ノズルチェックパターンの印刷方法(PIXUS MP830/MP800/MP500)



ノズルチェックパターンの印刷方法(PIXUS MP830/MP800/MP500)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011748



■概要

ノズルチェックパターンは、印刷がかすれる、特定の色がでない、白いスジが入るなど、印字結果に不具合が生じた場合に、プリントヘッドの状態を確認するために使用します。

ノズルチェックパターンは、本体からの印刷方法と、パソコンからの印刷方法(プリンタドライバからの印刷方法)があります。 ノズルチェックパターンの印刷方法、確認方法については詳細情報をご確認ください。

 

■メモ

  • CD-Rトレイガイドが開いている場合には、閉じてください。
    CD-Rトレイガイドが開いた状態では、ノズルチェックパターンなど通常の用紙を使った印刷はできません。

    ※下図はPIXUS MP500の例ですが、その他の機種の場合にも基本的な操作は同様です。



詳細情報:
  1. 本体の操作パネルからノズルチェックパターンを印刷する方法
  2. Windowsからノズルチェックパターンを印刷する方法
  3. Mac OS Xからノズルチェックパターンを印刷する方法

【詳細1】本体の操作パネルからノズルチェックパターンを印刷する方法

ノズルチェックパターンは、本体操作パネルのメンテナンス画面から印刷します。
操作方法については、以下をご参照ください。

 

■ノズルチェックパターンの印刷と確認方法

1. [電源]ボタンを押して電源を入れ、カセットまたはオートシードフィーダにA4サイズの普通紙を1枚セットします。

2. [給紙切替]にて、用紙をセットした箇所がきちんと選ばれているか確認します。

3. 排紙トレイオープンボタンを押します。

4. メンテナンス画面を表示させます。

1) [ メニュー ] ボタンを押します。
2) 左右のカーソルボタンを押して [ メンテナンス / 各設定 ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。
3) 左右のカーソルボタンを押して [ メンテナンス ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。

5. 上下のカーソルボタンを押して [ ノズルチェック ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。

6. ノズルチェックパターン印刷を確認する画面が表示されます。
  上下のカーソルボタンを押して [ はい ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。
  ノズルチェックパターンが印刷されます。

7. ノズルチェックパターンを確認します。

正常なノズルチェックパターンが印刷された状態 異常なノズルチェックパターンが印刷された状態
   
 

<1>黒インクが部分的に欠けている状態

 

<2>カラーインクに白いスジがある状態

 

<3>まったく色が出ていない状態

8. パターンが正常に印刷されているかどうかの判断を行います。

■正常なノズルチェックパターンが印刷された場合

上下のカーソルボタンを押して [ すべて A ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。

■異常なノズルチェックパターンが印刷された場合

上下のカーソルボタンを押して [ B がある ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。

クリーニング確認画面が表示されます。
[はい]を選んで[OK]を押し、プリントヘッドのクリーニングを行います。

戻る

【詳細2】Windowsからノズルチェックパターンを印刷する方法

WindowsXPとPIXUS MP500の組み合わせを例にご案内しますが、その他のOS、機種の場合にも操作は同様です。

  1. プリンタのプロパティを表示します。

    Windows XP HomeEditionの場合
    [スタート]をクリックして、[コントロールパネル]->[プリンタとその他のハードウェア]->[プリンタとFAX]の順に選びます。

    Windows XP ProfessionalEditionの場合
    [スタート]をクリックして、[プリンタとFAX]を選びます。

    Windows 2000/Me/98の場合
    [スタート]をクリックして、[設定]->[プリンタ]の順に選びます。

  2. [ユーティリティ]タブを選びます。



  3. プリンタの[ユーティリティ]画面で、[ノズルチェックパターン印刷]をクリックします。

    [ノズルチェックパターン印刷]画面が表示されます。カセットまたはオートシードフィーダにA4サイズの普通紙を1枚セットします。
    [給紙切替]にて用紙をセットした箇所がきちんと選ばれていることを確認し、[確認パターン印刷]をクリックします。

    (メモ)
    [確認事項]をクリックすると、[ノズルチェックパターン印刷]を行う前に確認する内容を見ることができます。


  4. メッセージが表示されたら、[OK]をクリックしてください。印刷が始まります。
    印刷が終わるまで他の操作はしないでください。

  5. 印刷したノズルチェックパターンを確認します。

    正常なノズルチェックパターンが印刷された状態 異常なノズルチェックパターンが印刷された状態
       
     

    <1>黒インクが部分的に欠けている状態

     

    <2>カラーインクに白いスジがある状態

     

    <3>まったく色が出ていない状態

     

  6. 印刷されたパターンの状態にあわせて、[パターンの確認]または[クリーニング]をクリックします。



    ■正常なノズルチェックパターンが印刷された場合
    --> [終了]をクリックして[パターンの確認]を終了してください。

    ■異常なノズルチェックパターンが印刷された場合
    --> [クリーニング]をクリックして、クリーニングを実行してください。

戻る

【詳細3】Mac OS Xからノズルチェックパターンを印刷する方法
  1. [IJ Printer Utility]を起動します。

    [IJ Printer Utility]の起動方法については、関連情報「IJ Printer Utilityを開く方法 -Mac OS X- 」をご覧ください。

    注意:
    印刷中は、[IJ Printer Utility]を起動しないでください。

  2. ポップアップメニューより、[テストプリント]を選択します。

  3. [ノズルチェックパターン印刷]をクリックします。


  4. カセットまたはオートシードフィーダに、A4サイズの普通紙を1枚セットします。
    [給紙切替]にて用紙をセットした箇所がきちんと選ばれていることを確認し、[確認パターン印刷]をクリックします。

    メモ:
    [確認事項]をクリックすると、ノズルチェックパターン印刷を行う前の確認事項を見ることができます。


  5. [ノズルチェックパターン印刷]が開始されます。

  6. 印刷されたノズルチェックパターンを確認します。

    正常なノズルチェックパターンが印刷された状態 異常なノズルチェックパターンが印刷された状態
       
     

    <1>黒インクが部分的に欠けている状態

     

    <2>カラーインクに白いスジがある状態

     

    <3>まったく色が出ていない状態


  7. 印刷されたパターンの状態にあわせて、[終了]または[クリーニング]をクリックします。





    ■正常なノズルチェックパターンが印刷された場合

    --> [終了]をクリックして[パターンの確認]を終了してください。

    ■異常なノズルチェックパターンが印刷された場合
    --> [クリーニング]をクリックして、クリーニングを実行してください。

戻る
関連情報:
  • IJ Printer Utilityを開く方法 -Mac OS X-
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP830 / PIXUS MP800 / PIXUS MP500

 

[TOP▲]
このページのトップへ