MPドライバをインストールする方法(PIXUS MX7600 / MX850)



MPドライバをインストールする方法(PIXUS MX7600 / MX850)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041190



対処方法

参考
ここではMX7600を例にして説明しています。


1. 本機の電源を切ってください。
操作パネルのランプがすべてが消灯したことを確認してください。

2. パソコンの電源を入れて、Windows を起動してください。
重要
もし [ 新しいハードウェアが見つかりました ] 画面または [ 新しいハードウェアの検索ウィザード ] 画面が自動的に表示されたら…
(1) パソコン側の USB ケーブルを抜いてください。
Windows Vista をご使用の場合、画面が閉じる場合があります。閉じた場合は、以下の手順 3. から操作してください。
(2) [ キャンセル ] をクリックしてください。
(3) 本機の電源を切ってください。
(4) 以下の手順 3. から操作してください。


4. [ 自動再生 ] の画面が表示されたら、[ Msetup4.exe の実行 ] をクリックしてください。
Windows XP、Windows 2000 の場合は表示されません。

5. [ ユーザーアカウント制御 ] の画面が表示されたら、[ 続行 ] をクリックしてください。
以降、操作の途中で [ ユーザーアカウント制御 ] の画面が表示された場合は、同様に [ 続行 ] をクリックしてください。
Windows XP、Windows 2000 の場合は表示されません。

6. 以下の画面が表示されたら、[ おまかせインストール ] をクリックしてください。
MPドライバ、電子マニュアル(取扱説明書)、アプリケーションソフトが一度にインストールされます。
参考
インストールするアプリケーションソフトなどを選びたいときは、[ 選んでインストール ] をクリックし、画面の指示にしたがってインストールを進めてください。

7. [ おまかせインストール ] の画面が表示されたら、[ インストール ] をクリックしてください。
参考
インストールする項目の上にマウスを合わせると、MPドライバやアプリケーションソフトの説明が表示されます。

8. [ 使用許諾契約 ] の画面が表示されたら、内容をよく読んで [ はい ] をクリックしてください。
インストールが始まります。
途中、アプリケーションソフトのインストール画面が表示されることがあります。
表示される画面の内容を確認し、指示にしたがってインストールを進めてください。

9. [ セットアップ方法 ] の画面が表示されたら、[ USB 接続で使用する ] を選び、[ 次へ ] をクリックしてください。

10. [ プリンタの接続 ] の画面が表示されたら、本機とパソコンを USB ケーブルで接続し、本機の電源を入れてください。
本機の電源を入れるとコピーボタン(緑色)が点滅後、点灯します。点灯まで約 2 秒ほどかかります。
パソコンが本機を認識すると、画面にメッセージが表示されます。
重要
3 分経っても次の画面に進めない場合は、「 MPドライバがインストールできない 」を参照してください。

11. [ セットアップ終了 ] の画面が表示されたら、[ 次へ ] をクリックしてください。

12. [ CANON iMAGE GATEWAY 無料会員登録 ] の画面が表示されたら、[ 登録 ] をクリックしてください。
参考
  • あとで登録を行う場合は、[ キャンセル ] をクリックして手順 13. に進んでください。デスクトップ上のをダブルクリックすると登録が行うことができます。
  • インターネットに接続できる環境になっている場合、インターネットへの接続が開始され、CANON iMAGE GATEWAY(キヤノンイメージゲートウェイ)の会員登録ページが表示されます。表示される画面にしたがって会員登録や本製品の情報を登録してください。登録する際には本機のシリアルナンバーが必要です。シリアルナンバーは本機内部に貼り付けられています。

13. [ PIXUS 使用状況調査プログラム ] の画面が表示されたら、内容を確認してください。
お客様のニーズに合わせたより良い製品の企画、開発を行うために、お使いのキヤノンプリンタに記録されている情報を収集しています。
表示画面の内容を確認し、同意いただけましたら [ 同意する ] をクリックしてください。
[ 同意しない ] をクリックした場合、使用状況調査プログラムはインストールされませんが、本プリンタは正常にご使用いただけます。

14. [ インストールが完了しました ] の画面が表示されたら、[ 終了 ] をクリックしてください。
セットアップCD-ROM が排出されます。
排出されない場合は、手動で取り出してください。
[ 再起動 ] が表示された場合は、[ すぐにパソコンを再起動する ] にチェックマークが付いていることを確認して、[ 再起動 ] をクリックしてください。パソコンの再起動が完了したら『セットアップCD-ROM』を取り出してください。
参考
『セットアップCD-ROM』は大切に保管してください。

15. これでソフトウェアのインストールが終了しました。


本機をパソコンと接続してご使用になるためには、「MP ドライバ」と呼ばれるソフトウェアをパソコンにインストールする必要があります。

[ 有線LAN ではじめて接続する場合 ]

(A) 本機
(B) 本機と有線LANではじめて接続するパソコン

まだネットワークに接続していない本機を、有線LAN接続で使用できるようにしてください。このセットアップでは、本機とパソコンの両方を設定してください。
参考
有線LAN の接続が完了するまでは、USB 接続を通して本機をセットアップしてください。
USB 接続で本機を使用している場合も、有線LAN ではじめて接続する場合は、再度セットアップを行ってください。

