ロール紙をセットして印刷する (iPF670/iPF680/iPF685/iPF770/iPF780/iPF785)



ロール紙をセットして印刷する (iPF670/iPF680/iPF685/iPF770/iPF780/iPF785)
更新日 : 2015年12月3日
文書番号 : Q000078915



対処方法

2 インチ紙管のロール紙を使用する場合3 インチ紙管のロール紙を使用する場合
ホルダーストッパ(L 側)ロールホルダー(R 側)ホルダーストッパ(L 側)ロールホルダー(R 側)
2 インチ紙管アタッチメント
アタッチメント不要 3 インチ紙管アタッチメントL
3 インチ紙管アタッチメントR

注意
  • ロール紙は、転がり落ちないように、机の上など平面に横置きにしてセットしてください。ロール紙を落とすと、けがをする場合があります。
重要
  • ロール紙を取り扱うときは、印刷面を汚さないように注意してください。印刷品質が低下する場合があります。ロール紙は、印刷面を保護するために、清潔な布手袋を着用して取り扱うことをお勧めします。
  • ロール紙の先端が不揃いだったり、汚れやテープの跡がある場合は、はさみなどで切り揃えておいてください。給紙不良や印刷品質の低下の原因になります。バーコードが印刷されているロール紙の場合、バーコード部分をカットしないように注意してください。
  • ロール紙の端面は、巻き揃えておいてください。給紙不良の原因になります。

1.ホルダーストッパのレバー(a)を軸側から起こしてロックを解除し、図の位置(b)を持ってホルダーストッパをロールホルダーから取り外します。

2.ロールホルダーとホルダーストッパに、それぞれ使用するロール紙の紙管のアタッチメントを取り付けます。

  • 2 インチ紙管の用紙を使用する場合
ホルダーストッパ(L 側)ロールホルダー(R 側)
2 インチ紙管アタッチメントのツメ(a)をホルダーストッパの穴(b)に合わせて、しっかりと差し込みます。
アタッチメントは不要です。

  • 3 インチ紙管の用紙を使用する場合
ホルダーストッパ(L 側)ロールホルダー(R 側)
3 インチ紙管アタッチメントL のツメ(a)をホルダーストッパの穴(b)に合わせて、しっかりと差し込みます。
3 インチ紙管アタッチメントR のツメ(a)をロールホルダーの穴(b)に合わせて、しっかりと差し込みます。

3.図のように、ロール紙の先端を手前側に向けて、ロール紙の右側からロールホルダーを差し込みます。ロール紙が、ロールホルダーのフランジ(a)に隙間なく突き当たるまでしっかりと差し込みます。

4.図のように、ホルダーストッパを左側からロールホルダーに差し込み、図の位置(b)を持ってホルダーストッパのフランジ(a)がロール紙に突き当たるまでしっかりと押し込みます。ホルダーストッパのレバー(c)を軸側に倒してロックします。


1.[用紙交換]キーを押します。

2.[]キー、[]キーを押して[ロール紙をセットする]を選択し、[OK]キーを押します。
メモ
  • 使用しない用紙が給紙されている場合は、用紙を外すメッセージが表示されます。
]キー、[]キーを押して[はい]を選択し、[OK]キーを押します。用紙を取り外し、次の手順に進んでください。

3.図の位置に手を添えて、ロール紙カバーを開きます。

4.ロールホルダーのフランジ(a)を持って、ロールホルダーの軸をロール紙仮置き台(b)にセットします。
その際、図のようにロールホルダーのフランジの[R]のラベル(c)と、プリンター本体の[R]のラベル(d)を合わせてセットしてください。

5.ロールホルダーのフランジ(a)を持って、左右のスライドガイド(b)に沿って水平にロールホルダースロットにセットします。
注意
  • ロールホルダーの左右を間違えた状態で無理にセットしないでください。プリンタやロールホルダーを破損する場合があります。
  • ロールホルダースロットにセットするまでフランジから手を離さないでください。
  • セットするときに、スライドガイド(b)とロールホルダーの軸(c)の間に指が挟まれないように注意してください。

