プリンターのサポート番号一覧と対応方法:3420〜49ZZ (imagePROGRAF PRO-2000)



プリンターのサポート番号一覧と対応方法:3420〜49ZZ (imagePROGRAF PRO-2000)
更新日 : 2016年6月17日
文書番号 : Q000088391



現象

エラーが発生したときに、パソコンにサポート番号が表示されます。
「サポート番号」とはエラー識別番号で、エラーメッセージと合わせて表示されます。
エラーが発生したときはサポート番号を確認し、それぞれの対処方法に従って操作してください。

原因と対処方法

















2. フチなし印刷できるプリンターの用紙に交換します。
  • フチありで印刷する場合
タッチスクリーンで[フチありで印刷する]をタップしください。
フチのある印刷になります。


2. フチなし印刷できるプリンターの用紙に交換します。
  • フチありで印刷する場合
タッチスクリーンで[フチありで印刷する]をタップしください。
フチのある印刷になります。
参考
  • 使用環境によってロール紙が伸びたり、縮んだりするため、フチなし印刷可能な幅に入らなくなる場合があります。
用紙種類ごとの使用環境範囲内で使用してください。


2. フチなし印刷できるプリンターの用紙に交換します。
  • フチありで印刷する場合
タッチスクリーンで[フチありで印刷する]をタップしください。
フチのある印刷になります。


  • フチありで印刷する場合
タッチスクリーンで[フチありで印刷する]をタップしてください。
フチのある印刷になります。
  • 印刷を中止する場合
タッチスクリーンで[キャンセル]をタップし、印刷を中止します。
参考
  • タッチスクリーンのメニューで[用紙の設定不一致を検知]を[検知しない]にすることで強行印刷することができます。
ただし、印刷結果に不具合が発生する可能性があります。






  • フチありで印刷する場合
タッチスクリーンで[フチありで印刷する]をタップしてください。
フチのある印刷になります。
  • 印刷を中止する場合
タッチスクリーンで[キャンセル]をタップし、印刷を中止します。
















2. プリンタードライバーで設定した幅の用紙に交換します。
印刷が開始されます。
参考
  • Windowsで印刷設定をやり直す場合は、プリンタードライバーで[ロール紙の幅に合わせる]を選択したときに表示されるダイアログボックスでロール紙幅を設定します。
  • Mac OSで印刷設定をやり直す場合は、プリンタードライバーで[ロール紙の幅に合わせる]を選択し、同じパネルにあるロール紙幅と、プリンターにセットする用紙の幅を合わせてください。


  • そのまま印刷する場合
タッチスクリーンで[セットしている用紙で印刷]をタップし、印刷を続行します。
ただし、紙づまりや印刷結果に不具合が発生する可能性があります。


2. フチなし印刷できるプリンターの用紙に交換します。
印刷が開始されます。


  • 用紙をセットし直す場合
タッチスクリーンで[用紙を交換して印刷]をタップし、用紙の端部がフチなし印刷インク受け溝の幅に入るようにセットし直します。
ロール紙はロールホルダーのフランジに突き当たるまでしっかりと差し込みます。
  • フチありで印刷する場合
タッチスクリーンで[フチありで印刷する]をタップします。
フチのある印刷になります。
  • 印刷を中止する場合
タッチスクリーンで[キャンセル]をタップし、印刷を中止します。


  • 排紙口付近に異物があり、カッターブレードにぶつかっている場合
以下の手順で印刷を再開してください。
1. トップカバーを開けて、異物を取り除きます。
2. タッチスクリーンに[印刷を終了していないジョブがあります このジョブを印刷しますか?]と表示された場合は、[はい]をタップします。
エラーが発生したページから、印刷が再開されます。
  • 用紙の推奨使用環境で使用していない場合
用紙ごとに推奨使用環境が異なります。用紙は推奨使用環境範囲内で使用してください。
  • 使用している用紙が[オートカット]に対応していない場合
ロール紙のカット方法を[ユーザーカット]に設定してロール紙をはさみなどでカットします。
上記以外の場合はカッターブレードが故障している可能性があります。
キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。




  • 用紙がつまり、巻き取れなくなった場合
巻き取り装置から用紙を取り除いてください。
タッチスクリーンで[OK]をタップするとエラーが解除されます。
参考
  • 薄い紙への印刷や、フチなし印刷をした際に、用紙のフチが波打ち、ロールホルダーと接触して上手く巻きとれない場合があります。2インチ紙管を使用した巻き取りでこの不具合が生じた際には、ロールホルダーのフランジに4箇所の六角ビスで留められたスペーサーを外して巻取りを行ってください。


  • 巻き取り装置が故障していた場合
キヤノンお客様相談センターへご連絡ください。
重要
  • 巻き取り装置関係のエラーが発生すると、印刷が一時停止します。 印刷を止めたくない場合は、[巻き取り時にエラースキップ]を[する]に設定します。 ただし、紙づまりや印刷結果に不具合が発生する可能性があります。


































 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PRO-2000

 

[TOP▲]
このページのトップへ