[ ほかのパソコン(2 台目以降)からも有線LAN で使えるようにする場合 ]

(A) 本機
(B) すでに本機と有線LANで接続済みのパソコン
(C) 本機と有線LANで接続する 2 台目以降のパソコン

1. セットアップの準備をしてください。

MP ドライバをパソコンにインストールする前に、以下のことを確認してください。
  • 本機の取り付け・調整が完了していない場合は、本機を正しく設置してください。
  • セキュリティソフトウェアのファイアウォール機能を一時的にオフにするか、設定を変更します。ファイアウォール機能をオフにする場合は、ネットワークをインターネットから切り離してください。ファイアウォール機能については、ご使用のソフトウェアのマニュアルを参照するか、メーカーにお問い合わせください。
重要
本機のセットアップのために一時的にオフにしたセキュリティソフトウェアのファイアウォール機能は、セットアップが完了したらオンに戻してください。セキュリティで保護されていないネットワーク環境に接続する場合は、お客様の個人情報などのデータが第三者に漏洩する危険性があります。十分ご注意ください。
  • パソコンとハブなどのネットワーク機器の設定が完了し、パソコンがネットワークに接続できる状態になっていることを確認します。ネットワーク機器の構成、ルータ機能の有無はご使用になる環境により異なります。詳細については、ご使用の機器のマニュアルを参照するか、メーカーにお問い合わせください。
重要
本機を有線LAN で接続するためには、LAN ケーブルやハブなどが必要です。別途ご購入ください。
参考
  • オフィスでご使用の場合は、ネットワーク管理者にご相談ください。
  • 起動しているすべてのプログラムはあらかじめ終了しておいてください。
  • インストールの際には、管理者(Administrators グループのメンバー)としてログオンする必要があります。
  • インストール処理中はユーザーの切り替えを行わないでください。
  • インストールの途中でパソコンを再起動させる画面が表示されることがあります。その場合は、画面の指示にしたがって[OK]をクリックしてください。
再起動後、中断したところから再びインストールが始まります。再起動中はセットアップCD-ROM を取り出さないでください。

2. ソフトウェアをインストールしてください。
参考
セットアップ中に、[新しいハードウェアが見つかりました]画面または[新しいハードウェアの検索ウィザード]画面が自動的に表示された場合は、以下の操作を行ってください。
1. パソコン側のUSB ケーブルを抜いてください。画面が閉じた場合は、以下の手順3.から行ってください。
2.[キャンセル]をクリックしてください。
3. 本機の電源を切ってください。
4. 以下の手順3.から操作してください。

2-1. 本機の電源を切ってください。
参考
操作パネルのランプがすべて消灯していることを確認してください。

2-2. パソコンの電源を入れて、Windows を起動してください。

2-3. 『セットアップCD-ROM』をCD-ROM ドライブに入れてください。

プログラムが自動的に起動します。
Windows Vista をご使用の場合⇒手順2-4. へ
Windows XP/2000 をご使用の場合⇒手順2-6. へ

2-4. 自動再生]画面が表示されたら、[Msetup4.exe の実行]をクリックしてください。
Windows XP、Windows 2000 の場合は表示されません。

2-5. [ユーザーアカウント制御]画面が表示されたら、[続行]をクリックしてください。
以降、操作の途中で[ユーザーアカウント制御]画面が表示された場合は、同様に[続行]をクリックしてください。
Windows XP、Windows 2000 の場合は表示されません。

2-6. [おまかせインストール]をクリックしてください。
MP ドライバ、電子マニュアル(取扱説明書)、アプリケーションソフトが一度にインストールされます。
参考
インストールするアプリケーションソフトなどを選びたいときは、[選んでインストール]をクリックし、画面の指示にしたがってインストールを進めてください。

2-7. [おまかせインストール]画面が表示されたら、[インストール]をクリックしてください。
参考
インストールする項目の上にマウスを合わせると、MP ドライバやアプリケーションソフトの説明が表示されます。

2-8. [使用許諾契約]画面が表示されたら、内容をよく読んで[はい]をクリックしてください。

インストールが始まります。
途中、アプリケーションのインストール画面が表示されることがあります。表示される画面の内容を確認し、指示にしたがってインストールを進めてください。

2-9. [セットアップ方法]画面が表示されたら、接続方法を選択してください。

以降の操作は、本機をどのように接続するかによって異なります。

[ 有線LAN ではじめて接続する ] ⇒手順3.
まだネットワークに接続していない本機を、有線LAN 接続で使用できるようにします。このセットアップでは、本機とパソコンの両方を設定します。

[ ほかのパソコン(2 台目以降)からも有線LAN で使えるようにする ] ⇒手順4.
すでに本機が有線LAN 接続で使用できるようにセットアップされている場合、ほかのパソコン(2台目以降)からもネットワークを通して本機を使用できるようにするには、2台目以降のパソコンのみ設定します。

