サポート番号が表示されている:2000〜ZZZZ (imagePROGRAF PRO-1000)



サポート番号が表示されている:2000〜ZZZZ (imagePROGRAF PRO-1000)
更新日 : 2016年2月16日
文書番号 : Q000086545



現象

エラーが発生したときに、タッチスクリーンとパソコンにサポート番号が表示されます。
「サポート番号」とはエラー識別番号で、エラーメッセージと合わせて表示されます。
エラーが発生したときはサポート番号を確認し、それぞれの対処方法に従って操作してください。

原因と対処方法







[ セットしている用紙で印刷 ]
印刷するときに設定した用紙サイズまたは用紙種類のままで、印刷する場合に選びます。
例えば、印刷するときの用紙サイズの設定がA5サイズで、後トレイの用紙情報ではA4サイズと登録していた場合、A5サイズの設定のまま後トレイにセットされている用紙に印刷します。
[ 用紙を交換して印刷 ]
後トレイの用紙を交換してから印刷する場合に選びます。
例えば、印刷するときの用紙サイズの設定がA5サイズで、後トレイの用紙情報ではA4サイズと登録していた場合、後トレイの用紙をA5サイズの用紙に交換してから印刷します。
用紙を交換し給紙口カバーを閉じた後、後トレイの用紙情報登録画面が表示されます。後トレイにセットした用紙に合わせて、後トレイの用紙情報を登録してください。
参考
  • 本製品に登録する後トレイの用紙情報が分からない場合は、処理方法を選ぶ画面で戻るボタンを押してください。前の画面に戻りますので、表示される用紙サイズや用紙種類を確認し、後トレイの用紙情報に登録してください。


[ キャンセル ]
印刷を中止します。
印刷するときに指定した用紙設定を変更する場合に選びます。用紙設定を変更して印刷をやり直してください。
参考
  • 印刷ミスを防止するためのメッセージが表示されないようにすることもできます。表示されないようにした場合は、印刷するときの用紙設定と本製品に登録した後トレイの用紙情報が異なっていても、そのまま印刷が始まります。






上記の対処を行ったあと、再度プリントヘッド位置調整を行ってもエラーが解決されないときには、本製品のOKボタンを押してエラーを解除したあと、手動でプリントヘッド位置調整を行ってください。
-> [ プリントヘッド位置を調整する(手動) ]
































サポート番号=6910が表示されている場合は、下記も順番にお試しください。
1. ネットワーク上の他の機器の電源を一旦オフにする。
2. 本製品の [ IPv6設定 ] を [ 無効 ] に設定する。
3. 本製品の設置場所を変更してみる。


それでも回復しない場合は、キヤノンサポートホームページから修理をご依頼ください。


参考
  • 本製品のIPv6設定を無効にする方法
1. 操作パネルから [ 各種設定 ] を選択する。
2. [ 本体設定 ] を選択する。
3. [ LAN設定 ] を選択する。
4. [ その他の設定 ] を選択する。
5. [ TCP/IP設定 ] を選択する。
6. [ IPv6 ] を選択する。
7. メッセージが表示されたら [ はい ] を選択する。
8. [ IPv6の有効/無効 ] を選択する。
9. 表示された画面で [ 無効 ] を選択する。






次に、本製品の電源を切ってから、電源プラグをコンセントから抜いてください。
本製品の電源を入れ直してみてください。
それでも回復しない場合は、キヤノンサポートホームページから修理をご依頼ください。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PRO-1000

 

[TOP▲]
このページのトップへ