用紙の裏面が汚れる (iPF670/iPF680/iPF685/iPF770/iPF780/iPF785)



用紙の裏面が汚れる (iPF670/iPF680/iPF685/iPF770/iPF780/iPF785)
更新日 : 2015年12月3日
文書番号 : Q000078940



対処方法

原因処置
フチなし印刷や小さなサイズの用紙を印刷した後、プラテンが汚れています。上カバーを開いてプラテンを清掃します。
操作パネルのメニューで[用紙幅検知]が[オフ]に設定されている状態で印刷したため、プラテンが汚れました。操作パネルのメニューで[用紙幅検知]を[オン]に設定してから、上カバーを開いてプラテンを清掃します。
上カバーを開いてプラテンを清掃してから、ロール紙を手動でプラテン上に送って印刷します。
用紙押さえが汚れています。用紙押さえを清掃します。
操作パネルのメニューで[フチなしはみ出し量]が[標準]に設定されています。操作パネルのメニューで[フチなしはみ出し量]を[少ない]に設定します。

<上カバー内部の清掃方法>

1.上カバーを開きます。

2.プラテン上の吸引口(a)やフチなし印刷インク受け溝(b)に紙粉がたまっている場合は、プリンターに同梱されているクリーナブラシ(c)で掃き取ります。
メモ
  • クリーナブラシが汚れた場合は、水洗いしてください。

3.水を含ませて固く絞った布で、上カバー内部の汚れをふき取ります。プラテン全域(a)、用紙押さえ(b)、フチなし印刷インク受け溝(c)、排紙ガイド(d)などの汚れをふき取ります。
警告
  • シンナーやベンジン、アルコールなどの引火性溶剤を使わないでください。プリンター内部の電気部品に接触すると、火災や感電の原因になります。
重要
  • 上カバー内部の汚れをふき取るときは、乾ぶきしないでください。静電気を帯びて汚れやすくなり、印刷品質が低下する場合があります。
  • リニアスケール(a)、キャリッジシャフト(b)には触れないでください。手が汚れたり、プリンターの故障の原因になります。
メモ
  • プラテンと排紙ガイドの間を清掃する場合は、水を含ませて固く絞った布を排紙口に通し、溝に沿って拭いてください。

4.上カバーを閉じます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF670 / iPF670 MFP / iPF680 / iPF685 / iPF770 / iPF770 MFP / iPF780 / iPF785

 

[TOP▲]
このページのトップへ