ロール紙をセットして印刷する (imagePROGRAF TX-3000)



ロール紙をセットして印刷する (imagePROGRAF TX-3000)
更新日 : 2017年12月8日
文書番号 : Q000093447



対処方法


1. ホルダーストッパーのレバー(A)を軸側に倒してロックを解除し、図の位置(B)を持ってホルダーストッパーをロールホルダーから取り外します。
重要
  • フランジからスペーサー(C)が取り外された状態で、ロールホルダーを給紙に使用しないでください。用紙が斜めに送られる原因になります。

2. 3インチ紙管の用紙を使用する場合は、3インチ紙管アタッチメントのツメ(D)をロールホルダーの穴(E)に合わせて、しっかりと差し込みます。

3. 図のように、ロール紙の先端を手前側に向けて、ロール紙の右側からロールホルダーを差し込み、ロール紙が、ロールホルダーのフランジ(F)に隙間なく突き当たるまでしっかりと差し込みます。
重要
  • ロール紙をセットするときに、強い衝撃を与えないでください。ロールホルダーが破損する原因になります。
  • ロールホルダーを立ててロール紙を落とすようにセットすると、ロールホルダーが破損する可能性があります。

4. 3インチ紙管の用紙を使用する場合は、ホルダーストッパーに3インチ紙管アタッチメントを取り付けます。
アタッチメントのツメ(G)をホルダーストッパーの穴(H)に合わせて、しっかりと差し込みます。

5. 図のように、ホルダーストッパーを左側からロールホルダーに差し込み、図の位置(J)を持ってホルダーストッパーのフランジ(I)がロール紙に突き当たるまでしっかりと押し込みます。ホルダーストッパーのレバー(K)を軸側から起こしてロックします。

参考
  • ロールユニットを使用すると、ここで説明するプリンター本体とは別に、ロールユニットにもロール紙をセットすることができます。(本ページ内の [ ロール紙をプリンター下段のロールユニット(オプション)にセットする ] 参照)

1. タッチスクリーンのホーム画面で、用紙設定表示部をタップします。
参考
  • ホーム画面が表示されていない場合は、ホームボタンをタップします。

  • [ロール紙の自動給紙]を[有効]にしている場合
手順2に進みます。

  • [ロール紙の自動給紙]を[無効]にしている場合
(1) のエリアをタップします。
(2) [用紙をセットする]または[用紙交換]をタップし、表示されるメッセージを確認して[はい]をタップします。
参考
  • カット紙が給紙されている場合、または使用しないロール紙がロール紙1(上段)から給紙されている場合は、用紙を外すメッセージが表示されます。
画面に従って用紙を取り外した後、操作をやり直してください。
  • ロール紙1(上段)にロール紙をセット済みで、ロール紙1(上段)が給紙元として選ばれていなかった場合は、用紙を交換するかどうか確認するメッセージが表示されます。
[用紙交換]をタップして用紙を取り外し、次の手順に進んでください。

2. トップカバーを開き、排紙ガイドを上げます。

3. ロールホルダーの白いギヤが左側にくるようにフランジ(A)の部分を持ち、ロールホルダーの軸をロールホルダースロットの左右のガイド溝(B)に合わせてセットします。
注意
  • セットするときに、ロール紙を落としてけがをしないように注意してください。
  • セットするときに、ロールホルダーの軸とガイド溝(B)の間に指が挟まれないように注意してください。
重要
  • ロール紙がばらけないように、ロール紙の先端をテープや紙の帯で留めている場合、ロールホルダースロットにセットする前にテープや紙の帯を取り外してください。
先端が留められたままロールホルダースロットにセットすると、ロール紙の一部だけが給紙口に送られ、ロール紙の破損の原因になります。
  • ロール紙の先端が斜めになっていたり折れていたりすると、正しく給紙されない場合があります。先端部分をはさみなどでカットしてまっすぐにしてください。
  • ロール紙を取り付ける向きが逆向きにならないようにセットしてください。
  • ロール紙に緩みがないことを確認してからセットしてください。
  • お使いの環境によっては、静電気や湿気によってロール紙の先端が張り付き、正しく給紙できない場合があります。この場合は[ロール紙の自動給紙]を[無効]にして給紙してください。
  • ロール紙が偏心していると、正しく給紙できない場合があります。この場合は[ロール紙の自動給紙]を[無効]にして給紙してください。
  • [ロール紙の自動給紙]が[有効]のときに、ロールホルダーにロール紙がセットされていない状態でロールホルダーをセットすると、操作パネルに[給紙の準備をしています]が表示されます。この場合、操作パネルのストップボタンを押して、給紙を中止してください。
参考
  • ロール紙をロールホルダーに取り付ける手順は、本ページ内の [ ロール紙をロールホルダーにセットする ] を参照してください。