3. [ 有線LAN ではじめて接続する ]
重要
まだネットワークに接続していない本機を有線LAN 接続で使用するには、本機と接続するパソコンにソフトウェアをインストールしておく必要があります。「1. セットアップの準備をしてください」と「2. ソフトウェアをインストールしてください」の操作が完了していることを確認し、以下の操作を行ってください。

3-1. [セットアップ方法]画面で、[プリンタとパソコンをネットワーク接続で使用できるようにする]を選び、
[次へ]をクリックしてください。
参考
ここで[USB 接続で使用する]を選ぶと、USB 接続でのMP ドライバのインストール手順となり、有線LAN 接続でのネットワークの設定がされません。

3-2. [プリンタの接続]画面が表示されたら、本機とパソコンをUSB ケーブルで接続し、本機の電源を入れてください。
本機の電源を入れると、コピーボタンが緑色に点滅後、点灯します。パソコンが本機を認識すると、画面にメッセージが表示されます。
参考
  • 有線LAN 接続でのネットワーク設定が完了するまでは、USB 接続を通して本機をセットアップしてください。
  • 3 分経っても次の手順に進めないときは、「 MPドライバがインストールできない 」を参照してください。

3-3. [セットアップの準備]画面が表示されたら、準備ができていることを確認し、[次へ]をクリックしてください。
参考
すでに本機のネットワーク設定を行っている場合は、そのままの設定で使用するかを確認する[設定環境の確認]画面が表示されます。そのままの設定でセットアップを進めることができますので、[このまま使用する]をクリックしてください。ネットワークの設定を変更する必要がある場合は、[設定を変更する]をクリックしてください。

3-4. [有線LAN 接続の確認]画面が表示されたら、本機のLAN ケーブル接続部のカバーを取り外し、ハブなどのネットワーク機器と本機をLAN ケーブルで接続し、[はい]をクリックしてください。

USB ケーブルで接続されている本機が、有線LAN を通して自動検出されます。

(A) LAN ケーブル接続部
(B) カバー
参考
ネットワーク機器の接続については、ご使用の環境にしたがってください。
Windows Vista をご使用の場合⇒手順3-6. へ
Windows XP/2000 をご使用の場合⇒手順3-5. へ
参考
本機を自動検出できなかった場合は、[プリンタのIP アドレス設定]画面が表示されますので、以下のことを確認し、[接続]をクリックしてください。
  • ハブやルータなどの電源が入っていること、パソコンと本機がネットワークで接続されていることを確認してください。
  • 本機とパソコンがUSB ケーブルで接続されていることを確認してください。
  • 本機に設定したいIP アドレスが[プリンタのIP アドレス設定]画面に表示されていることを確認してください。本機に設定したいIP アドレスが異なる場合は、[次のIP アドレスを使用する]を選んで設定したいIP アドレスを入力してください。(※本機の電源がオフになっている場合、本機の[プリンタのIP アドレス設定]画面は表示されません。)

3-5. [カードスロットのセットアップ]画面が表示されたら、ドライブ名(文字)を指定して[次へ]をクリッ
クしてください。
Windows Vista の場合は表示されません。
参考
  • ネットワーク経由で接続されたパソコンに本機のカードスロットをネットワークドライブとして割り当てると、パソコンから本機のカードスロットにセットされたメモリーカードのファイルを読み込んだり、書き込むことができます。
パソコンからネットワーク経由でメモリーカードのファイルを書き込むには、本機の[各設定]の[カード書き込み状態]を[LAN から可能]に設定してください。[USB から可能]に設定すると、ネットワーク経由ではカードスロットにアクセスができません。
  • 「カードスロットとの通信に失敗しました」が表示された場合は、[再試行]ボタンをクリックしてください。
  • 「ドライブ文字が全て使われているため、これ以上の割り当てができません。」が表示されたら、[スキップ]をクリックしてセットアップを完了し、いずれかのドライブの設定を解除してから再度、Canon IJ Network Toolからカードスロットの設定をしてください。
  • 「このカードスロットは、すでにネットワークドライブとしてパソコンに割り当てられています。」が表示されたら、カードスロットはすでに設定されています。[OK]ボタンをクリックして、[次へ]ボタンをクリックしてください。

3-6. [セットアップの完了]画面が表示されたら、パソコンと本機をつないでいるUSB ケーブルを抜いて、[完了]をクリックしてください。
参考
  • ポート名を変更する場合は、[セットアップの完了]画面で[セットアップ結果]、[ポート名の設定]の順にクリックしてください。
  • [デバイスの取り外しの警告]メッセージが表示されたら、[OK]をクリックしてください。

3-7. [セットアップの終了]画面が表示されたら、[次へ]をクリックしてください。

3-8. [CANON iMAGE GATEWAY 無料会員登録]画面が表示されたら、[登録]をクリックしてください。
参考
  • 登録を行う場合はインターネットへ接続する必要がありますので、インターネットへ接続する前に必ずファイアウォール機能をオンにしてください。
  • あとで登録を行う場合は、[キャンセル]をクリックして手順3-10. に進みます。デスクトップ上のをダブルクリックすると登録が行えます。
  • パソコンを再起動する画面が表示された場合は、画面の指示にしたがって再起動してください。

