本体の操作パネルを使用してスキャンする方法(PIXUS MP950/MP800) -MacOS X-



本体の操作パネルを使用してスキャンする方法(PIXUS MP950/MP800) -MacOS X-
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000012138



■概要

本体の操作パネルを使用してスキャンする方法についてご案内します。



詳細情報:
  1. 本体の操作パネルを使用してスキャンする方法

【詳細1】本体の操作パネルを使用してスキャンする方法

■重要

  • パソコンに本機を接続して画像を読み込んでいるときや、パソコンがスリープモードまたはスタンバイモードのときにUSBケーブルを抜き差ししないでください。

  • 本機の[カラースタート]または[モノクロスタート]ボタンを押したときに、MP Navigatorが自動的に起動するように、あらかじめ(Mac OS Xの[アプリケーション]フォルダにある)イメージキャプチャで、起動するアプリケーションをMP Navigatorに設定してください。
    (Mac OS X v.10.4 をお使いの場合は、設定する必要はありません。)

    設定方法につきましては、以下をご参照ください。

  •  

■Mac OS X 10.3をお使いの場合

    ※注意

    イメージキャプチャを起動する前に、MP Navigator 2.0がインストールされ、パソコンと本機が接続されていることを確認してください。

    1. [移動]メニューから[アプリケーション]を選び、[イメージキャプチャ]をダブルクリックします。

      イメージキャプチャが起動し、プレビュー画像のスキャンが自動で始まります。

    2. 左下にある[オプション...]をクリックします。




    3. [設定]画面の[スキャナボタンが押されたときに起動するアプリケーション]で、[MP Navigator 2]を選択します。



    4. [OK]をクリックし、イメージキャプチャを終了します。
      次回から、本機のスキャンボタンを押すと、MP Navigatorが自動で起動します。

      【メモ】

      イメージキャプチャを起動したときにプレビュー画像のスキャンが始まらず、[TWAIN]画面が開く場合は、以下の手順でTWAINソフトウェアを使用しない設定にしてください。

      1. [イメージキャプチャ]メニューの[環境設定...]を選択します。
      2. [スキャナ]画面で[可能なときにはTWAINソフトウェアを使用する]のチェックをはずします。
      3. [OK]をクリックし、イメージキャプチャを閉じます。
        再度イメージキャプチャを起動すると、プレビュー画像のスキャンが始まります。

 

■Mac OS X 10.2.4以降をお使いの場合

※注意

イメージキャプチャを起動する前に、MP Navigator 2.0がインストールされ、パソコンと本機が接続されていることを確認してください。

  1. [移動]メニューから[アプリケーション]を選び、[イメージキャプチャ]をダブルクリックします。

    イメージキャプチャが起動し、プレビュー画像のスキャンが自動で始まります。

  2. [イメージキャプチャ]メニューから[環境設定]を選択します。

  3. [スキャナのボタンを押したときに起動する項目]で、[その他]を選択します。



  4. アプリケーション選択画面が表示されます。
    [アプリケーション]から[MP Navigator 2.0]を選び、[開く]をクリックします。



  5. [スキャナのボタンを押したときに起動する項目]で[MP Navigator 2.0]が選ばれていることを確認し、イメージキャプチャを終了します。





    次回から、本機のスキャンボタンを押すと、MP Navigatorが自動で起動します。

 


■本体の操作パネルを使用してスキャンする方法

  1. 本機の原稿台ガラスに、原稿やフィルムを下向きにセットします。
    原稿のセット方法については、『操作ガイド(本体操作編)』の「コピーやスキャンする原稿をセットする」を参照してください。
    フィルムのセット方法については、『操作ガイド(本体操作編)』の「フィルムを読み込もう」を参照してください。

  2. 本機の[スキャン]ボタンを押します。
    液晶モニターに、スキャン処理の選択画面が表示されます。



  3. 本機のスキャンモード画面から、目的に応じて、読み込んだ画像データをどのように使用するか選択します。

    液晶モニターに以下のスキャンモードが表示されます。

    パソコンに保存 原稿を読み込んで、保存します。
    PDFファイルで保存 原稿を読み込んで、PDFファイルとして保存します。
    メールに添付 原稿を読み込んで、Eメールソフトウェアで画像を添付したメールを作成します。
    アプリケーションで開く 原稿を読み込んで、登録されたアプリケーションで表示します。
    フィルムスキャンで保存 フィルムを読み込んで、保存します。

    これらのモードの詳細な動作設定は、パソコンから変更することができます。
    設定方法については、下記「本機の操作パネルの動作設定をする」の項目をご覧ください。


  4. 原稿台ガラスにセットされた原稿やフィルムが読み込まれ、手順3.で選択した動作が実行されます。

■MP Navigatorで本機の操作パネルの動作設定をする

MP Navigatorで本機の[カラースタート]または[モノクロスタート]ボタンを押したときの動作を、イベント別に設定することができます。

  1. MP Navigatorをインストールしたハードディスクの[アプリケーション]フォルダを開き、[MP Navigator 2.0]アイコンをダブルクリックします。
    MP Navigatorが開きます。




  2. [設定]をクリックします。
    本機の[カラースタート]または[モノクロスタート]ボタンを押したときの動作を、[カラーボタン設定]または[モノクロボタン設定]で設定します。

     

  3. [イベント]を選択し、[動作]を設定します。

  4. 設定完了後、[OK]をクリックします。
    本機の[カラースタート]または[モノクロスタート]ボタンを押したとき、スキャンモードの設定に合わせて動作が実行されます。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP950 / PIXUS MP800

 

[TOP▲]
このページのトップへ