LCDディスプレイに「##345」や「##348」「プリンタ ヲ チェック」などのエラーメッセージが表示される



LCDディスプレイに「##345」や「##348」「プリンタ ヲ チェック」などのエラーメッセージが表示される
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011315



「##345」などの「##3xx」(300代)のエラーコードや、「プリンタ ヲ チェック」のメッセージは、プリンタ系の不具合が発生した場合に表示されます。

対処方法については、詳細情報をご参照ください。

詳細情報をご確認いただいても改善されない場合には、本体の不具合が考えられますので、関連情報の「修理を依頼するには」をご参考にメンテナンスをご依頼ください。



詳細情報:
  1. 本体の中に詰まった用紙や異物はありますか
  2. 本体の電源の再投入を行いエラーメッセージの表示は消えますか
  3. BJカートリッジの再装着を行いエラーメッセージの表示が消えるかご確認ください

【詳細1】本体の中に詰まった用紙や異物はありますか

プリンタ内部に詰まった用紙や異物が落ちていると、BJカートリッジの動作の妨げになり、エラーメッセージを表示する場合があります。本体の上カバーを開き、詰まった用紙や異物が落ちていないかご確認ください。

戻る

【詳細2】本体の電源の再投入を行いエラーメッセージの表示は消えますか

電源の再投入は次の手順で行ってください。

  1. 本体のLCDディスプレイ上が待機状態である(待機状態の場合にはLCDディスプレイは日付と時刻の表示になっています)ことをご確認の上、電源プラグを抜き電源を切ります。
     
  2. 5秒以上経過してから、電源プラグをコンセントに入れ、電源を投入します。

電源投入後の初期動作終了後、LCDディスプレイ上に先ほど表示されていたエラーメッセージが消えているかご確認ください。

戻る

【詳細3】BJカートリッジの再装着を行いエラーメッセージの表示が消えるかご確認ください

BJカートリッジが正しく装着されていないと、本体とBJカートリッジ間の電気信号のやり取りが正しく行われず、エラーメッセージが表示される場合があります。BJカートリッジの再セットを行ってください。

■BJカートリッジのセット方法について

BJカートリッジを交換位置に移動させて、固定レバーだけを持って、1、2回ゆっくりと上げ下げします。
BJカートリッジを支えながら固定すると、正しく装着できない場合がありますので、固定レバーで固定する際には、BJカートリッジには触れずに行ってください。

MultiPASS B-30 MultiPASS B-10/B-20/B-25/B-30

  

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MultiPASS B-30 / MultiPASS B-25 / MultiPASS B-20 / MultiPASS B-10

 

[TOP▲]
このページのトップへ