画面の色と印字結果の色が違う(インクジェット複合機)



画面の色と印字結果の色が違う(インクジェット複合機)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000046394




■現象

  • 画面で表示されている色と実際に印刷された色が違う

■対処方法

詳細情報1〜9をご確認ください。



詳細情報:
  1. インクタンクの取り付け位置は正しいですか?
  2. プリントヘッド(印字ヘッド)が詰まっていませんか?
  3. ヘッド位置調整を行ってみる
  4. インクが混色している
  5. プリンタドライバの[用紙の種類]の設定はプリンタにセットしている用紙と一致していますか?
  6. プリンタドライバのマッチング方法を「写真」にしてみる
  7. 新規に作成したデータで試してみる
  8. 新しいインクで試してみる
  9. 画面(ディスプレイ)と印刷結果の色の違い

【詳細1】インクタンクの取り付け位置は正しいですか?

※ この詳細につきましては、独立インクタンクを採用している機種を対象としております。

取り付け位置を間違えてインクタンクを取り付けると、印刷結果の色味が変わります。
フォトインク対応機種では、カラーBJカートリッジにフォトインクを取り付けている(もしくはその逆)も色味が変わります。
インクタンクの位置を確認し、間違っている場合は次の手順で処置をしてください。

■インクタンクの取り付け位置を確認

プリンタの電源が入っていることを確認し、プリンタのフロントカバーを開けインクタンクの取り付け位置を確認します。
インクタンクの取り付け位置につきましては、プリンター同梱の取扱説明書をご確認ください。

■インクタンクの位置を間違えて取り付けている場合

  1. インクタンクを正しい位置に取り付けます。

    ラベルを確認して、インクタンクを正しい位置に取り付け直します。
     
     
  2. プリントヘッドのクリーニングを行います。
     
     
  3. ノズルチェックパターンを印刷し、各色のインクが正しく印刷されていることを確認します。

    ※ インクの色が混ざっている場合は、手順 2 と 3 を繰り返してください。
戻る

【詳細2】プリントヘッド(印字ヘッド)が詰まっていませんか?

プリントヘッド(印字ヘッド)が目詰まりを起こしている可能性があります。
プリント ヘッド(印字ヘッド)に目詰まりが生じると、ドットぬけ(白筋など)が発生したり、場合によっては罫線にずれが生じるなどの不具合が発生します。

■対処方法

  1. クリーニング動作を2〜3回(BC-10、BC-11e、BCI-15、BCI-16、BCI-19使用機種は1、2回)行います。

    クリーニング動作を行った後はノズルチェックパターンを印刷し、回復しているかをご確認ください。
    回復しない場合は、2をお試しください。

     
  2. ヘッドリフレッシング(強力クリーニング)の機能がある機種は、ヘッドリフレッシング(強力クリーニング)を2回程度お試しください。

    ※ 不必要なヘッドリフレッシング(強力クリーニング)は避けてください。
     ヘッドリフレッシング(強力クリーニング)は、ヘッドクリニーニングに比べ多くのインクを消費します
戻る

【詳細3】ヘッド位置調整を行ってみる

※ この詳細につきましては、ヘッド位置調整ができる機種を対象としております。

ヘッド位置が少しでもずれていると、縦罫線がずれたり色味が変わってしまうことがあります。
そのような場合は、ヘッド位置調整を行うことにより現象が回避できることがあります。

戻る



【詳細4】インクが混色している

ヘッド部分でインクが混色する場合があります。

■対処方法

ノズルチェックパターンを印刷し、印刷結果の色合いをご確認ください

ノズルチェックパターンの印刷結果の色合いが正常な色合いではない場合、インクタンクが混色している可能性があります。
ノズルチェック印刷の操作方法ならびに印刷結果につきましては、プリンター同梱の取扱説明書をご確認ください。

インクタンクを取り替えても再発する場合は、プリンタ本体に不具合が発生している可能性がありますので修理受付窓口に修理をご依頼ください。

戻る



【詳細5】プリンタドライバの[用紙の種類]の設定はプリンタにセットしている用紙と一致していますか?

