Excelで長尺印刷する方法



Excelで長尺印刷する方法
更新日 : 2015年12月3日
文書番号 : Q000078921



対処方法


3.[imagePROGRAF Print Plug-In]ツールバー/リボンから[印刷]をクリックします。
[印刷ウィザード]ダイアログボックスが表示されます。
重要
  • 複数のシートが選択されている場合は、[印刷ウィザード]を実行できません。1 シートのみ選択し直してから再度[印刷]をクリックしてください。
メモ
  • 印刷範囲が設定されている場合は確認のメッセージダイアログボックスが表示されます。
シート全体を印刷したい場合は、印刷範囲の設定を解除してください。

4.[シート全体を印刷する]をクリックします。
解析中のメッセージが表示されます。
自動的にレイアウトメニューが表示されます。
メモ
  • データ解析に時間がかかる場合は、メッセージダイアログが表示されます。[いいえ]を選択するとアプリケーションへ戻ります。

5.プリンターにセットされている[ロール紙幅]を選択します。
6.画像のサイズを選択します。
7.レイアウトを選択します。
8.[とじしろ]を設定する場合は[とじしろ設定]ボタンをクリックします。
9.[次へ]を選択します。

10.[用紙の種類]を選択します。
11.[部数]を入力します。
12.上下の余白が多い場合は[上下余白なし(用紙節約)]をチェックしてください。
上下余白は[印刷プレビュー]で確認することができます。
メモ
  • [ドラフト印刷]をオンにすると高速で印刷します。ただし、印刷品質は低下します。
  • [鮮やかな色に]をオンにするとポスターなどを鮮やかに印刷します。
  • [印刷プレビュー]ボタンを押すと、プレビュー画面が表示されレイアウトの確認や変更を行う事ができます。
  • ロール紙幅いっぱいに印刷する場合の最大印刷長は18.0m です。

13.[プリント]を押すと印刷を開始します。
重要
  • 複数ページに分かれてしまう場合は、データを小さくしてください。
  • 表示されているデータが何もないシートでは、[プリント]や[印刷プレビュー]を選択しても実行することができません。


3.[imagePROGRAF Print Plug-In]ツールバー/リボンから[印刷]をクリックします。
[印刷ウィザード]ダイアログボックスが表示されます。
重要
  • 複数のシートが選択されている場合は、[印刷ウィザード]を実行できません。1 シートのみ選択し直してから再度[印刷]をクリックしてください。
メモ
  • 印刷範囲が設定されている場合は確認のメッセージダイアログボックスが表示されます。
選択した範囲を印刷したい場合は、印刷範囲の設定を解除してください。

4.[選択した範囲を印刷する]をクリックします。
重要
  • 複数のセルが選択されていない場合は、[選択した範囲を印刷する]を選択できません。

解析中のメッセージが表示されます。
自動的にレイアウトメニューが表示されます。
重要
  • [Excel 2007 以降]で選択されている範囲が大きすぎる場合はデータを解析することができません。 選択する範囲を小さくしてから実行してください。
メモ
  • データ解析に時間がかかる場合は、メッセージダイアログが表示されます。[いいえ]を選択するとアプリケーションへ戻ります。

5.プリンターにセットされている[ロール紙幅]を選択します。
6.画像のサイズを選択します。
7.レイアウトを選択します。
8.[とじしろ]を設定する場合は[とじしろ設定]ボタンをクリックします。
9.[次へ]を選択します。

10.[用紙の種類]を選択します。
11.[部数]を入力します。
12.上下の余白が多い場合は[上下余白なし(用紙節約)]をチェックしてください。
上下余白は[印刷プレビュー]で確認することができます。
メモ
  • [ドラフト印刷]をオンにすると高速で印刷します。ただし、印刷品質は低下します。
  • [鮮やかな色に]をオンにするとポスターなどを鮮やかに印刷します。
  • [印刷プレビュー]ボタンを押すと、プレビュー画面が表示されレイアウトの確認や変更を行う事ができます。
  • ロール紙幅いっぱいに印刷する場合の最大印刷長は18.0m です。

13.[プリント]を押すと印刷を開始します。
重要
  • 複数ページに分かれてしまう場合は、データを小さくするか、または選択する範囲を小さくしてみてください。
  • 表示されているデータが何もないシートでは、[プリント]や[印刷プレビュー]を選択しても実行することができません。


5.上記の入力が終了したら、[登録]ボタンをクリックし、プリンタードライバーの印刷設定の画面を [OK]ボタンで[ユーザー用紙設定]と[印刷設定]の画面を閉じます。
6.[Microsoft Excel](以下Excelと記載します)を起動します。
7.Excelが立ち上がったら、[Officeボタン]の中にある、[印刷]をクリックします。ここでプリンタードライバーを、[Canon iPFxxxx]にして、[閉じる]ボタンをクリックします。

8.続いて、[ページ レイアウト]メニューの中の、[ページ設定]をクリックします。
[ページ]のタブを開き、[用紙サイズ(Z)]を、プリンタードライバーの[印刷設定]で登録したものを選択します。

9.次に、[ページ設定]の中にある、[余白]のタブをクリックし、必要に応じて余白のサイズを決め、[OKボタン]で[ページ設定]の画面を閉じます。

10.[表示]メニューから、[ズーム]をクリックし、画面の表示サイズを[10%]にします。
*ここでは、[指定]を選択し、その右側に[10]と入力します。

これでも原稿の全体像は見えないが、枠線で囲まれている印刷領域内に文字やオブジェクトを入れてプリントすればOKです。
以上で印刷の設定は完了となります。
あとは、データを作成し、[Officeボタン]の中にある[印刷]ボタンをクリックし、[OK]ボタンを押すことにより作成したデータの長尺印刷が出来上がります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF5100 / iPF6100 / iPF6200 / iPF6300 / iPF6350 / iPF6400 / iPF6450 / iPF8100 / iPF8300 / iPF8400 / iPF9100 / iPF9400 / iPF6000S / iPF6300S / iPF6400S / iPF8000S / iPF8300S / iPF8400S / iPF9000S / iPF9400S / iPF6400SE / iPF8400SE / iPF510 / iPF510 plus / iPF605 / iPF605L / iPF605L plus / iPF610 / iPF610 plus / iPF650 / iPF655 / iPF670 / iPF670 MFP / iPF680 / iPF685 / iPF710 / iPF720 / iPF750 / iPF755 / iPF760 / iPF765 / iPF770 / iPF770 MFP / iPF780 / iPF785 / iPF810 / iPF815 / iPF820 / iPF825 / iPF830 / iPF840 / iPF850

 

[TOP▲]
このページのトップへ