インターネットに接続できる環境になっている場合、インターネットへの接続が開始され、CANON iMAGE GATEWAY(キヤノンイメージゲートウェイ)の会員登録ページが表示されます。表示される画面にしたがって会員登録や本製品の情報を登録してください。登録する際には本機のシリアルナンバー(A)が必要です。シリアルナンバーは本機内部に貼り付けられています。

3-9. [PIXUS 使用状況調査プログラム]画面が表示されたら、内容を確認してください。

お客様のニーズに合わせたより良い製品の企画、開発を行うために、ご使用のキヤノンプリンタに記録されている情報を収集しています。
表示画面の内容を確認し、同意いただけましたら[同意する]をクリックしてください。
[同意しない]をクリックした場合、使用状況調査プログラムはインストールされませんが、本機は正常にご使用いただけます。

3-10. [インストールが完了しました]画面が表示されたら、[終了]をクリックしてください。
セットアップCD-ROM が排出されます。
排出されない場合は、手動で取り出してください。

[再起動]が表示された場合は、[すぐにパソコンを再起動する]にチェックマークが付いていることを確認して、[再起動]をクリックしてください。パソコンの再起動が完了したらセットアップCD-ROM を取り出してください。
参考
  • セットアップCD-ROM は大切に保管してください。
  • Windows Vista をご使用の場合、カードスロットの設定は、MP ドライバをインストールしたあとCanon IJ Network Tool(キヤノンアイジェイネットワークツール)を起動してから行ってください。

4. [ 本機をほかのパソコン(2 台目以降)からも有線LAN で使えるようにする ]
参考
2 台目以降のパソコンを有線LAN に接続する場合、2 台目以降のパソコンにソフトウェアをインストールしておく必要があります。「1. セットアップの準備をしてください」と「2. ソフトウェアをインストールしてください」の操作が完了していることを確認し、以下の操作を行ってください。

4-1. 本機がLAN ケーブルでネットワーク機器に接続されていることを確認して本機の電源を入れてください。

電源を入れると、コピーボタンが緑色に点滅後、点灯します。
参考
  • ネットワーク上の本機へのアクセス制限(MAC アドレスフィルタリング)を設定している場合は、今回セットアップするパソコンの情報を追加設定しておいてください。追加の操作は、すでにセットアップされているパソコンからCanon IJ Network Tool (キヤノンアイジェイネットワークツール)を使って行います。
  • セットアップするパソコンと本機がUSB ケーブルで接続されていないことを確認してください。このセットアップでは、USB ケーブルで接続することはありません。

4-2. [セットアップ方法]画面で、[パソコンのみネットワーク接続で使用できるようにする]を選び、[次へ]
をクリックしてください。
ネットワーク上にある本機が自動検出されます。

4-3. 本機を選び、[次へ]をクリックしてください。

Windows Vista をご使用の場合⇒手順4-5. へ
Windows XP/2000 をご使用の場合⇒手順4-4. へ
参考
本機が検出されない場合は、以下のことを確認し、[更新]をクリックしてください。
  • 本機の電源が入っていること、LAN ケーブルでネットワーク機器に接続されていることを確認してください。
  • ネットワーク上の本機へのアクセス制限(MAC アドレスフィルタリング)が設定されていないことを確認してください。
  • セキュリティソフトウェアのファイアウォール機能がオフになっているか確認してください。
ご使用の環境によってはネットワーク設定を切り替えるソフトウェアなどが強制的に「インターネット接続ファイアウォール」機能をオンにしてしまうものがありますので、そちらの設定もあわせてご確認ください。

4-4. [カードスロットのセットアップ]画面が表示されたら、ドライブ名(文字)を指定して[次へ]をクリックしてください。

Windows Vista の場合は表示されません。
参考
  • ネットワーク経由で接続されたパソコンに本機のカードスロットをネットワークドライブとして割り当てると、パソコンから本機のカードスロットにセットされたメモリーカードのファイルを読み込んだり、書き込むことができます。
パソコンからネットワーク経由でメモリーカードのファイルを書き込むには、本機の[各設定]の[カード書き込み状態]を[LAN から可能]に設定してください。[USB から可能]に設定すると、ネットワーク経由ではカードスロットにアクセスができません。
  • 「カードスロットとの通信に失敗しました」が表示された場合は、[再試行]ボタンをクリックしてください。
  • 「ドライブ文字が全て使われているため、これ以上の割り当てができません。」が表示されたら、[スキップ]をクリックしてセットアップを完了し、いずれかのドライブの設定を解除してから再度、Canon IJ Network Tool
(キヤノンアイジェイネットワークツール)からカードスロットの設定をしてください。
  • 「このカードスロットは、すでにネットワークドライブとしてパソコンに割り当てられています。」が表示されたら、カードスロットはすでに設定されています。[OK]ボタンをクリックして、[次へ]ボタンをクリックしてください。

