プリンターのサポート番号一覧と対応方法:1600〜341Z (imagePROGRAF PRO-2000)



プリンターのサポート番号一覧と対応方法:1600〜341Z (imagePROGRAF PRO-2000)
更新日 : 2016年6月17日
文書番号 : Q000088390



現象

エラーが発生したときに、パソコンにサポート番号が表示されます。
「サポート番号」とはエラー識別番号で、エラーメッセージと合わせて表示されます。
エラーが発生したときはサポート番号を確認し、それぞれの対処方法に従って操作してください。

原因と対処方法

















一度空になったインクタンクが取り付けられています。
印刷を続けるにはインク残量検知機能を無効にする必要があります。
無効にする場合は、プリンターのストップボタンを5秒以上押してから離してください。
この操作を行うと、インク残量検知機能を無効にしたことを履歴に残します。
インク切れの状態で印刷を続けたことが原因の故障、またはインクの補充が原因の故障については、キヤノンは責任を負えない場合があります。












  • 印刷を中止する場合
タッチスクリーンで[キャンセル]をタップするか、ストップボタンを押します。
参考
  • Windowsで印刷設定をやり直す場合は、プリンタードライバーで[ロール紙の幅に合わせる]を選択したときに表示されるダイアログボックスでロール紙幅を設定します。
  • Mac OSで印刷設定をやり直す場合は、プリンタードライバーで[ロール紙の幅に合わせる]を選択し、同じパネルにあるロール紙幅と、プリンターにセットする用紙の幅を合わせてください。
  • タッチスクリーンのメニューから[用紙の設定不一致を検知]を[検知しない]に設定することで、このメッセージが表示されないようにすることもできます。


  • 印刷を中止する場合
タッチスクリーンで[キャンセル]をタップするか、ストップボタンを押します。
参考
  • Windowsで印刷設定をやり直す場合は、プリンタードライバーで[ロール紙の幅に合わせる]を選択したときに表示されるダイアログボックスでロール紙幅を設定します。
  • Mac OSで印刷設定をやり直す場合は、プリンタードライバーで[ロール紙の幅に合わせる]を選択し、同じパネルにあるロール紙幅と、プリンターにセットする用紙の幅を合わせてください。
  • タッチスクリーンのメニューから[用紙の設定不一致を検知]を[検知しない]に設定することで、このメッセージが表示されないようにすることもできます。 ただし、印刷結果に不具合が発生する可能性があります。
































































 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PRO-2000

 

[TOP▲]
このページのトップへ