ADSL・ISDN・光回線・IP電話での接続について



ADSL・ISDN・光回線・IP電話での接続について
更新日 : 2013年2月7日
文書番号 : Q000011256



対処方法

ファクス機能に対応したMultiPASSシリーズ、PIXUS MPシリーズ、PIXUS MXシリーズはG3(*1)という規格のFAXです。
お客様がご利用になられております回線側のTAまたはモデムメーカーに、G3のFAXが動作できるのかご確認をお願い致します。

*1
以下の機種はスーパーG3にも対応
PIXUS MP390 / MP730 / MP740 / MP790 / MP830
PIXUS MX350 / MX420 / MX513 / MX523 / MX850 / MX860 / MX870 / MX883 / MX893 / MX923 / MX7600
MultiPASS B-30 / C-70

次の接続方法は代表例です。すべての接続を保証するものではありません。詳しくは、プリンターと接続するネットワーク機器(ADSLモデムやターミナルアダプターなどの制御装置)に付属している取扱説明書を参照してください

■ADSL回線に接続して使用する場合の接続例

※ADSLモデムはスプリッターと本体が分かれているものもあります
重要
ADSLモデムとスプリッターが分かれている場合、スプリッターより前(壁側)で電話線を分岐しないでください。また、スプリッターを複数並列接続する場合は、ご使用のインターネット・プロバイダーの窓口にお問い合わせください
参考
ADSL回線に接続するときは、回線種別でご契約のタイプと同じタイプ(プッシュ回線/ダイヤル回線 20pps/ダイヤル回線 10ppsのいずれか)の回線を選択してください

■光回線(ひかり電話)に接続して使用する場合の接続例

※接続ポートの構成や名称などは、商品により異なります
参考
光回線(ひかり電話)に接続するときは、回線種別でプッシュ回線(トーン)を選択してください

■IP電話に接続して使用する場合の接続例

※ADSLモデムはスプリッターと本体が分かれているものもあります。接続ポートの構成や名称などは、商品により異なります。
参考
ADSL回線に接続するときは、回線種別でご契約のタイプと同じタイプ(プッシュ回線/ダイヤル回線 20pps/ダイヤル回線 10ppsのいずれか)の回線を選択してください

■ISDN回線に接続して使用する場合の接続例

参考
ISDN回線に接続するときは、回線種別をターミナルアダプターのアナログポートの設定に合わせてください。一般的には、プッシュ回線(トーン)を選択します

関連情報


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP830 / PIXUS MP790 / PIXUS MP740 / PIXUS MP730 / PIXUS MP390 / PIXUS MX923 / PIXUS MX893 / PIXUS MX883 / PIXUS MX870 / PIXUS MX860 / PIXUS MX850 / PIXUS MX7600 / PIXUS MX523 / PIXUS MX513 / PIXUS MX420 / PIXUS MX350 / MultiPASS C70 / MultiPASS B-30 / MultiPASS B-25 / MultiPASS B-20 / MultiPASS B-10 / MultiPASS L100

 

[TOP▲]
このページのトップへ