  • [ロール紙の自動給紙]を[有効]にしている場合
手順4に進みます。

  • [ロール紙の自動給紙]を[無効]にしている場合
ロール紙を左右均等に引き出して、先端をロール紙とそのすぐ下にある矢印の刻印(C)との間に差し込み、音が鳴るまで送り込みます。

重要
  • ロール紙の巻きが緩んでいる場合は、あらかじめ緩みを取ってからセットしてください。
  • ロール紙の先端を送り込むときには、ロール紙幅全域がすべてロールから離れて送られていることを確認してください。一部がロールに貼りついたまま送りこんでしまうと、ロール紙の破損の原因になります。
  • ロール紙を送り込むときは、印刷面を汚さないように注意してください。印刷品質が低下する場合があります。ロール紙は、印刷面を保護するために、清潔な布手袋を着用して取り扱うことをお勧めします。
  • 用紙にしわやカールがある場合は、しわやカールを取ってからセットしてください。
  • 用紙の右端とロールホルダーの間に、すきまが開かないようにセットしてください。
  • 用紙によっては、給紙動作時に印刷面に傷がついたり、給紙の動作がうまくいかない場合があります。その場合はタッチスクリーンで[用紙保持設定]を[解除する]にした後、手動で給紙を行う必要があります。リリースレバーを上げ、プラテン上にロール紙の先端が現れるまでロール紙を送り込んだ後、リリースレバーを下げてから次の手順に進んでください。 なお、[用紙保持設定]を[解除する]に設定している場合、上下段のロール紙を自動で切り替えることはできなくなります。

4. 排紙ガイドを下げます。

5. トップカバーを閉じます。

  • [ロール紙の自動給紙]を[有効]にしている場合
ロール紙が給紙されます。
  • [ロール紙の自動給紙]を[無効]にしている場合
[給紙開始]をタップすると、ロール紙が給紙されます。

給紙動作が開始されると、[ロール紙残量管理]の設定やロール紙に印刷されているバーコードによって、以下の操作が必要になります。

  • [ロール紙残量管理]で[無効]または[残量警告表示で管理]を選んでいる場合
タッチスクリーンに用紙の種類を選ぶメニューが表示されます。タッチスクリーンを操作して、使用する用紙の種類を選んでください。
  • [ロール紙残量管理]で[バーコードで管理]が選ばれ、バーコードが印刷されている場合
ロール紙に印刷されているバーコードから用紙の種類と残量が自動で検知されます。用紙の種類、長さを選ぶ必要はありません。
  • [ロール紙残量管理]で[バーコードで管理]が選ばれ、バーコードが印刷されていない場合
タッチスクリーンに用紙の種類と長さを選ぶメニューが表示されます。タッチスクリーンを操作して、使用する用紙の種類を選び、長さを入力してください。
重要
  • [用紙種類の固定]を[有効]にしている場合、用紙の種類を選ぶ必要はありません。
  • ロール紙の先端に折れや汚れがある場合は[用紙カット]の操作を行って、ロール紙の先端をカットしてください。
  • タッチスクリーンで用紙の種類を選ぶ場合には、プリンタードライバーで設定した用紙の種類と、プリンターにセットした用紙の種類が一致していることを確認してください。
参考


1. タッチスクリーンのホーム画面で、用紙設定表示部をタップします。
参考
  • ホーム画面が表示されていない場合は、ホームボタンをタップします。

  • [ロール紙の自動給紙]を[有効]にしている場合
手順2に進みます。
  • [ロール紙の自動給紙]を[無効]にしている場合
(1) のエリアをタップします。
(2) [用紙をセットする]または[用紙交換]をタップし、表示されるメッセージを確認して[はい]をタップします。
参考
  • カット紙が給紙されている場合、または使用しないロール紙がロール紙1(上段)から給紙されている場合は、用紙を外すメッセージが表示されます。
画面に従って用紙を取り外した後、操作をやり直してください。
  • ロール紙1(上段)にロール紙をセット済みで、ロール紙1(上段)が給紙元として選ばれていなかった場合は、用紙を交換するかどうか確認するメッセージが表示されます。
[用紙交換]をタップして用紙を取り外し、次の手順に進んでください。

