月8日
文書番号 : Q000078719

A:

一部機種の(Mac)OS X 10.8〜9対応ドライバ上の基本設定パネルにある「情報の取得」等の一部の機能は、常にグレーアウトして使用できない仕様となっています。
この点については、Apple社側の方針による使用禁止事項に当たってしまうための仕様通りの動作となりますのでご注意ください。

仕様情報

グレーアウトする機能は以下の通りです。

ドライバ各種パネル名称 グレーアウトする項目
基本設定パネル ・「情報の取得」ボタン
・「プリンタ情報」ボタン
・「目的設定モード」の「設定確認」選択後の「変更」ボタン
ユーティリティパネル

・プリンタのメンテナンスを行います:「設定」ボタン
・プリントモニタを起動し、印刷ジョブの状態などを表示します
 :「表示」ボタン

サポートパネル

・「サポート情報」ボタン
・「設定マニュアル」ボタン
・「設定一覧」ボタン

※「サポート情報」、「製品マニュアル」の各ボタンは
 PrintMonitorに用意されています。

付加設定パネル

付加設定パネルのデータ通信方法につきましては、
iPF6300S/8300S以降からOS標準の機能を使用することに
なったことに伴い、プリンタの接続形態により自動的に決定され
変更不可のためにグレーアウトとなります。

USB接続の場合 「印刷データをすぐにプリンタに送る」が選択された状態で
グレーアウトとなります。
LAN接続等USB接続以外の場合

「全ページ分の印刷データを一括でプリンタに送る」が選択
された状態でグレーアウトとなります。


この質問の対象商品

このページのトップへ