4-5. [完了]をクリックしてください。

これで本機とパソコンのネットワーク接続が完了しました。

4-6. [セットアップの終了]画面が表示されたら、[次へ]をクリックしてください。

4-7. [CANON iMAGE GATEWAY 無料会員登録]画面が表示されたら、[登録]をクリックしてください。
参考
  • 登録を行う場合はインターネットへ接続する必要がありますので、インターネットへ接続する前に必ずファイアウォール機能をオンにしてください。
  • すでに登録済みの場合、またはあとで登録を行う場合は、[キャンセル]をクリックして手順4-8. に進みます。デスクトップ上のをダブルクリックすると登録が行えます。
  • パソコンを再起動する画面が表示された場合は、画面の指示にしたがって再起動してください。

インターネットに接続できる環境になっている場合、インターネットへの接続が開始され、CANON iMAGE GATEWAY(キヤノンイメージゲートウェイ)の会員登録ページが表示されます。表示される画面にしたがって会員登録や本製品の情報を登録してください。登録する際には本機のシリアルナンバー(A)が必要です。シリアルナンバーは本機内部に貼り付けられています。

4-8. [PIXUS 使用状況調査プログラム]画面が表示されたら、内容を確認してください。

お客様のニーズに合わせたより良い製品の企画、開発を行うために、ご使用のキヤノンプリンタに記録されている情報を収集しています。
表示画面の内容を確認し、同意いただけましたら[同意する]をクリックしてください。
[同意しない]をクリックした場合、使用状況調査プログラムはインストールされませんが、本機は正常にご使用いただけます。

4-9. [インストールが完了しました]画面が表示されたら、[終了]をクリックしてください。

セットアップCD-ROM が排出されます。
排出されない場合は、手動で取り出してください。
[再起動]が表示された場合は、[すぐにパソコンを再起動する]にチェックマークが付いていることを確認して、[再起動]をクリックしてください。パソコンの再起動が完了したらセットアップCD-ROM を取り出してください。
参考
  • セットアップCD-ROM は大切に保管してください。
  • Windows Vista をご使用の場合、カードスロットの設定は、MP ドライバをインストールしたあとCanon IJ Network Tool(キヤノンアイジェイネットワークツール)を起動してから行ってください。


1. 本機とパソコンを USB ケーブルで接続してください。
本機の電源が入っていることを確認してください。

2. パソコンの電源を入れて Mac OS X を起動し、『セットアップCD-ROM』を CD-ROM ドライブに入れてください。
参考
CD-ROM のフォルダが自動的に開かない場合は、デスクトップに表示されるをダブルクリックしてください。

3. [ Setup ] アイコンをダブルクリックしてください。

4. 以下の画面が表示されたら、管理者の名前とパスワードを入力し、[ OK ] をクリックしてください。
管理者の名前とパスワードがわからないときは、左下のボタンをクリックすると対処方法が表示されます。

5. 以下の画面が表示されたら、[ おまかせインストール ] をクリックしてください。
MPドライバ、電子マニュアル(取扱説明書)、アプリケーションソフトが一度にインストールされます。
参考
インストールするアプリケーションソフトなどを選びたいときは、[ 選んでインストール ] をクリックし、画面の指示にしたがってインストールを進めてください。

6. [ おまかせインストール ] の画面が表示されたら、[ インストール ] をクリックしてください。
参考
インストールする項目の上にマウスを合わせると、プリンタドライバやアプリケーションソフトの説明が表示されます。

7. [ 使用許諾契約 ] の画面が表示されたら、内容をよく読んで [ はい ] をクリックしてください。
インストールが始まります。
途中、アプリケーションソフトのインストール画面が表示されることがあります。
画面の指示にしたがってインストールを進めてください。

8. [ セットアップの終了 ] の画面が表示されたら、[ 次へ ] をクリックしてください。

9. [ CANON iMAGE GATEWAY 無料会員登録 ] の画面が表示されたら、[ 登録 ] をクリックしてください。
参考
  • あとで登録を行う場合は、[ キャンセル ] をクリックして手順 10. に進んでください。デスクトップ上のをダブルクリックすると登録が行うことができます。
  • インターネットに接続できる環境になっている場合、インターネットへの接続が開始され、CANON iMAGE GATEWAY(キヤノンイメージゲートウェイ)の会員登録ページが表示されます。表示される画面にしたがって会員登録や本製品の情報を登録してください。登録する際にはプリンタのシリアルナンバーが必要です。シリアルナンバーはプリンタ内部に貼り付けられています。

10. [ インストールが完了しました ] の画面が表示されたら、[ 再起動 ] をクリックしてください。
パソコンの再起動が完了したら『セットアップCD-ROM』を取り出してください。
パソコンの再起動後に、Canon IJ Network Tool(キヤノンアイジェイネットワークツール)が起動します。
参考
『セットアップCD-ROM』は大切に保管してください。
注意
Mac OS X v.10.3.9 の環境でご使用の場合
本機を接続した状態でパソコンを再起動した際に本機が認識されない場合があります。その場合は、USB ケーブルを抜き差しするか、または本機の電源を切り、再度電源を入れてください。
参考
[ プリンタブラウザ ] 画面に [ MXxxx series FAX ](xxx は機種名)が表示されますが、[ MXxxx series FAX ] をプリンタリストに追加することはできません。本機を経由してファクス送信することはできません。

