プリンタドライバで給紙方法を変更する方法(PIXUS MP790/MP770)-Windows-



プリンタドライバで給紙方法を変更する方法(PIXUS MP790/MP770)-Windows-
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011802



※PIXUS MP790の操作手順を示していますが、PIXUS MP770でも同じ手順で行えます。PIXUS MP770の場合は、製品名称をPIXUS MP770に置き換えて、操作をお試しください。



詳細情報:
  1. 給紙方法を変更する方法 (Windows)

【詳細1】給紙方法を変更する方法 (Windows)
給紙方法を変更する方法 (Windows)
プリンタのプロパティまたは印刷設定画面の[基本設定]タブで給紙方法の設定をします。
 
 
 
給紙方法
・給紙切替ボタンに従う
本機の[給紙切替]ボタンで選んだ給紙箇所から給紙するときに選びます。
・オートシートフィーダ
本機の[給紙切替]ボタンの設定にかかわらず、オートシートフィーダから給紙するときに選びます。
・カセット
本機の[給紙切替]ボタンの設定にかかわらず、カセットから給紙するときに選びます。
・用紙なし時に自動切替
最初に本機の[給紙切替]ボタンで選んだ給紙箇所から給紙し、用紙がなくなった場合、もう一方の給紙箇所から給紙して印刷を続行するときに選びます。
・用紙割り当てに従う
[用紙割り当て]の設定に従って、給紙箇所を自動的に切り替えるときに選びます。
カセットから給紙する用紙の種類とサイズの設定に応じて、その用紙に印刷する場合は自動的にカセットから給紙され、それ以外の用紙に印刷する場合はオートシートフィーダから給紙されます。
 
メモ:
[用紙の種類]の設定によっては、選択できないことがあります。
 
カセットから給紙する用紙を登録する
 
1.カセットから給紙する用紙(種類とサイズ)を登録します。
[給紙方法]で[用紙割り当てに従う]を選ぶと、登録した用紙に印刷する場合は自動的にカセットからの給紙に切り替わります。
例えば、A4 サイズの普通紙を割り当てて登録した場合、A4 サイズの普通紙に印刷するときには自動的にカセットから給紙されます。
本機の[給紙切替]ボタンを設定する必要はありません。
カセットにセットされている用紙の種類とサイズが[用紙割り当て]に設定した用紙と一致しないときは、オートシートフィーダから給紙されます。
 
2.プリンタのプロパティまたは印刷設定画面の[基本設定]タブで次のように操作します。
 
 
 
3.[給紙方法]で[用紙割り当てに従う]を選び、[用紙割り当て]をクリックします。
 
 
 
4.[用紙割り当て]画面で、用紙の種類と用紙のサイズの設定をします。
 
5.[OK]をクリックします。
 
 
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP790 / PIXUS MP770

 

[TOP▲]
このページのトップへ