筆ぐるめVer.16ではがき(年賀状)に印刷する方法



筆ぐるめVer.16ではがき(年賀状)に印刷する方法
更新日 : 2014年10月28日
文書番号 : Q000046298




■概要

筆ぐるめVer.16からはがきに印刷する方法についてご案内します。
はがきへの印刷は、うら面(通信面)→おもて面(宛て名面)の順で印刷を行ってください。

※ ここでは、インクジェット紙郵便はがき(年賀状)への印刷を例に説明しています。


■INDEX

  1. 筆ぐるめVer.16ではがきのうら面(通信面)に印刷する
  2. 筆ぐるめVer.16ではがきのおもて面(宛て名面)に印刷する


  筆ぐるめVer.16ではがきのうら面(通信面)に印刷する
  ここではインクジェット紙郵便はがきのうら面(通信面)に印刷する手順についてご案内します。
なお、印刷するデータはあらかじめ作成しておいてください。

PIXUS MP630を例にしますが、その他の機種の場合にも手順は同様です。
   
1. 筆ぐるめの<うら(レイアウト)>タブより、印刷するデータを開きます。
開いた状態で、メニューから[印刷]アイコンをクリックします。
※ここでは、画面左側のグループバーより、『年賀状』内、『定番』に登録されている画像を例として選択しています。
 
 


2. 印刷ウィザードが起動します。「印刷」タブが開いていることを確認し、各項目を設定します。
 
[使用プリンタ]、[用紙サイズ]、[印刷部数]、[用紙の向き]を設定します。
[背景を設定する]、[フチなし印刷]を行う場合は、チェックを入れます。
 
* [背景を印刷する]項目については、筆ぐるめVer.16の取扱説明書をご参照ください。
* お使いのプリンタがフチなし印刷に対応していない場合には、[フチなし印刷]の項目はグレーアウトします。
[BJカートリッジ]では、プリンタにセットしているインクに合わせて設定します。
[キヤノンプリンタ簡単設定]で用紙の種類を選択します。ここでは[インクジェット普通はがき]を選択します。
フチなし印刷をする場合、「印刷可能枠」が青い点線枠で表示されます。
 


3. 印刷位置を調整する場合は、<位置補正>タブで設定します。
※位置補正の詳しい操作方法については、筆ぐるめVer.16の取扱説明書をご参照ください。
 
 


4. 給紙方法などプリンタの設定の確認は『プリンタの設定』ウィンドウから行います。
[プリンタ設定]アイコンをクリックし、『プリンタの設定』ウィンドウを表示します。
 
使用するプリンタが選択されているか確認します。
印刷したいデータの向きと一致しているか確認します。
”用紙サイズ”で「はがき」が選択されているか、”給紙方法”で用紙をセットした給紙箇所が
選択されているか確認します。
[OK]ボタンをクリックし、『プリンタの設定』ウィンドウを閉じます。
 


5. 設定が完了しましたら、年賀状がセットされているか必ず確認をしてから、[印刷実行]ボタンをクリックします。
 

⇒印刷が開始されます。
   
 
   メモ
 
  印刷対象の宛名の中に印刷可能枠からはみ出る内容がある場合、「枠からはみ出た部分は印刷されません」のエラーメッセージが表示されます。再度印刷の設定を確認してください。
  設定については、筆ぐるめVer.16の取扱説明書をご参照ください。


戻る

  筆ぐるめVer.16ではがきのおもて面(宛て名面)に印刷する
  ここではインクジェット紙郵便はがきのおもて面(宛て名面)に印刷する手順についてご案内します。
なお、印刷するデータはあらかじめ作成しておいてください。

PIXUS MP630を例にしますが、その他の機種の場合にも手順は同様です。
   
1. 筆ぐるめの<おもて(宛て名)>タブより、印刷するデータを開きます。
開いた状態で、メニューから[印刷・メール]アイコンをクリックします。
 
 