11. [ Canon IJ Network Tool ] の画面が表示されたら、[ USB で使用する ] を選び、[ OK ] をクリックしてください。
参考
Mac OS X v.10.3.9 をご使用の場合、本機の操作パネルを使ってスキャンした原稿をパソコンに保存するには、[ アプリケーション ] フォルダにあるイメージキャプチャで、起動するアプリケーションソフトを MP Navigator EX(エムピーナビゲーターイーエックス)に設定しておく必要があります。

12. これでソフトウェアのインストールが終了しました。


本機をパソコンと接続してご使用になるためには、「MP ドライバ」と呼ばれるソフトウェアをパソコンにインストールする必要があります。

[ 有線LAN ではじめて接続する場合 ]

(A) 本機
(B) 本機と有線LANではじめて接続するパソコン

まだネットワークに接続していない本機を、有線LAN接続で使用できるようにします。このセットアップでは、本機とパソコンの両方を設定します。
参考
有線LAN の接続が完了するまでは、USB 接続を通して本機をセットアップします。
USB 接続で本機を使用している場合も、有線LAN ではじめて接続する場合は、再度セットアップを行ってください。

[ ほかのパソコン(2 台目以降)からも有線LAN で使えるようにする場合 ]

(A) 本機
(B) すでに本機と有線LANで接続済みのパソコン
(C) 本機と有線LANで接続する 2 台目以降のパソコン

すでに本機が有線LAN 接続で使用できるようにセットアップされている場合、ほかのパソコン(2台目以降)からもネットワークを通して本機を使用できるようにするには、2台目以降のパソコンのみ設定します。

1. セットアップの準備をしてください。

MP ドライバをパソコンにインストールする前に、以下のことを確認してください。

  • 本機の取り付け・調整が完了していない場合は、本機を正しく設置してください。
  • セキュリティソフトウェアのファイアウォール機能を一時的にオフにするか、設定を変更します。ファイアウォール機能をオフにする場合は、ネットワークをインターネットから切り離してください。
ファイアウォール機能については、ご使用のソフトウェアのマニュアルを参照するか、メーカーにお問い合わせください。
重要
本機のセットアップのために一時的にオフにしたセキュリティソフトウェアのファイアウォール機能は、セットアップが完了したらオンに戻してください。セキュリティで保護されていないネットワーク環境に接続する場合は、お客様の個人情報などのデータが第三者に漏洩する危険性があります。十分ご注意ください。

  • パソコンとハブなどのネットワーク機器の設定が完了し、パソコンがネットワークに接続できる状態になっていることを確認します。
ネットワーク機器の構成、ルータ機能の有無はご使用になる環境により異なります。詳細については、ご使用の機器のマニュアルを参照するか、メーカーにお問い合わせください。
重要
本機を有線LAN で接続するためには、LAN ケーブルやハブなどが必要です。別途ご購入ください。
参考
  • オフィスでご使用の場合は、ネットワーク管理者にご相談ください。
  • Mac OS 9、Mac OS X Classic、およびMac OS X v.10.3.8 以下の環境には対応していないので、本機と接続しないでください。
  • Mac OS X を複数のユーザー(アカウント)でご使用の場合、管理者のアカウントでログインしてください。
  • 起動しているすべてのプログラムはあらかじめ終了しておいてください。

2. ソフトウェアをインストールしてください。

すでに本機が有線LAN 接続で使用できるようにセットアップされていて、ほかのパソコン(2台目以降)からもLAN 接続でセットアップする場合は、USB ケーブルを接続する必要はありません。手順2-2. からはじめてください。

2-1. パソコンと本機をUSBケーブルで接続してください。
(A)USB ケーブル接続部

2-2. パソコンの電源を入れて、Mac OS X を起動してください。

本機の電源が入っていることを確認してください。

2-3. 『セットアップCD-ROM』をCD-ROM ドライブに入れてください。

CD-ROM のフォルダが自動的に開かない場合は、デスクトップに表示されるをダブルクリックしてください。

2-4. [Setup]アイコンをダブルクリックしてください。

2-5. 画面が表示されたら、管理者の名前とパスワードを入力し、[OK]をクリックしてください。
参考
管理者の名前とパスワードがわからないときは、左下のをクリックすると対処方法が表示されます。

2-6. [おまかせインストール]をクリックしてください。

MP ドライバ、電子マニュアル(取扱説明書)、アプリケーションソフトが一度にインストールされます。
参考
インストールするアプリケーションソフトなどを選びたいときは、[選んでインストール]をクリックし、画面の指示にしたがってインストールを進めてください。

2-7. [おまかせインストール]画面が表示されたら、[インストール]をクリックしてください。
参考
インストールする項目の上にマウスを合わせると、MP ドライバやアプリケーションソフトの説明が表示されます。

