本体でプリントヘッドクリーニングを行う方法 (PIXUS MP790)



本体でプリントヘッドクリーニングを行う方法 (PIXUS MP790)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000012122



詳細情報:
  1. プリントヘッドクリーニング方法

【詳細1】プリントヘッドクリーニング方法
プリントヘッドクリーニング方法
ノズルチェックパターンが乱れたり欠けたりしているとき、または特定の色が印刷されないときは、プリントヘッドをクリーニングします。

メモ:
a. プリントヘッドのクリーニングは、少量のインクを消費します。ひんぱんにクリーニングすると、インクの減りが早くなります。
b. 電源コードをコンセントに差し込んだときにも、プリントヘッドのクリーニングが行われます。また、電源が入っている状態でも定期的にクリーニングが行われます。

次のように操作してください。
1. [メニュー]で[3. メンテナンス]を選びます。
2. [左カーソル]か[右カーソル]で、[ヘッド クリーニング]または[ヘッド リフレッシング]を選びます。

ヘッド クリーニング: プリントヘッドをクリーニングします。
ヘッド リフレッシング: より強力にプリントヘッドをクリーニングします。

3. [OK]を押します。

重要:
a. ヘッドクリーニングをしてもきれいに印刷できないときは、ヘッドリフレッシングを行ってください。
b. ヘッドリフレッシングを行うと、余分なインク(廃インク)が廃インク吸収体に吸収されます。ヘッドリフレッシングは、通常のクリーニングよりインクを消費しますので、必要な場合のみ行ってください。



戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP790

 

[TOP▲]
このページのトップへ