筆ぐるめVer.12からはがき(年賀状)に印刷する方法



筆ぐるめVer.12からはがき(年賀状)に印刷する方法
更新日 : 2014年10月31日
文書番号 : Q000036422



■概要

筆ぐるめVer.12からはがきに印刷する方法についてご案内します。
はがきへの印刷は、裏面(通信面)→表面(宛名面)の順で印刷を行ってください。

※ ここでは、インクジェット紙郵便はがき(年賀状)への印刷を例に説明しています。



詳細情報:
  1. 筆ぐるめVer.12ではがきの裏面(通信面)に印刷する
  2. 筆ぐるめVer.12ではがきの表面(宛名面)に印刷する

【詳細1】筆ぐるめVer.12ではがきの裏面(通信面)に印刷する

■裏面(通信面)を印刷する手順

ここではインクジェット紙郵便はがきの裏面(通信面)に印刷する手順についてご案内します。印刷するデータは予め作成してください。

※下記手順は、OS:WindowsXP、プリンタ:iP4100の例です。

 

  1. メニューから[印刷]アイコンをクリックします。




  2. 印刷ウィザードが起動します。
    <印刷>タブ上の[使用プリンタ][用紙サイズ] [印刷部数][用紙の向き]の設定をします。



  3. プリンタに関する設定(フチなし印刷、BJカートリッジ、キヤノンプリンタ簡単設定)を行います。

    3-1[背景を印刷する][フチなし印刷]をする場合、チェックを入れます。
      ※[背景を印刷する]項目の詳しくは筆ぐるめの説明書をご覧ください。




    3-2[BJカートリッジ]では、プリンタにセットしているインクに合わせて設定します。




    3-3[キヤノンプリンタ簡単設定]では[インクジェット官製はがき]を選択します。



  4. 位置補正を行う場合は、「位置補正」タブで設定します。
    ※詳しくは筆ぐるめの説明書をご覧ください。



  5. <印刷>タブ上で 「プリンタ設定」ボタンをクリックすると、「プリンタの設定」ウィンドウが開きます。
    [用紙サイズ][給紙方法]が合っているかどうかを確認します。
    設定が合っていれば[OK]ボタンをクリック、設定を変更する場合は、[オプション]ボタンをクリックし、「プリンタのプロパティ」で設定を変更します。


    ・設定変更なければ[OK]ボタンをクリック
    ・設定変更する場合は[オプション]ボタンをクリック
     
      [用紙の種類][給紙方法]を設定し、[OK]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。



  6. [印刷実行]ボタンをクリックすると印刷が始まります。




    ※フチなし印刷時、「青い点線からはみ出ているデータがあります。枠からはみ出た部分は印刷されません。印刷続行しますか?」メッセージが表示される場合があります。その際には、プリンタの「はみ出し量」の設定を変更することで印刷領域が広がります。

    変更手順
    1.[プリンタ設定]ボタンをクリックします。
    2.[プリンタの設定]ウィンドウが開きますので、[オプション]ボタンをクリックします。
    3.プリンタのプロパティウィンドウが開きますので、[ページ設定]シートを開きます。
    4.はみ出し量のスライドバーを左方向へずらします。
    5.[OK]ボタンをクリックします。


    ※印刷時「赤い点線からはみ出ているデータがあります。枠からはみ出た部分は印刷されません。印刷続行しますか?」メッセージが表示される場合があります。 [はい]を選択して印刷を続行してください。


戻る

【詳細2】筆ぐるめVer.12ではがきの表面(宛名面)に印刷する

■表面(宛名面)を印刷する手順

ここではインクジェット紙郵便はがきの表面(宛名面)に印刷する手順についてご案内します。印刷するデータは予め作成してください。

  1. メニューから[印刷]アイコンをクリックします。



  2. 印刷ウィザードが起動します。
    <印刷>タブ上の[使用プリンタ][用紙サイズ] [印刷部数][用紙の向き]の設定をします。



  3. [住所が無くても印刷する][印刷範囲][印刷住所選択]を設定します。
    ※詳細につきましては、筆ぐるめの取扱説明書をご参照ください。


     
     
  4. プリンタに関する設定(BJカートリッジ、キヤノンプリンタ簡単設定)を行います。

    4-1[BJカートリッジ]では、プリンタにセットしているインクに合わせて設定します。



    4-2[キヤノンプリンタ簡単設定]では[インクジェット官製はがき(おもて面)]を選択します。



  5. 位置補正を行う場合は、「位置補正」タブで設定します。
    ※詳しくは筆ぐるめの説明書をご覧ください。



  6. 「印刷実行」ボタンを押すと「印刷する宛て名の確認」ウィンドウが開きます。  
    内容を確認して、「次へ」ボタンをクリックします。
    ※詳細につきましては、筆ぐるめの取扱説明書をご参照ください。



  7. 「送信履歴の指定」ウィンドウが開きます。
    ※詳細につきましては、筆ぐるめの取扱説明書をご参照ください。



  8. 「印刷」ボタンをクリックすると、印刷が開始されます。

 

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230 / PIXUS MG8130 / PIXUS MG7530 / PIXUS MG7530F / PIXUS MG7130 / PIXUS MG6730 / PIXUS MG6330 / PIXUS MG6230 / PIXUS MG6130 / PIXUS MG5630 / PIXUS MG5530 / PIXUS MG5430 / PIXUS MG5330 / PIXUS MG5230 / PIXUS MG5130 / PIXUS MG4230 / PIXUS MG4130 / PIXUS MG3530 / PIXUS MG3230 / PIXUS MG3130 / PIXUS MG2130 / PIXUS MP990 / PIXUS MP980 / PIXUS MP970 / PIXUS MP960 / PIXUS MP950 / PIXUS MP900 / PIXUS MP830 / PIXUS MP810 / PIXUS MP800 / PIXUS MP790 / PIXUS MP770 / PIXUS MP740 / PIXUS MP730 / PIXUS MP710 / PIXUS MP700 / PIXUS MP640 / PIXUS MP630 / PIXUS MP620 / PIXUS MP610 / PIXUS MP600 / PIXUS MP560 / PIXUS MP550 / PIXUS MP540 / PIXUS MP520 / PIXUS MP510 / PIXUS MP500 / PIXUS MP493 / PIXUS MP490 / PIXUS MP480 / PIXUS MP470 / PIXUS MP460 / PIXUS MP450 / PIXUS MP390 / PIXUS MP375R / PIXUS MP370 / PIXUS MP360 / PIXUS MP280 / PIXUS MP270 / PIXUS MP170 / PIXUS MP55 / PIXUS MP10 / PIXUS MP5 / PIXUS MX923 / PIXUS MX893 / PIXUS MX883 / PIXUS MX870 / PIXUS MX860 / PIXUS MX850 / PIXUS MX7600 / PIXUS MX523 / PIXUS MX513 / PIXUS MX420 / PIXUS MX350

 

[TOP▲]
このページのトップへ