スキャン(読み込み)から保存までの基本的な使い方(PIXUS MP360/MP370/MP375R/MP390)



スキャン(読み込み)から保存までの基本的な使い方(PIXUS MP360/MP370/MP375R/MP390)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011687



詳細情報:
  1. MP Toolboxを使って読み込む
  2. アプリケーションを使って読み込む

【詳細1】MP Toolboxを使って読み込む

デスクトップの[Canon MP Toolbox4.1]をダブルクリックするとMPToolboxが開きます。(または[スタート]をクリックし[(すべての)プログラム]、[Canon][MP Toolbox4.1]の順にポイントし、[Toolbox4.1]をクリックし開く事もできます。)

MP Toolboxを使うと、パソコンに画像や文書を読み込んでアプリケーションで使ったり、保存したりすることができます。

ここではMPToolboxの基本的な使い方を説明します。詳しい操作方法についてはソフトウエアガイドをご確認ください。

※スキャン時は本体の原稿台ガラスに、原稿を下向きにセットします。


■[保存-1]ボタンの使い方

  1. [保存-1]ボタンをクリックします。
    スキャンモードや解像度などの設定を行います。
    ※[保存-1]はモノクロデータのスキャン用ボタンです。スキャンモードは[モノクロ][グレースケール]のみ設定できます。
    ※[保存-2]ボタンも同様に操作できます。[保存-2]はカラーデータスキャン用のボタンで、スキャンモードは[カラー]のみ設定できます。  

    次回以降も同じ設定にしたいときは、[スキャン]をクリックする前に[適用]をクリックします。 


         
  2. [実行]をクリックします。1の操作で[スキャナドライバで詳細な設定を行う]にチェックマークをつけたときは、ScanGear MPが開きます。設定を行って、[スキャン]をクリックしてください。
     
      
     
    原稿が読み込まれます。
    ※ランプ調光の警告が表示されます。ランプ調光終了後、スキャンを行います。
        
        
      

      
      
  3. [マイドキュメント]フォルダの中の[マイピクチャ]フォルダに読み込んだ画像が表示されます。
    ※1の操作で「画像を今日の日付のサブフォルダに入れる」設定を行った場合は日付のフォルダが作られ、そのフォルダ内に読み込まれた原稿が保存されます。[マイピクチャ]フォルダがないときは、[マイドキュメント]フォルダに日付のフォルダが作られて、そのフォルダ内に保存されます。  
      

 

■[スキャン-1]ボタンの使い方

  1. [スキャン-1]ボタンをクリックします。
  2. [スキャン画像の渡し先]に表示されているアプリケーションが、スキャン後に起動します。
    ※同梱アプリケーションのPhotoStudioがインストールされている場合は自動で登録されます。
    ※画像表示可能なアプリケーションであれば設定できます。
       
     
      
      
  3. [実行]をクリックします。2の操作で[スキャナドライバで詳細な設定を行う]にチェックマークをつけたときは、ScanGear MPが開きます。設定を行って、[スキャン]をクリックしてください。
     

     
    原稿が読み込まれます。
    ※ランプ調光の警告が表示されます。ランプ調光終了後、スキャンを行います。

        
      

      
      
  4. 読み込んだ原稿が登録されたアプリケーションに表示されます。
    表示後の操作については、それぞれのアプリケーションソフトのメーカーにお問い合わせください。
      

 

戻る

【詳細2】アプリケーションを使って読み込む

PIXUS MP370を例に説明しています。他の製品をお使いの場合には、製品名を置き換えてご確認ください。

TWAINに対応したアプリケーションを操作しながら画像を読み込んで、その画像をアプリケーションで使うことができます。この操作はアプリケーションによって異なります。ここではその例を示します。正しい操作の仕方はそのアプリケーションのマニュアルをご覧ください。また、WindowsXPでは、WIAドライバも自動的にインストールされますので、任意に指定することができます。

 

■一般アプリケーションの操作方法

  1. プリンタ本体の原稿台ガラスに原稿を下向きにセットします。
     
  2. アプリケーションで原稿を読み込む為のコマンド(「読み込み」「イメージの取得」)などを選びます。
     
  3. スキャナドライバを選びます。通常は、ScanGear MPの[Canon MP370]を選択します。
    ※WindowsXPでは、WIAドライバの[WIA Canon MP370]を選択することができます。
     
  4. 必要があればスキャナドライバの画面でプレビューし設定を調整します。
     
  5. スキャンをクリックします。読み込みが終わるとアプリケーションの画面に表示されます。

 

■PhotoStudioでの読み込み方法

※同梱されているCD-ROMよりPhotoStudioをインストール後、[スタート]をクリックし[(すべての)プログラム]より[Arcsoft PhotoStudio]をクリックし、[PhotoStudio5.5]をクリックし起動してください。

  1. プリンタ本体の原稿台ガラスに原稿を下向きにセットします。
       
  2. [ファイル]メニューから[ソースの選択]をクリックします。
      

       
      
  3. スキャナドライバを選びます。通常は、ScanGear MPの[Canon MP370]を選択します。
    ※WindowsXPでは、WIAドライバの[WIA Canon MP370]を選択することができます。
      

      
      
  4. [ファイル]メニューから[取り込み]をクリックします。
      

      
       
  5. 選択したスキャナドライバが表示されます。必要があればスキャナドライバの画面でプレビューし設定を調整します。
      
  6. スキャンをクリックします。読み込みが終わるとアプリケーションの画面に表示されます。
    表示後の操作については、アプリケーションソフトのメーカーにお問い合わせください。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP390 / PIXUS MP375R / PIXUS MP370 / PIXUS MP360

 

[TOP▲]
このページのトップへ