MacOSX 印刷ジョブの確認/削除方法(〜OS10.4)



MacOSX 印刷ジョブの確認/削除方法(〜OS10.4)
更新日 : 2014年1月31日
文書番号 : Q000011682



現象

MacOSX 〜10.4でプリントキュー(印刷ジョブ)を削除する方法をご案内いたします

対処方法


1. 印刷を始めると、Dock 内に下記のアイコンが表示されます。アイコンをクリックして、キューウィンドウを起動します

2. キューウィンドウに表示された印刷待ちのリストから、削除したいドキュメント ( 書類名 ) をクリックして選びます。
[ 削除 ] をクリックして、ドキュメントを削除します


選択した印刷ジョブが削除されます

1. [移動]->[ アプリケーション ] -> [ ユーティリティ ] の順にフォルダを開き、[ プリンタ設定ユーティリティ ] をダブルクリックします
[ プリンタ設定ユーティリティ ] は、Mac OS X のバージョンによって名称が異なります。
Mac OS X のバージョンが 10.2.x の場合は、[ プリントセンタ ] をダブルクリックします。
Mac OS X のバージョンが 10.2.x より前の場合は、[ Print Center ] をダブルクリックします。

2. [ プリンタリスト ] で表示されているご使用の機種名をダブルクリックします。ご使用の機種名が表示されない場合は、[ 追加 ] をクリックして追加してください。
キューウィンドウが表示され、印刷待ちのリストから、削除したいドキュメント ( 書類名 ) をクリックして選びます。
[ 削除 ] をクリックして、ドキュメントを削除してください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230 / PIXUS MG8130 / PIXUS MG7130 / PIXUS MG6530 / PIXUS MG6330 / PIXUS MG6230 / PIXUS MG6130 / PIXUS MG5530 / PIXUS MG5430 / PIXUS MG5330 / PIXUS MG5230 / PIXUS MG5130 / PIXUS MG4230 / PIXUS MG4130 / PIXUS MG3530 / PIXUS MG3230 / PIXUS MG3130 / PIXUS MG2130 / PIXUS MP990 / PIXUS MP980 / PIXUS MP970 / PIXUS MP960 / PIXUS MP950 / PIXUS MP900 / PIXUS MP830 / PIXUS MP810 / PIXUS MP800 / PIXUS MP790 / PIXUS MP770 / PIXUS MP740 / PIXUS MP730 / PIXUS MP710 / PIXUS MP700 / PIXUS MP640 / PIXUS MP630 / PIXUS MP620 / PIXUS MP610 / PIXUS MP600 / PIXUS MP560 / PIXUS MP550 / PIXUS MP540 / PIXUS MP520 / PIXUS MP510 / PIXUS MP500 / PIXUS MP493 / PIXUS MP490 / PIXUS MP480 / PIXUS MP470 / PIXUS MP460 / PIXUS MP450 / PIXUS MP390 / PIXUS MP375R / PIXUS MP370 / PIXUS MP360 / PIXUS MP280 / PIXUS MP270 / PIXUS MP170 / PIXUS MP55 / PIXUS MP10 / PIXUS MP5 / PIXUS MX923 / PIXUS MX893 / PIXUS MX883 / PIXUS MX870 / PIXUS MX860 / PIXUS MX850 / PIXUS MX7600 / PIXUS MX523 / PIXUS MX513 / PIXUS MX420 / PIXUS MX350 / MultiPASS C70 / MultiPASS C50 / MultiPASS B-30 / MultiPASS B-25 / MultiPASS B-20 / MultiPASS B-10 / MultiPASS L100

 

[TOP▲]
このページのトップへ