WindowsXP/Windows2000でBJラスタドライバで双方向通信機能を利用/解除するために必要な設定



WindowsXP/Windows2000でBJラスタドライバで双方向通信機能を利用/解除するために必要な設定
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011561



■概要

プリンタドライバの双方向通信設定方法についてご案内します。
詳細につきましては、下記詳細情報をご参照ください。

<ご注意>
プリンタドライバの双方向通信を解除すると、インク残量などプリンタの状況(ステータス)が確認できなくなります。



詳細情報:
  1. 双方向通信機能を利用する
  2. 双方向通信機能を解除する

【詳細1】双方向通信機能を利用する
  1. [スタート]→[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]を選択します。

    Windows 2000の場合は、[スタート]→[設定]→[プリンタ]の順に選択します。

     
    プリンタとFAX
     
     
  2. プリンタアイコンを選択し、[プリンタのプロパティの設定]をクリックします。
     
    プリンタのプロパティの設定
     
     
  3. [ポート]タブをクリックします。
     
    ポート
     
     
  4. [双方向サポートを有効にする]にチェックを入れます。

    双方向サポートを有効にする
     
     
  5. [OK]をクリックして終了します。
戻る

【詳細2】双方向通信機能を解除する
  1. [スタート]→[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]を選択します。

    Windows 2000の場合は、[スタート]→[設定]→[プリンタ]の順に選択します。
     
    プリンタとFAX
     
     
  2. プリンタアイコンを選択し、[プリンタのプロパティの設定]をクリックします。
     
    プリンタのプロパティの設定
     
     
  3. [ポート]タブをクリックします。
     
    ポート
     
     
  4. [双方向サポートを有効にする]にチェックを外します。

    双方向サポートを有効にする
     
     
  5. [OK]をクリックして終了します。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP950 / PIXUS MP900 / PIXUS MP830 / PIXUS MP800 / PIXUS MP790 / PIXUS MP770 / PIXUS MP740 / PIXUS MP730 / PIXUS MP710 / PIXUS MP700 / PIXUS MP500 / PIXUS MP450 / PIXUS MP390 / PIXUS MP375R / PIXUS MP370 / PIXUS MP360 / PIXUS MP170

 

[TOP▲]
このページのトップへ