フチなしコピーする方法(PIXUS MP970)



フチなしコピーする方法(PIXUS MP970)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000039103



詳細情報:
  1. フチなしコピーする方法

【詳細1】フチなしコピーする方法
フチなしコピーする方法

読み取った原稿を、フチができないように、用紙全体にコピーできます。
( 注 )
フチなしコピーは、画像が用紙全体にコピーされるように少し拡大されるため、画像の周囲がわずかに欠けます。
( メモ )
画像の大きさに合わせて、はみだし量を調整できます。
はみだし量の調整は、[ プリンタ本体の設定を変更する方法 ] を参照してください。

1. プリンタの電源が入っていることを確認して、排紙トレイを開いてください。
2. 後トレイまたはカセットに、用紙をセットしてください。
後トレイ
:
印刷面を上にして縦向きにセットしてください。
カセット
:
印刷面を下にしてセットしてください。
3. 原稿台カバーを開けて、原稿台ガラスに原稿をセットしてください。
( メモ )
- 原稿のサイズにかかわらず、原稿を横向きにしてセットしてください。
- コピーする面を下向きにしてセットしてください。
- 原稿台ガラスの左上隅にある矢印 ( 原稿位置合わせマーク < 1 > ) に合わせてセットしてください。
( 注 )
原稿台ガラスの奥側の端から約 1 mm と、左側の端から約 1 mm は読み込めません。



4. 原稿台カバーをゆっくり閉じてください。
5. [ ホーム ] ボタンを押してください。
6. [ OK ] ボタンを押してください。


7. 左側のファンクションボタンを押していろいろコピー画面を表示させてください。
8. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、[ フチなしコピー ] を選び [ OK ] ボタンを押してください。
9. コピーの設定を確認してください。
コピーの設定を変更する場合は、イージースクロールホイールまたは、上下のカーソルボタンを押して設定項目を選び、[ OK ] ボタンを押してください。
選択できる項目は、以下の通りです。


< 1 > 倍率 : コピーする倍率を設定できます。
100 % / 定型サイズで変倍 / ズーム ( 25 - 400 % ) / 用紙に合わせて変倍
( メモ )
- [ ズーム ( 25 - 400 % ) ] を選んだ場合、イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、コピーする倍率を変更できます。
また、左右のカーソルボタンを押したままにするとコピーする倍率を早く切りかえることができます。
- [ 用紙に合わせて変倍 ] を選んだ場合、原稿によってはサイズを正しく検知できないことがあります。
正しく検知できない場合は、[ 定型サイズで変倍 ] か [ ズーム ( 25 - 400 % ) ] を選んでください。

< 2 > 濃度 : コピーする濃度を設定できます。
イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、コピーする濃度を変更できます。
( メモ )
右側のファンクションボタンを押すことで、自動濃度調整を選択できます。
自動濃度調整に設定すると、濃度調整のスライドバーが [ 自動 ] に変更します。

< 3 > 用紙サイズ : コピーする用紙サイズを設定できます。
A4 / L 判 / 2L 判 / はがき / カード / 名刺 / レターサイズ / KG 4 x 6
( メモ )
カード / 名刺サイズの用紙にコピーする場合は、給紙箇所を後トレイに設定してください。

< 4 > 用紙の種類 : コピーする用紙の種類を設定できます。
プロフォトペーパー / スーパーフォト / マットフォト / 光沢紙 / インクジェットはがき / 光沢ゴールド
( メモ )
用紙サイズを [ はがき ] に設定した場合のみ、[ インクジェットはがき ] を選択することができます。

< 5 > 印刷品質 : コピーする画質を設定できます。
標準 / きれい ( 画質優先 )

< 6 > 給紙位置 : 給紙位置を設定できます。
後トレイ / カセット

10. [ 印刷部数 ] ボタンでコピーする部数を指定してください。
11. カラーコピーをする場合は [ カラースタート ] ボタンを押して、白黒コピーをする場合は [ モノクロスタート ] ボタンを押してください。
コピーが開始されます。
( メモ )
コピーを中止する場合は [ ストップ / リセット ] ボタンを押してください。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP970

 

[TOP▲]
このページのトップへ