インクづまりをなくす方法(PIXUS MP170) -コンピュータを使用しない場合-



インクづまりをなくす方法(PIXUS MP170) -コンピュータを使用しない場合-
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011618



詳細情報:
  1. インクづまりをなくす方法 ( コンピュータを使用しない場合 )

【詳細1】インクづまりをなくす方法 ( コンピュータを使用しない場合 )
インクづまりをなくす方法 ( コンピュータを使用しない場合 )

印刷結果がかすれたり、スジが入るなどの現象がある場合、インクの噴出し口 ( ノズル ) が目づまりしている可能性があります。
これらの現象は、プリンタの機能の [ クリーニング ] や [ 強力クリーニング ] を行うことで改善される場合があります。
また、ノズルチェックパターンを印刷することで、クリーニングの結果が確認できます。


< 概要 >
ここでは全体の流れについて説明しています。
各操作の内容については、先へ読み進んでください。


( メモ )
強力クリーニングを行っても改善されない場合は、プリンタの電源を切って24時間以上経ってから、再度、強力クリーニングを行ってください。


< メンテナンス画面の表示方法 >

1. プリンタの電源が入っていることを確認してください。
2. [ メニュー ] ボタンを数回押して < メンテナンス > 画面を表示させてください。

[ コピー ] モード 待機画面から
8 回
[ スキャン ] モード 待機画面から
2 回
[ メモリーカード ] モード 待機画面から
7 - 13 回


< ノズルチェックパターンの印刷方法 >

1. 排紙トレイを開いてください。
( 紙間選択レバーが左になっていることを確認してください。)
2. オートシートフィーダに A4 または Letter サイズの普通紙を1 枚セットしてください。
3. < メンテナンス > 画面を表示させてください。
( 上記 < メンテナンス画面の表示方法 > を参照してください。)
4. 左右のカーソルボタンを押して < ノズル チェック > を選び、[ OK ] ボタンを押してください。
ノズルチェックパターンが印刷されます。
5. ノズルチェックパターンを確認してください。

< 1 > 正常なノズルチェックパターンが印刷された状態
< 2 > 異常なノズルチェックパターンが印刷された状態
 
< 3 > 黒インクが部分的に欠けている状態
 
< 4 > カラーインクに白いスジがある状態
 
< 5 > まったく色が出ていない状態


< プリントヘッドのクリーニング方法 >
( メモ )
プリントヘッドのクリーニングはインクを消費します。

1. < メンテナンス > 画面を表示させてください。
( 上記 < メンテナンス画面の表示方法 > を参照してください。)
2. 左右のカーソルボタンを押して < クリーニング > を選び、[ OK ] ボタンを押してください。
クリーニングが開始されます。
( メモ )
クリーニングが終了するまで、他の操作を行わないでください。

3. ノズルチェックパターンを印刷して、プリントヘッドの状態を確認してください。
( 上記 < ノズルチェックパターンの印刷方法 > を参照してください。)


< プリントヘッドの強力クリーニング方法>
( 注 )
プリントヘッドの強力クリーニングは、クリーニングよりたくさんのインクを消費します。
クリーニングで直らない場合のみ行ってください。

1. < メンテナンス > 画面を表示させてください。
( 上記 < メンテナンス画面の表示方法 > を参照してください。)
2. 左右のカーソルボタンを押して < キョウリョク クリーニング > を選び、[ OK ] ボタンを押してください。
強力クリーニングが開始されます。
( メモ )
強力クリーニングが終了するまで、他の操作を行わないでください。

3. ノズルチェックパターンを印刷して、プリントヘッドの状態を確認してください。
( 上記 < ノズルチェックパターンの印刷方法 > を参照してください。)

( メモ )
強力クリーニングを行っても改善されない場合は、プリンタの電源を切って24時間以上経ってから、再度、強力クリーニングを行ってください。
時間をおくことにより、プリントヘッド内で固まったインクが溶解し、目づまりが解消できる場合があります。
それでも直らない場合は、インクカートリッジの交換が必要な可能性があります。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP170

 

[TOP▲]
このページのトップへ