MultiPASS B-20のプリンタ共有について



MultiPASS B-20のプリンタ共有について
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011420



MultiPASS B-20では、プリンタの共有ができます。但し、サーバとクライアントのWindowsの組合せにより、使用できないものもあります。詳しくは次の表をご参照ください。

サーバのWindows クライアントのWindows
Windows 95/98/Me Windows XP Windows 2000 Windows NT
Windows 95/98/Me × × ×
Windows XP × × × ×
Windows 2000 △※(1)
Windows NT × ×

※(1)Windows 2000をサーバシステム、Windows NT 4.0をクライアントシステムとしてご使用の際には次の点をご確認ください。

B-20をWindows 2000が稼働しているコンピュータに接続し、クライアントのWindows NT 4.0システム側からB-20プリンタを共有するときは、Windows NT 4.0を実行しているクライアント側のコンピュータ(リモートシステム)に以下のファイルをコピーしなければならない場合があります。リモートシステムから印刷しようとして、エラーメッセージが表示されたときは、以下のように操作します。

  1.  「MultiPASS B-20」CD-ROMの\setup\ptoprint\2\フォルダを開きます。
  2.  \setup\ptoprint\2\prnum310.dllファイルを\winnt\system32\spool\drivers\w32x86\2\フォルダにコピーします。
  3.  「MultiPASS B-20」CD-ROMの\setup\ptoprint\system32\ フォルダを開きます。
  4.  以下のファイルをコピーします。
    \setup\ptoprint\system32\cvimg32.dllを\winnt\system32\にコピーします。
    \setup\ptoprint\system32\imlib32.dllを\winnt\system32\にコピーします。
    \setup\ptoprint\system32\mpspl32.dllを\winnt\system32\にコピーします。
    \setup\ptoprint\system32\psfemt32.dllを\winnt\system32\コピーします。
    \setup\ptoprint\system32\syssrvc.dllを\winnt\system32\コピーします。
  5.  システムを再起動します。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MultiPASS B-20

 

[TOP▲]
このページのトップへ