6.ロール紙の先端を給紙口(a)に差し込み、給紙音がするまで送り込みます。
重要
  • ロール紙を送り込むときは、印刷面を汚さないように注意してください。印刷品質が低下する場合があります。ロール紙は、印刷面を保護するために、清潔な布手袋を着用して取り扱うことをお勧めします。
  • 用紙にしわやカールがある場合は、しわやカールを取ってからセットしてください。
  • 用紙が斜めにならないようにセットしてください。

7.給紙動作が開始されると、[ロール紙残量管理]の設定やロール紙に印刷されているバーコードによって、以下の操作が必要になります。
[ロール紙残量管理]バーコード給紙後の動作
[オフ]印刷されているディスプレイに用紙の種類を選択するメニューが自動的に表示されます。 []キー、[]キーを押してセットした用紙の種類を選択し、[OK]キーを押します。
印刷されていない
[オン]印刷されているロール紙に印刷されているバーコードから用紙の種類と残量が自動で検知されます。 用紙の種類、長さを選択する必要はありません。
印刷されていないディスプレイに用紙の種類と長さを選択するメニューが自動的に表示されます。 []キー、[]キーを押してセットした用紙の種類と長さを選択し、[OK]キーを押します。

メモ
  • 選択する用紙の種類については、[用紙リファレンスガイド]を参照してください。

8.図の位置を持って、ロール紙カバーを閉じます。
メモ
  • ロール紙の先端に折れがあり、はさみなどでカットした場合や、汚れがある場合は、給紙完了後ロール紙の先端をカットします。


1.操作パネルの[タブ選択画面]で、[]キー、[]キーを押して(用紙タブ)を選択します。
メモ
  • [タブ選択画面]が表示されていない場合は、[メニュー]キーを押します。

2.[OK]キーを押します。
[用紙メニュー]が表示されます。
3.[]キー、[]キーを押して[用紙種類の変更]を選択し、[OK]キーを押します。
4.[]キー、[]キーを押して[ロール紙]を選択し、[OK]キーを押します。
5.[ ]キー、[]キーを押してプリンタにセットされている用紙の種類を選択し、[OK]キーを押します。
重要
必ず正しい用紙の種類を選択してください。セットした用紙の種類と設定値が合っていないと、用紙送りのエラーや印刷品質の低下の原因になります。
メモ
  • 用紙の種類については、[用紙リファレンスガイド]を参照してください。工場出荷時は、普通紙が選択されています。
  • リリースレバーを操作すると、設定値は自動的に最後に選択した用紙に戻ります。


2.[OK]キーを押します。
[用紙メニュー]が表示されます。
3.[]キー、[]キーを押して[用紙の取り外し]を選択し、[OK]キーを押します。
4.[]キー、[]キーを押して[はい]を選択し、[OK]キーを押します。
ロール紙が巻き戻され、排紙されます。
注意
  • 操作パネルのメニューで[ロール紙残量管理]を[オン]に設定している場合は、ロール紙の先端にバーコードが印刷されます。
バーコードが印刷される前にロール紙を取り出さないでください。 ロール紙の残量を管理できなくなります。

5.図の位置に手を添えて、ロール紙カバーを開きます。

6.両手でロールホルダーを後方に回してロール紙を巻き取ります。

7.ロールホルダーのフランジ(a)を持って、ロールホルダースロットから取り外します。

8.図の位置を持って、ロール紙カバーを閉じます。


2.ロール紙からロールホルダーを取り外します。

3.アタッチメントを取り外す場合は、ツメ(a)を内側に押して、アタッチメントを取り外します。
  • 3 インチ紙管アタッチメントR(ロールホルダー側)
  • 3 インチ紙管アタッチメントL(ホルダーストッパ側)
  • 2 インチ紙管アタッチメント
重要
  • ロール紙は入っていた袋または箱に戻し、高温、多湿、直射日光を避けて保管してください。正しく保管しておかないと、印刷時に、印刷面がこすれたり、印刷品質が低下する場合があります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF670 / iPF670 MFP / iPF680 / iPF685 / iPF770 / iPF770 MFP / iPF780 / iPF785

 

[TOP▲]
このページのトップへ