2. ロールユニットのロールホルダー固定スイッチを解除の位置に切り替えます。

3. ロールホルダーの白いギヤが左側にくるようにフランジ(A)の部分を持ち、ロールホルダーの軸をロールホルダースロットの左右のガイド溝(B)に合わせてセットします。
注意
  • セットするときに、ロール紙を落としてけがをしないように注意してください。
  • セットするときに、ロールホルダーの軸とガイド溝(B)の間に指が挟まれないように注意してください。
重要
  • ロール紙がばらけないように、ロール紙の先端をテープや紙の帯で留めている場合、ロールホルダースロットにセットする前にテープや紙の帯を取り外してください。
先端が留められたままロールホルダースロットにセットすると、ロール紙の一部だけが給紙口に送られ、ロール紙の破損の原因になります。
  • ロール紙の先端が斜めになっていたり折れていたりすると、正しく給紙されない場合があります。先端部分をはさみなどでカットしてまっすぐにしてください。
  • ロール紙を取り付ける向きが逆向きにならないようにセットしてください。
  • ロール紙に緩みがないことを確認してからセットしてください。
  • お使いの環境によっては、静電気や湿気によってロール紙の先端が張り付き、正しく給紙できない場合があります。この場合は[ロール紙の自動給紙]を[無効]にして給紙してください。
  • ロール紙が偏心していると、正しく給紙できない場合があります。この場合は[ロール紙の自動給紙]を[無効]にして給紙してください。
  • [ロール紙の自動給紙]が[有効]のときに、ロールホルダーにロール紙がセットされていない状態でロールホルダーをセットすると、操作パネルに[給紙の準備をしています]が表示されます。この場合、操作パネルのストップボタンを押して、給紙を中止してください。
参考
  • ロール紙をロールホルダーに取り付ける手順は、本ページ内 [ ロール紙をロールホルダーにセットする ] を参照してください。

4. ロールユニットのロールホルダー固定スイッチをロックの位置に切り替えます。
重要
  • 固定スイッチをロックの位置に切り替えないとロール紙を自動的に給紙できません。

5. ロールユニット上面の給紙フラップスイッチを左の給紙アイコンの位置に切り替えます。

  • [ロール紙の自動給紙]を[有効]にしている場合
ロール紙が給紙されます。
  • [ロール紙の自動給紙]を[無効]にしている場合
ロール紙を左右均等に引き出して、先端をロール紙とそのすぐ下にある矢印の刻印(C)との間に差し込み、音が鳴るまで送り込みます。
[給紙開始]をタップすると、ロール紙が給紙されます。

重要
  • ロール紙の巻きが緩んでいる場合は、あらかじめ緩みを取ってからセットしてください。
  • ロール紙の先端を送り込むときには、ロール紙幅全域がすべてロールから離れて送られていることを確認してください。一部がロールに貼りついたまま送りこんでしまうと、ロール紙の破損の原因になります。
  • ロール紙を送り込むときは、印刷面を汚さないように注意してください。印刷品質が低下する場合があります。ロール紙は、印刷面を保護するために、清潔な布手袋を着用して取り扱うことをお勧めします。
  • 用紙にしわやカールがある場合は、しわやカールを取ってからセットしてください。
  • 用紙の右端とロールホルダーの間に、すきまが開かないようにセットしてください。
  • 用紙によっては、給紙動作時に印刷面に傷がついたり、給紙の動作がうまくいかない場合があります。その場合はタッチスクリーンで[用紙保持設定]を[解除する]にした後、手動で給紙を行う必要があります。リリースレバーを上げ、プラテン上にロール紙の先端が現れるまでロール紙を送り込んだ後、リリースレバーを下げてから次の手順に進んでください。 なお、[用紙保持設定]を[解除する]に設定している場合、上下段のロール紙を自動で切り替えることはできなくなります。

