モアレ低減, ごみ傷低減, 褪色補正の設定方法



モアレ低減, ごみ傷低減, 褪色補正の設定方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000011872



詳細情報:
  1. モアレ低減, ごみ傷低減, 褪色補正の設定方法

【詳細1】モアレ低減, ごみ傷低減, 褪色補正の設定方法
モアレ低減, ごみ傷低減, 褪色補正の設定方法

スキャナドライバでスキャンする場合、[ モアレ低減 ], [ ごみ傷低減 ], [ 褪色補正 ] など各種画像補正の設定を行うことができます。
ただし、これらを設定していると、スキャン速度が遅くなる可能性があります。その場合は、これらの設定を解除してください。

- モアレ低減
印刷された写真や絵は、細かい点の集まりで表現されています。モアレとは、点と点が干渉し、濃淡のむらや縞模様が出る現象です。モアレ低減は、このモアレを少なくする機能です。はじめて使うときは、[ OFF ] になっています。

( メモ )
[ カラーモード ] が [ カラー ] または [ グレースケール ] のときに有効です。
[ モアレ低減 ] が [ ON ] になっていても、[ 輪郭強調 ] が [ ON ] になっていると、モアレが残ることがあります。この場合は、[ 輪郭強調 ] を [ OFF ] にしてください。

- ごみ傷低減
写真を読み込むと、ゴミや傷が原因で白い点が出ることがあります。このゴミや傷をできるだけ少なくします。[ 弱 ], [ 標準 ], [ 強 ] のいずれかを選びます。はじめて使うときは、[ OFF ] になっています。

( メモ )
[ カラーモード ] が [ カラー ] または [ グレースケール ] のときに有効です。
印刷物を読み込むときは、[ OFF ] をおすすめします。
写真の種類によっては、この機能を使わない方がいい場合もあります。

- 褪色補正
経年変化などで褪色したり、色カブリした写真を色補正して読み込みます。色カブリとは、天候や周囲の強い色などで、ある特定の色が写真全体に影響を与えてしまう現象です。[ 弱 ], [ 標準 ], [ 強 ] のいずれかを選びます。はじめて使うときは、[ OFF ] になっています。

( メモ )
[ 褪色補正 ] はプレビュー後に設定できます。
[ カラーモード ] が [ カラー ] のときに有効です。
拡張モードの [ 詳細設定 ] 画面の [ 色の設定 ] シートで、[ 推奨 ] がオンのときに設定できます。
読み込む範囲が小さすぎると、褪色補正できない場合があります。


< 操作手順 >

( メモ )
ここでは MP Navigator 2.0 を使った例で説明しています。

1. MP Navigator を起動します。


2. [ スキャナドライバで読み込む ] をクリックします。

3. ScanGear MP が起動するので、[ 拡張モード ] タブを選びます。


4. [ 画像設定 ] で、[ モアレ低減 ], [ ごみ傷低減 ], [ 褪色補正 ] を設定します。

5. [ スキャン ] をクリックすると、設定した内容でスキャン始まります。

( メモ )
[モアレ低減]は、MP Navigator でスキャンする場合にも設定することができます。
(1) MP Navigator を起動し、[ 写真や文字の読み込み ] をクリックします。
(2) [ 詳細設定 ] をクリックします。
(3) [ 読み込みの詳細設定 ] 画面が表示されるので、[ モアレ低減 ] を設定します。
ただし、[ 原稿の種類 ] で [ カラー写真 ], [ モノクロ写真 ] または [ テキスト ( OCR ) ] を選択しているときは使えません。

6. 以上で終了です。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP950 / PIXUS MP830 / PIXUS MP800 / PIXUS MP500 / PIXUS MP450 / PIXUS MP170

 

[TOP▲]
このページのトップへ