2-8. [使用許諾契約]画面が表示されたら、内容をよく読んで[はい]をクリックしてください。

インストールが始まります。途中、アプリケーションのインストール画面が表示されることがあります。表示される画面の内容を確認し、指示にしたがってインストールを進めてください。

2-9. [セットアップの終了]画面が表示されたら、[次へ]をクリックしてください。

2-10. [CANON iMAGE GATEWAY 無料会員登録]画面が表示されたら、[登録]をクリックしてください。
参考
  • 登録を行う場合はインターネットへ接続する必要がありますので、インターネットへ接続する前に必ずファイアウォール機能をオンにしてください。
あとで登録を行う場合は、[キャンセル]をクリックして手順2-11. に進みます。デスクトップ上のをダブルクリックすると登録が行えます。

インターネットに接続できる環境になっている場合、インターネットへの接続が開始され、CANON iMAGE GATEWAY(キヤノンイメージゲートウェイ)の会員登録ページが表示されます。表示される画面にしたがって会員登録や本製品の情報を登録してください。登録する際には本機のシリアルナンバー(A)が必要です。シリアルナンバーは本機内部に貼り付けられています。

2-11. [インストールが完了しました]画面が表示されたら、[再起動]をクリックしてください。

これで、ソフトウェアのインストールが完了しました。パソコンの再起動後に、Canon IJ Network Tool(キヤノンアイジェイネットワークツール)が自動的に起動します。次の手順2-12. からネットワークの設定を行ってください。パソコンの再起動が完了したらセットアップCD-ROM を取り出してください。
参考
セットアップCD-ROM は大切に保管してください。

※ Mac OS X v.10.3.9 の環境でご使用の場合
本機を接続した状態でパソコンを再起動した際に本機が認識されない場合があります。その場合は、USB ケーブルを抜き差しするか、または本機の電源を切り、再度電源を入れてください。
参考
Mac OS X v.10.3.9 をご使用の場合、本機の操作パネルを使ってスキャンした原稿をパソコンに保存するには、[アプリケーション]フォルダにあるイメージキャプチャで、起動するアプリケーションソフトをMP Navigator EX(エムピーナビゲーターイーエックス)に設定しておく必要があります。

2-12. [Canon IJ Network Tool]画面が表示されたら、接続方法を選択してください。

以降の操作は、本機をどのように接続するかによって異なります。

3. [ 有線LAN ではじめて接続する場合 ]

まだネットワークに接続していない本機を有線LAN 接続で使用するには、本機と接続するパソコンにソフトウェアをインストールしておく必要があります。「1. セットアップの準備をしてください」と「2. ソフトウェアをインストールしてください」の操作が完了していることを確認し、以下の操作を行ってください。

3-1. [Canon IJ Network Tool]画面が表示されたら、[LAN で使用する]を選んで[OK]をクリックしてください。

Canon IJ Network Tool (キヤノンアイジェイネットワークツール)が起動していない場合は、[ライブラリ]フォルダから[Printers]→[Canon]→[BJPrinter]→[Utilities]→[Canon IJ Network Tool]を順にダブルクリックしてください。
参考
ここで[USB で使用する]を選ぶと、有線LAN 接続でのネットワークの設定が行われず、Canon IJ Network Tool は終了します。

[セットアップの準備]画面が表示されたら以下のことを確認し、[OK]をクリックしてください。
  • 本機の電源が入っているか確認してください。
  • 本機とパソコンがUSB ケーブルで接続されていることを確認してください。
  • MP ドライバがインストールされているか確認してください。

3-2. [Canon IJ Network Tool]画面のポップアップメニューから[セットアップ]を選び、[プリンタ]
から[MXxxx](xxx は機種名)を選んで[OK]をクリックしてください。
参考
  • 「プリンタを検出できませんでした。」と表示された場合は[OK]をクリックしてから、以下のことを確認し、[更新]をクリックしてください。
−USB ケーブルで本機とパソコンが接続されているか
−本機の電源が入っているか
  • すでに本機のネットワーク設定を行っている場合は、そのままの設定で使用するかを確認する[設定環境の確認]画面が表示されます。そのままの設定でセットアップを進めることができますので、[このまま使用する]をク
リックしてください。ネットワークの設定を変更する必要がある場合は、[設定を変更する]をクリックしてください。

3-3. [有線LAN 接続の確認]画面が表示されたら、本機のLAN ケーブル接続部のカバーを取り外し、ハブなど
のネットワーク機器と本機をLAN ケーブルで接続し、[はい]をクリックしてください。
USB ケーブルで接続されている本機が、有線LAN を通して自動検出されます。

(A) LAN ケーブル接続部
(B) カバー
参考
ネットワーク機器の接続については、ご使用の環境にしたがってください。

参考
本機を自動検出できなかった場合は、[プリンタのIP アドレス設定]画面が表示されますので、以下のことを確認し、[接続]をクリックしてください。
  • ハブやルータなどの電源が入っていること、パソコンと本機がネットワークで接続されていることを確認してください。
  • 本機とパソコンがUSB ケーブルで接続されていることを確認してください。
  • 本機に設定したいIP アドレスが[プリンタのIP アドレス設定]画面に表示されていることを確認してください。本機に設定したいIP アドレスが異なる場合は、[TCP/IP の設定]の[次のIP アドレスを使用する]を選んで設定したいIP アドレスを入力してください。(※本機の電源がオフになっている場合、本機の[プリンタのIP アドレス設定]画面は表示されません。)

