ロール紙を節約して印刷する方法 (imagePROGRAF PRO-2000/PRO-4000/PRO-4000S/PRO-6000S)



ロール紙を節約して印刷する方法 (imagePROGRAF PRO-2000/PRO-4000/PRO-4000S/PRO-6000S)
更新日 : 2016年6月17日
文書番号 : Q000088356



対処方法


1. プリンタードライバーの設定画面を開きます。

2. 用紙の種類を選択します。
[基本設定]シートの[用紙の種類]で、プリンターにセットしている用紙の種類と同じものを選びます。

3. 用紙サイズを選択します。
[ページ設定]シートの[用紙サイズ]で、アプリケーションソフトで作成した原稿のサイズと同じものを選びます。

4. 給紙方法を選択します。
[給紙方法]で、[ロール紙(自動)]、[ロール紙1]、[ロール紙2]の中から目的に合ったものを選びます。
重要
  • 用紙や下段(ロール紙2)の設定、またはロールユニットのオプションの設定によって、選べる給紙方法が異なります。

5. 用紙節約を選択します。
[ページを90度回転(用紙節約)]にチェックマークを付けます。
設定の状態は、左側のプレビュー画像に表示されます。

6. ロール紙幅を選択します。
[ロール紙幅]でプリンターにセットしているロール紙の紙幅と同じものを選びます。

7. 設定を完了します。
[OK]をクリックします。
印刷を実行すると、縦長の原稿を90度回転し、用紙を節約して印刷することができます。
重要
  • [ページ設定]シートの[バナー印刷]にチェックマークを付けている場合、[ページを90度回転(用紙節約)]はグレー表示となり設定できません。
  • [ページ設定]シートの[用紙サイズ]で縦長の用紙を選んでいるとき、縦方向の長さが[ロール紙幅]で選んでいる幅よりも長い場合は、[ページを90度回転(用紙節約)]にチェックマークを付けてもページは回転されません。


1. プリンタードライバーの設定画面を開きます。

2. 用紙の種類を選択します。
[基本設定]シートの[用紙の種類]で、プリンターにセットしている用紙の種類と同じものを選びます。

3. 用紙サイズを選択します。
[ページ設定]シートの[用紙サイズ]で、アプリケーションソフトで作成した原稿のサイズと同じものを選びます。

4. 給紙方法を選択します。
[給紙方法]で、[ロール紙(自動)]、[ロール紙1]、[ロール紙2]の中から目的に合ったものを選びます。
重要
  • 用紙や下段(ロール紙2)の設定、またはロールユニットのオプションの設定によって、選べる給紙方法が異なります。

5. ロール紙幅を選択します。
[ロール紙幅]でプリンターにセットしているロール紙の紙幅と同じものを選びます。

6. 用紙節約を選択します。
[レイアウト]シートの[上下余白なし(用紙節約)]にチェックマークを付けます。
設定の状態は、左側のプレビュー画像に表示されます。

7. 設定を完了します。
[OK]をクリックします。
印刷を実行すると、上下の余白をなくし、用紙を節約して印刷することができます。


1. プリントダイアログのポップアップメニューから[ページ加工]を選択します。

2. 用紙節約を選択します。
[ページを90度回転(用紙節約)]にチェックマークを付けます。

3. 設定を完了します。
[プリント]をクリックします。
印刷を実行すると、縦長の原稿を90度回転し、用紙を節約して印刷することができます。
重要
  • [ページ加工]の[バナー印刷]にチェックマークを付けている場合、[ページを90度回転(用紙節約)]はグレー表示となり設定できません。
  • プリントダイアログの[用紙サイズ]で縦長の用紙を選んでいるとき、縦方向の長さが[ロール紙幅]で選んでいる幅よりも長い場合は、[ページを90度回転(用紙節約)]は使用できません。


1. プリントダイアログのポップアップメニューから[品位と用紙の種類]を選択します。

2. 給紙方法を選択します。
[給紙方法]で、[ロール紙(自動)]、[ロール紙1]、[ロール紙2]の中から目的に合ったものを選びます。
重要
  • 用紙や下段(ロール紙2)の設定、またはロールユニットのオプションの設定によって、選べる給紙方法が異なります。

3. ポップアップメニューから[ページ加工]を選択します。

4. 用紙節約を選択します。
[上下余白なし(用紙節約)]にチェックマークを付けます。

5. 設定を完了します。
[プリント]をクリックします。
印刷を実行すると、上下の余白をなくし、用紙を節約して印刷することができます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PRO-2000 / PRO-4000 / PRO-4000S / PRO-6000S

 

[TOP▲]
このページのトップへ