ヘッド位置調整方法 (imagePROGRAF TX-3000)



ヘッド位置調整方法 (imagePROGRAF TX-3000)
更新日 : 2017年12月8日
文書番号 : Q000093449



対処方法



  • 印刷した罫線がずれる場合や、縦線がゆがむ場合、色ずれが起きた場合
印刷物の罫線がずれる場合は、タッチスクリーンのメニューで[プリントヘッドの傾き調整]を実行し、プリントヘッドの傾きを調整してください。
通常は、プリントヘッドを交換したときに行います。
[プリントヘッドの傾き調整]を行った場合は、次にプリントヘッド位置の調整を行います。
-> 本ページ内の [ 罫線のずれを調整する] を参照してください。

印刷物の縦線がゆがむ場合や、色ずれが起きた場合は、タッチスクリーンのメニューで[ヘッド位置調整]を実行し、プリントヘッドの位置を調整してください。
[ヘッド位置調整]では、最初に[自動(標準)]を実行し、改善されない場合は[自動(詳細)]または[手動]を実行してください。
-> 本ページ内の [ 縦線のゆがみや色ずれを自動で調整する ] を参照してください。
-> 本ページ内の [ 縦線のゆがみや色ずれを手動で調整する ] を参照してください。

  • プリントヘッドが用紙にこすれる場合や、画像の端部がぼやける場合
タッチスクリーンのメニューで[紙の厚さ(ヘッドの高さ)]を設定し、プリントヘッドの高さを変更すると、改善されることがあります。


用意するもの
ロール紙を使用する場合
未使用の254.0 mm(10.00 inches)幅以上の用紙

カット紙を使用する場合
未使用のA4/レターサイズ以上の用紙1枚

以下の手順で調整します。

1. 用紙をセットします。
重要
  • プリンターにセットした用紙とプリンターに設定した用紙種類は必ず合わせてください。セットした用紙と用紙種類の設定値が違う場合は、正しく調整されません。

2. ホーム画面の[メンテナンス]をタップします。
[メンテナンス]画面が表示されます。

3. [プリントヘッドの傾き調整]をタップします。
確認画面が表示されます。

4. [はい]をタップします。
キャリッジが移動し、タッチスクリーンにプリントヘッドの傾き調整の手順のガイダンスが表示されます。

5. トップカバーを開きます。

6. スラント調整レバーを赤い四角の位置に合わせ、トップカバーを閉じます。
調整用パターンが印刷されます。
重要
  • リニアスケール、キャリッジシャフト、インクチューブスタビライザーには触れないでください。触れると故障の原因になります。

7. 印刷された調整パターンを見て、線がまっすぐのチャートを確認します。

8. メッセージが表示されたらトップカバーを開き、線がまっすぐのチャートの数字(または四角)にスラント調整レバーを合わせます。
線がまっすぐのチャートがない場合は、線のズレが最も少ない2つのチャートの数字(または四角)の中間にスラント調整レバーを合わせます。

9. トップカバーを閉じます。
プリントヘッドの傾きが調整され、調整が終了します。


用意するもの
ロール紙を使用する場合
未使用の254.0 mm(10.00 inches)幅以上の用紙

カット紙を使用する場合
[自動(標準)]:未使用のA4/レターサイズ以上の用紙3枚(ただし、A2サイズ以上の場合は1枚)
[自動(詳細)]:未使用のA4/レターサイズ以上の用紙5枚(ただし、A2サイズ以上の場合は1枚)

以下の手順で調整します。

1. 用紙をセットします。
重要
  • プリンターにセットした用紙とプリンターに設定した用紙種類は必ず合わせてください。セットした用紙と用紙種類の設定値が違う場合は、正しく調整されません。

2. ホーム画面の[メンテナンス]をタップします。
[メンテナンス]画面が表示されます。

3. [ヘッド位置調整]をタップします。

4. [自動(標準)]または[自動(詳細)]をタップします。
確認画面が表示されます。

5. [はい]をタップします。
給紙口の設定画面が表示されます。

6. 用紙をセットした給紙口をタップします。
調整用パターンが印刷されます。
参考
  • A2サイズより小さい用紙に印刷する場合は、印刷の続行を確認するメッセージが表示されます。この場合は、[OK]を選び、タッチスクリーンの指示に従って操作を続けてください。


用意するもの
ロール紙を使用する場合
未使用の254.0 mm(10.00 inches)幅以上の用紙

カット紙を使用する場合
未使用のA4/レターサイズ以上の用紙3枚(ただし、A2サイズ以上の場合は1枚)

以下の手順で調整します。

1. 用紙をセットします。
重要
  • プリンターにセットした用紙とプリンターに設定した用紙種類は必ず合わせてください。セットした用紙と用紙種類の設定値が違う場合は、正しく調整されません。

2. ホーム画面の[メンテナンス]をタップします。
[メンテナンス]画面が表示されます。

3. [ヘッド位置調整]をタップします。

4. [手動]をタップします。
確認画面が表示されます。
参考
  • [自動(詳細)]を実行していない場合、[自動(詳細)]実行の確認メッセージが表示されます。この場合は、[はい]をタップして、一度[自動(詳細)]を実行してください。

5. [はい]をタップします。
給紙口の設定画面が表示されます。

6. 用紙をセットした給紙口をタップします。
調整用パターンが印刷されます。

7. [D-1]をタップします。

8. 調整用パターンのD-1を見て、線がまっすぐの番号をタップします。
参考
  • 並んだ2つのパターンを見て、どちらを選ぶか迷った場合は、中間の値を選んでください。例えば、番号が10と12のパターンで迷った場合は、11を選びます。

9. 手順7〜8を繰り返し、[D-2]〜[D-41]を設定します。
ただし、[D-6]、[D-12]、[D-18]、[D-24]、[D-30]および[D-36]は設定できません。

10. [OK]をタップします。
調整値が登録され、調整が終了します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

TX-3000

 

[TOP▲]
このページのトップへ