プリンタを共有する(Windows)



プリンタを共有する(Windows)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011810



PIXUS MP790を例に紹介していますが、他のプリンタをご使用の場合は、PIXUS MP790の記述をお使いのプリンタに置き換えてご利用ください。



詳細情報:
  1. プリンタ共有について (Windows)

【詳細1】プリンタ共有について (Windows)
プリンタ共有について (Windows)
 
プリンタを共有し、ネットワークで使う
 
パソコンをネットワークに接続しているときは、1台のパソコンに接続した本機をほかのパソコンと共有して使えます。
プリンタを共有するときは、プリントサーバ機(本機を接続したパソコン、ホスト)で、プリンタを共有プリンタに設定し、クライアント機(プリントサーバ機以外のパソコン、リモート)ごとに、プリンタドライバをインストールしてください。
ネットワークに接続する各パソコンのOS が同じである必要はありませんが、組み合わせによってインストール方法や制限事項に違いがありますのでご注意ください。
 
メモ:
- Windows に付属しているプリンタドライバ(Microsoft 社製)とキヤノン製のプリンタドライバの組み合わせでは、プリンタを共有して印刷することができません。
プリントサーバ機、クライアント機ともにキヤノン製のプリンタドライバをご使用ください。
- プリントサーバ機と各クライアント機には、本機に同梱されているプリンタドライバを、それぞれのOS に合わせてインストールしてください。
- クライアント機から共有プリンタで文書を印刷してエラーが起こった場合、エラーメッセージはクライアント機とプリントサーバ機両方に表示されます。
また、ステータスメッセージはクライアント機にのみ表示されます。
 
 
プリントサーバ機での設定
ネットワーク上でプリンタを使用する場合は、プリントサーバ機からプリンタの共有を設定します。
 
1.プリントサーバ機にプリンタドライバをインストールします。
 
2.[プリンタ]フォルダを開きます。
 
・Windows XPの場合
[スタート]→[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]の順に選びます。
・Windows XP以外の場合
[スタート]→[設定]→[プリンタ]の順に選びます。
 
3.共有したいプリンタのアイコンを右クリックし、表示されたメニューの[共有]をクリックします。
 
 
 
4.[共有]タブから[このプリンタを共有する]または[共有する]を選び、必要に応じて共有名を設定し、[OK]ボタンをクリックします。
 
 
Windows 98/Me をプリントサーバ機にする場合は、[コントロール パネル]の[ネットワーク]から[ファイルとプリンタの共有]をクリックし、[プリンタを共有できるようにする]にチェックマークが付いていることを確認してください。
 
1.クライアント機での設定
プリントサーバ機での設定が終わったら、クライアント機での設定を行います。
クライアント機によって、設定方法が異なります。
 
メモ:
クライアント機に古いバージョンのMultiPASS Suite がインストールされていると、プリンタドライバをインストールできません。
あらかじめ削除してからインストールしてください。
 
2.クライアント機がWindowsXPの場合
 
2-1.パソコンにセットアップCD-ROM をセットします。
 
2-2.クライアント機のパソコンで、タスクバーの[スタート]ボタンから
[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]の順に選びます。
 
 
 
2-3.[プリンタのインストール]をクリックします。
 
 
 
2-4.[プリンタの追加ウィザード]で[次へ]をクリックします。
 
 
 
2-5.[このコンピュータに接続されているローカルプリンタ]を選択して、[次へ]をクリックします。
[プラグアンドプレイ対応プリンタを自動チェックマークははずしてください。
 
 
 
2-6.[次のポートを使用]が選択されていることを確認して、[次へ]をクリックします。
ポートの選択は何を選んでも構いません。
 
 
 
2-7.[ディスク使用]をクリックします。
 
 
 
2-8.[フロッピーディスクからインストール]画面で[参照]をクリックして、INF ファイルを指定します。
INF ファイルはCD-ROM の次のファイルを指定してください。
¥MP¥Japanese¥Win2KXP¥Setup¥Drv2KXP¥mpxxxpra.inf
 
2-9.[OK]をクリックします。
[フロッピーディスクからインストール]画面が閉じます。
 
 
 
2-10.使用するプリンタを選んで、[次へ]をクリックします。
 
 
 
2-11.必要に応じて、[プリンタ名]に名前を入力して、[次へ]をクリックします。
[このプリンタを通常使うプリンタとして使いますか?]と表示されている場合は、[いいえ]を選択します。
 
 
 
2-12.[このプリンタを共有しない]を選択して、[次へ]をクリックします。
 
 
 
2-13. テストページの印刷は[いいえ]を選択し、[次へ]をクリックします。
 
 
 
2-14. [完了]をクリックします。
[プリンタ]画面に本機のプリンタアイコンが作成されます。
 
 
 
2-15. [スタート]ボタンをクリックして、[マイネットワーク]をクリックします。
 
2-16. プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンタのアイコンを右クリックして、表示されたメニューの[接続]をクリックします。
 