3-4. [セットアップの完了]画面が表示されたら、パソコンと本機をつないでいるUSB ケーブルを抜いて、[OK]をクリックしてください。

これで本機とパソコンのセットアップが完了しました。次の手順からネットワークの設定を行います。
プリンタ設定ユーティリティと、Canon IJ Network Scanner Selector(キヤノンアイジェイネットワークスキャナセレクタ)が起動します。


3-6.[プリンタブラウザ]画面で[ほかのプリンタ]をクリックしてください。
Mac OS X v.10.3.9 の場合は表示されません。

3-7. ポップアップメニューから[Canon IJ ネットワーク]を選び、製品一覧に表示される[MXxxx](xxx は機種名)を選んで、[追加]をクリックしてください。
参考
[MXxxx]のあとに続いている英数字は本機のMAC アドレスです。

3-8. プリンタリストに[MXxxx]が追加されているか確認してください。

3-9. [Canon IJ Network Scanner Selector]画面で[TWAIN データソース名]から[CanonMXxxx series Network]を選び、[接続機器一覧]から本機のMAC アドレスを選んで[すぐに適用]をクリックしてください。チェックマークが表示されていることを確認し、[終了]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じてください。

これで本機とパソコンのネットワーク設定が完了しました。

4. [ 本機をほかのパソコン(2 台目以降)からも有線LAN で使えるようにする ]
参考
2 台目以降のパソコンを有線LAN に接続する場合、2 台目以降のパソコンにソフトウェアをインストールしておく必要があります。「1. セットアップの準備をしてください」と「2. ソフトウェアをインストールしてください」の操作が完了していることを確認し、以下の操作を行ってください。

4-1. 本機がLAN ケーブルでネットワーク機器に接続されていることを確認してください。
参考
  • ネットワーク上の本機へのアクセス制限(MAC アドレスフィルタリング)を設定している場合は、今回セットアップするパソコンの情報を追加設定しておいてください。追加の操作は、すでにセットアップされているパソコンからCanon IJ Network Tool を使って行います。
  • セットアップするパソコンと本機がUSB ケーブルで接続されていないことを確認してください。このセットアップでは、USB ケーブルで接続することはありません。

4-2. [Canon IJ Network Tool]画面が表示されたら、[LAN で使用する]を選んで[OK]をクリックしてください。

Canon IJ Network Tool が起動しない場合は、[ライブラリ]フォルダから[Printers]→[Canon]→[BJPrinter]→[Utilities]→[Canon IJ Network Tool]を順にダブルクリックしてください。
参考
ここで[USB で使用する]を選ぶと、有線LAN 接続でのネットワークの設定が行われず、Canon IJ Network Tool は終了します。

4-3. 画面が表示されたら、[OK]をクリックしてください。

4-4. ポップアップメニューから[セットアップ]を選び、[プリンタを登録]をクリックしてください。

4-5. 右の画面が表示されたら、[中止]をクリックしてください。

プリンタ設定ユーティリティと、Canon IJ Network Scanner Selector(キヤノンアイジェイネットワークスキャナセレクタ)が起動します。
[使用可能なプリンタがありません。]が表示されたら、[キャンセル]をクリックしてください。

4-6. [プリンタリスト]画面が表示されたら、[追加]をクリックしてください。

Mac OS X v.10.4.x をご使用の場合⇒手順4-7. へ
Mac OS X v.10.3.9 をご使用の場合⇒手順4-8. へ
Mac OS X v.10.5 をご使用の場合⇒" Mac OS X 10.5でプリンタを追加する " へ

4-7. [プリンタブラウザ]画面で[ほかのプリンタ]をクリックしてください。
Mac OS X v.10.3.9 の場合は表示されません。

4-8. ポップアップメニューから[Canon IJ ネットワーク]を選び、製品一覧に表示される[MXxxx](xxx は機種名)を選んで、[追加]をクリックしてください。
参考
  • [MXxxx]のあとに続いている英数字は本機のMAC アドレスです。
  • 本機が表示されない場合は、以下のことを確認してください。
−本機の電源が入っていること、LAN ケーブルでネットワーク機器に接続されていることを確認してください。
−ネットワーク上の本機へのアクセス制限(MAC アドレスフィルタリング)が設定されていないことを確認してください。
−セキュリティソフトウェアのファイアウォール機能がオフになっているか確認してください。

4-9. プリンタリストに[MXxxx]が追加されているか確認してください。

4-10. [Canon IJ Network Scanner Selector]画面で[TWAIN データソース名]から[CanonMXxxx series Network]を選び、[接続機器一覧]から本機のMAC アドレスを選んで[すぐに適用]をクリックしてください。
チェックマークが表示されていることを確認し、[終了]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じてください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX850 / PIXUS MX7600

 

[TOP▲]
このページのトップへ