給紙動作が開始されると、[ロール紙残量管理]の設定やロール紙に印刷されているバーコードによって、以下の操作が必要になります。
  • [ロール紙残量管理]で[無効]または[残量警告表示で管理]を選んでいる場合
タッチスクリーンに用紙の種類を選ぶメニューが表示されます。タッチスクリーンを操作して、使用する用紙の種類を選んでください。
  • [ロール紙残量管理]で[バーコードで管理]が選ばれ、バーコードが印刷されている場合
ロール紙に印刷されているバーコードから用紙の種類と残量が自動で検知されます。用紙の種類、長さを選ぶ必要はありません。
  • [ロール紙残量管理]で[バーコードで管理]が選ばれ、バーコードが印刷されていない場合
タッチスクリーンに用紙の種類と長さを選ぶメニューが表示されます。タッチスクリーンを操作して、使用する用紙の種類を選び、長さを入力してください。
重要
  • [用紙種類の固定]を[有効]にしている場合、用紙の種類を選ぶ必要はありません。
  • ロール紙の先端に折れや汚れがある場合は[用紙カット]の操作を行って、ロール紙の先端をカットしてください。
  • タッチスクリーンで用紙の種類を選ぶ場合には、プリンタードライバーで設定した用紙の種類と、プリンターにセットした用紙の種類が一致していることを確認してください。
参考


1. タッチスクリーンのホーム画面で、用紙設定表示部をタップします。
参考
  • ホーム画面が表示されていない場合は、ホームボタンをタップします。

2. 種類を変更したい用紙がセットされた給紙口をタップします。

3. [用紙設定]をタップします。

4. [用紙種類]をタップします。

5. プリンターにセットされている用紙の種類をタップします。
重要
  • 必ず正しい用紙の種類を選んでください。セットした用紙の種類と設定値が合っていないと、用紙送りのエラーや印刷品質の低下の原因になります。
参考
  • 工場出荷時は、普通紙が選ばれています。
  • リリースレバーを操作すると、設定値は自動的に最後に選んだ用紙に戻ります。


1. タッチスクリーンのホーム画面で、用紙設定表示部をタップします。
参考
  • ホーム画面が表示されていない場合は、ホームボタンをタップします。

2. のエリアをタップします。

3. [用紙の取り外し]をタップします。

4. [はい]をタップします。
ロール紙が巻き戻されます。
重要
  • 操作パネルのメニューで[ロール紙残量管理]を[バーコードで管理]に設定している場合は、ロール紙の先端にバーコードが印刷されます。
バーコードが印刷される前にロール紙を取り出さないでください。 ロール紙の残量を管理できなくなります。

5. トップカバーを開き、排紙ガイドを上げます。

6. 両手でロールホルダーを矢印方向に回してロール紙を巻き取ります。

7. ロールホルダーのフランジ(A)を持って、ロールホルダースロットから取り外します。
参考
  • ロール紙からロールホルダーを取り外す手順は、本ページ内の [ ロール紙をロールホルダーから取り外す ] を参照してください。



1. タッチスクリーンのホーム画面で、用紙設定表示部をタップします。
参考
  • ホーム画面が表示されていない場合は、ホームボタンをタップします。

2. のエリアをタップします。

3. [用紙の取り外し]をタップします。

4. タッチスクリーンのメッセージを確認して、[はい]をタップします。
ロール紙が巻き戻されます。
重要
  • 操作パネルのメニューで[ロール紙残量管理]を[バーコードで管理]に設定している場合は、ロール紙の先端にバーコードが印刷されます。
バーコードが印刷される前にロール紙を取り出さないでください。 ロール紙の残量を管理できなくなります。

5. 両手でロールホルダーを矢印方向に回してロール紙を巻き取ります。

6. ロールユニットのロールホルダー固定スイッチを解除の位置に切り替えます。

7. ロールホルダーのフランジ(A)を持って、ロールホルダースロットから取り外します。
参考
  • ロール紙からロールホルダーを取り外す手順は、本ページ内の [ ロール紙をロールホルダーから取り外す ] を参照してください。
  • 新しく用紙をプリンターに取り付ける場合は、引き続き本ページ内の [ ロール紙をプリンター上段にセットする ] を参照してください。


2. ロール紙からロールホルダーを取り外します。

3. 3インチ紙管アタッチメントを取り外す場合は、ツメ(C)を内側に押して、アタッチメントを取り外します。
  • ロールホルダー側
  • ホルダーストッパー側
重要
  • ロール紙は入っていた袋または箱に戻し、高温、多湿、直射日光を避けて保管してください。正しく保管しておかないと、印刷時に、印刷面がこすれたり、印刷品質が低下する場合があります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

TX-3000

 

[TOP▲]
このページのトップへ