2. 印刷ウィザードが起動します。「印刷」タブが開いていることを確認し、各項目を設定します。
 
[使用プリンタ]、[用紙サイズ]、[印刷部数]、[用紙の向き]を設定します。
[BJカートリッジ]では、プリンタにセットしているインクに合わせて設定します。
[キヤノンプリンタ簡単設定]で使用する用紙の種類を選択します。
ここでは[インクジェット普通はがき(おもて面)]を選択します。)
その他の項目を設定する場合は、筆ぐるめVer.16の取扱説明書でご確認ください。
 


3. 印刷位置を調整する場合は、<位置補正>タブで設定します。
※位置補正の詳しい操作方法については、筆ぐるめVer.16の取扱説明書をご参照ください。
 
 


4. 給紙方法などプリンタの設定の確認は『プリンタの設定』ウィンドウから行います。
[プリンタ設定]アイコンをクリックし、『プリンタの設定』ウィンドウを表示します。
 
使用するプリンタが選択されているか確認します。
印刷したいデータの向きと一致しているか確認します。
”用紙サイズ”で「はがき」が選択されているか、”給紙方法”で用紙をセットした給紙箇所が選択
されているか確認します。
[OK]ボタンをクリックし、『プリンタの設定』ウィンドウを閉じます。
 


5. 設定が完了しましたら、年賀状がセットされているか必ず確認をしてから、[印刷実行]ボタンをクリックします。
『印刷する宛て名の確認』 ウィンドウが開きますので、内容を確認して、「次へ」ボタンをクリックします。
 
 


6. 『送信履歴の指定』ウィンドウが開きますので、内容を確認し、[印刷]をクリックします。
 
  ⇒ 印刷が開始されます。
 

 
   メモ
 
  印刷対象の宛名の中に印刷可能枠からはみ出る内容がある場合、「枠からはみ出た部分は印刷されません」のエラーメッセージが表示されます。再度印刷の設定を確認してください。
  設定については、筆ぐるめVer.16の取扱説明書をご参照ください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230 / PIXUS MG8130 / PIXUS MG7530 / PIXUS MG7530F / PIXUS MG7130 / PIXUS MG6730 / PIXUS MG6330 / PIXUS MG6230 / PIXUS MG6130 / PIXUS MG5630 / PIXUS MG5530 / PIXUS MG5430 / PIXUS MG5330 / PIXUS MG5230 / PIXUS MG5130 / PIXUS MG4230 / PIXUS MG4130 / PIXUS MG3530 / PIXUS MG3230 / PIXUS MG3130 / PIXUS MG2130 / PIXUS MP990 / PIXUS MP980 / PIXUS MP970 / PIXUS MP960 / PIXUS MP950 / PIXUS MP900 / PIXUS MP830 / PIXUS MP810 / PIXUS MP800 / PIXUS MP790 / PIXUS MP770 / PIXUS MP740 / PIXUS MP730 / PIXUS MP710 / PIXUS MP700 / PIXUS MP640 / PIXUS MP630 / PIXUS MP620 / PIXUS MP610 / PIXUS MP600 / PIXUS MP560 / PIXUS MP550 / PIXUS MP540 / PIXUS MP520 / PIXUS MP510 / PIXUS MP500 / PIXUS MP493 / PIXUS MP490 / PIXUS MP480 / PIXUS MP470 / PIXUS MP460 / PIXUS MP450 / PIXUS MP390 / PIXUS MP375R / PIXUS MP370 / PIXUS MP360 / PIXUS MP280 / PIXUS MP270 / PIXUS MP170 / PIXUS MP55 / PIXUS MP10 / PIXUS MP5 / PIXUS MX923 / PIXUS MX893 / PIXUS MX883 / PIXUS MX870 / PIXUS MX860 / PIXUS MX850 / PIXUS MX7600 / PIXUS MX523 / PIXUS MX513 / PIXUS MX420 / PIXUS MX350

 

[TOP▲]
このページのトップへ