メモ:
作成されたプリンタのアイコンは不要ですので削除しても構いません。
 
3.クライアント機がWindows2000 の場合
 
3-1.パソコンにセットアップCD-ROM をセットします。
 
3-2.クライアント機のパソコンで、タスクバーの[スタート]ボタンから
[スタート]→[設定]→[プリンタ]の順に選びます。
 
3-3. [プリンタの追加]をダブルクリックします。
 
 
 
3-4.[プリンタの追加ウィザード]で[次へ]をクリックします。
 
 
 
3-5.[ローカルプリンタ]を選択して、[次へ]をクリックします。
[プラグアンドプレイプリンタを自動的に検出してインストールする]のチェックマークははずしてください。
 
 
 
3-6.[次のポートを使用]が選択されていることを確認して、[次へ]をクリックします。
ポートの選択は何を選んでも構いません。
 
 
 
3-7.[ディスク使用]をクリックします。
 
 
 
3-8.[フロッピーディスクからインストール]画面で[参照]をクリックして、INF ファイルを指定します。
INF ファイルはCD-ROM の次のファイルを指定してください。
¥MP¥Japanese¥Win2KXP¥Setup¥Drv2KXP¥mpXXXpra.inf
 
3-9.[OK]をクリックします。
 
 
 
3-10.使用するプリンタを選んで、[次へ]をクリックします。
 
 
 
3-11.必要に応じて、[プリンタ名]に名前を入力して、[次へ]をクリックします。
[Windows アプリケーションで、このプリンタを通常使うプリンタとして使いますか?]と表示された場合は、[いいえ]を選択します。
 
 
 
3-12.[このプリンタを共有しない]を選択して、[次へ]をクリックします。
 
 
 
3-13.テストページの印刷は[いいえ]を選択し、[次へ]をクリックします。
 
 
 
3-13.[完了]をクリックします。
[プリンタ]画面に本機のプリンタアイコンが作成されます。
 
 
 
3-14.デスクトップの[マイネットワーク]をクリックします。
 
3-15.プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンタのアイコクリックして、表示されたメニューの[接続]をクリック
[プリンタ]画面に共有プリンタのアイコンが作成されます。
 
メモ:
作成されたプリンタのアイコンは不要ですので削除しても構いません。
 
4.クライアント機がWindows98/Me の場合
 
4-1. クライアント機のパソコンで、タスクバーの[スタート]ボタンから
  [スタート]→[設定]→[プリンタ]の順に選びます。
4-2.[プリンタの追加]をダブルクリックします。[プリンタの追加ウィザード]が開きます。
4-3.[次へ] をクリックします。
4-4.[ローカルプリンタ]を選択して、[次へ]をクリックします。
4-5.[ディスク使用]をクリックします。
4-6[ディスクからインストール]画面で[参照]をクリックして、INF ファイルを指定します。
  INF ファイルはCD-ROM の次のファイルを指定してください。
  ¥MP¥Japanese¥Win98ME¥Setup¥Drv98ME¥mpXXXpra.inf
4-7.[OK]をクリックします。
[ディスクからインストール]画面が閉じます。
4-8. 使用するプリンタを選んで、[次へ]をクリックします。
4-9.[次へ]をクリックします。
  ポートの選択は何を選んでも構いません。
4-10. 必要に応じて、[プリンタ名]に名前を入力して、[完了]をクリックします。
  [Windows ベースのプログラムでこのプリンタを通常のプリンタとして使いますか?]と表示されることがあります。
4-11. インストールしたプリンタのアイコンを右クリックして、表示されたメニューの[プロパティ]をクリックします。
4-12.[詳細]タブをクリックして、[ポートの追加]をクリックします。
4-13.[ネットワーク]を選び、[参照]をクリックします。
[プリンタの参照]から、プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンタを選んで、[OK]をクリックします。
4-14.[プリンタの参照]から、プリントサーバ機で共有の設定をしたプリンタを選んで、[OK]をクリックします。
[プリンタ]画面のプリンタアイコンがネットワークプリンタのアイコンに変わります。
 
メモ:
- ネットワークに関する制限1
プリントサーバ機がWindows 2000/XP の場合、ネットワークでプリンタを共有して使用している場合、印刷終了のメッセージが表示されることがあります。
- ネットワークに関する制限2
メッセージを表示しないようにするためには、プリントサーバ機で[プリンタとFAX]画面(Windows2000のときは[プリンタ]画面)の[ファイル]メニューから[サーバーのプロパティ]を開き、[詳細設定]タブで[リモートドキュメントの印刷が終了したら通知する]をオフに設定してコンピュータを再起動してください。
- ネットワークに関する制限3
プリントサーバ機がWindows 98/Me の場合、プリンタとの双方向通信が正常に行えないため、警告メッセージが表示されて印刷が一時的に停止したり、印刷できなくなることがあります。
プリントサーバ機のプリンタドライバのプロパティを開き、[詳細]タブの[スプールの設定]で、[このプリンタでの双方向通信機能をサポートしない]を選んでください。
 
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP790 / PIXUS MP770

 

[TOP▲]
このページのトップへ