メモリーカードから印刷してみよう



メモリーカードから印刷してみよう
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045159



対処方法

メモリーカードに保存されている写真を、本製品の液晶モニターで確認しながら印刷してみます。
ここでは、L 判サイズの用紙に、写真をフチなしで印刷する方法について説明しています。
用意するもの
A写真の入ったメモリーカード ⇒ " メモリーカードをセットする前に "。
印刷用の用紙 ⇒ " 使用できる用紙について "。
1. 印刷の準備をします。
(1) 電源を入れます。
液晶モニターにコピーモード画面が表示されます。
メモリーカードがセットされているときには、カードモード画面が表示されます。
(2) 用紙をセットします。ここでは、L判サイズの写真用紙をセットします。
(3) 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを開きます。
2. メモリーカードをセットします。
3. 印刷を開始します。
(1) ボタンで印刷したい写真を表示します。
参考
  • 写真の読み込み中は、液晶モニターに が表示される場合があります。が表示されているときにボタンを押すと、画像が正しく選べないことがあります。

(2) ボタンで印刷枚数を指定します。
(3) 手順(1)、(2)を繰り返し、印刷したい写真ごとに印刷枚数を指定します。
(4) OKボタンを押します。
印刷確認画面が表示されます。
(5) ボタンを押します。
印刷の設定画面が表示されます。
(6) 用紙のサイズや種類、印刷品質などを確認します。ここでは、用紙サイズに[L 判]、用紙の種類にセットした写真用紙が設定されていることを確認してください。設定内容を変更するには、ボタンで変更したい項目を選び、ボタンで設定する項目を選びます。タブを
切り替えるには、 ボタンでタブを選んで、ボタンを押してください。 ⇒ 「設定項目について」
(7) OKボタンを押します。
印刷確認画面に戻ります。
(8) 印刷に必要な用紙の枚数を確認する
(9) カラースタートボタンまたはOK ボタンを押します。
写真の印刷が開始されます。
重要
  • 印刷を中止するときは、ストップボタンを押します。
  • モノクロスタートボタンを押しても、印刷は開始されません。


(5) 日付印刷: 写真に撮影日の日付を付けて印刷するか設定できます。
参考
日付の印刷形式はトップメニュー画面の[本体設定]の[日付表示形式]にしたがって印刷されます。

(6) オートフォトモード: 写真の明るさや色合いを自動的に補正するか設定できます。
(7) 赤目補正: 人物の目が赤く写った写真を補正して印刷できます。
(8) 顔明るく補正: 逆光などで暗くなった人物の顔を明るく印刷できます。
参考
  • 用紙のサイズや種類、印刷品質などすべての設定が保存され、電源を入れ直しても次回カードモードで写真を選んだ
ときにその設定が表示されます。
  • 機能によっては、組み合わせて設定できない項目があります。


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP480

 

[TOP▲]
このページのトップへ