プリンタドライバの[用紙の種類]の設定がプリンタにセットしている用紙と一致しているかをご確認ください。
[用紙の種類]の設定が異なると、印刷結果の色味が変わったり、滲みの原因となる場合があります。

[用紙の種類]の設定方法につきましては、関連情報をご参照ください。

戻る

【詳細6】プリンタドライバのマッチング方法を「写真」にしてみる

※ この詳細はPIXUS i シリーズ、PDシリーズ、BJ Fシリーズ、Sシリーズ、Mシリーズを対象としております。

プリンタドライバのマッチング方法で「写真」に設定することにより、改善される場合があります。
操作手順はプリンタドライバのバージョンにより異なります。

■操作手順

●WindowsXP対応プリンタドライバの場合

※ ここでは、BJ F900を例に説明しています。

  1. [スタート]→[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]を選択します。
     
     
  2. BJプリンタアイコンを選択し、[印刷設定の選択]をクリックします。

    プリンタドライバの印刷設定画面が開きます。
     
     
  3. [基本設定]タブをクリックします。
      
     
  4. [色調整]の[マニュアル調整]にチェックを入れ[設定]ボタンをクリックします。
     
    マニュアル調整
     
     
  5. [マッチング方法]から「写真用」を選択します。
     
    マッチング方法
     
     
  6. [OK]ボタンをクリックして完了します。

 

●Windows95/98/Me対応プリンタドライバVer7.xxの場合

※ ここでは、BJ S600を例に説明しています。

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。

    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
     
  3. [基本設定]タブをクリックします。
     
     
  4. 色調整の[マニュアル調整]をチェックし、[設定]ボタンをクリックします。

    プリンタドライバのプロパティ(基本設定)
     
     
  5. [マッチング方法]で「写真用」を選択します。

    マニュアル色調整
     
     
  6. [OK]ボタンをクリックして完了します。

  

Windows95/98/Me対応プリンタドライバVer6.xxの場合

※ ここでは、BJ F300を例に説明しています。

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。

    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
     
  3. [メイン]タブ→[オートパレット詳細]ボタンをクリックします。

    プリンタドライバのプロパティ(メイン)
     
     
  4. [色設定]タブをクリックし、[色補正]にチェックを入れます。
     
     
  5. マッチング方法を「写真」に設定します。

    色設定
     
     
  6. [OK]ボタンをクリックして完了します。
戻る

【詳細7】新規に作成したデータで試してみる

新規にデータを作成して、現象が回避できるかをお試しください。
新規に作成したデータで正常に印刷できる場合は、データが壊れているなど、何らかの問題が発生していると思われます。

戻る

【詳細8】新しいインクで試してみる

インクを使い切っている可能性があります。
新しいインクカートリッジに交換して現象が回避できるかをお試しください。
尚、プリントヘッド/インクタンクが分離型のBJカートリッジについては、インクタンクのみを交換することができます。

戻る

【詳細9】画面(ディスプレイ)と印刷結果の色の違い

ディスプレイ(画面)とインク(印刷)とでは、色の表現方法が異なるため、ディスプレイ上の色味を正確に印刷できない場合があります。
また、ディスプレイ自体の特性やプリンタ機種間の差、印刷媒体(紙質など)違いによっても、印刷結果の色味が変化することもあります。
一般的に画面表示と比較すると、印刷結果の方が濃く(暗く)なる傾向があります。

例:水色が青になったり、黄緑が濃い緑色になるなど

画面に表示されている画像と同じ色味で印刷するためには、アプリケーションソフトやプリンタドライバで色調整が必要になります。

戻る
関連情報: 戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230 / PIXUS MG8130 / PIXUS MG6330 / PIXUS MG6230 / PIXUS MG6130 / PIXUS MG5430 / PIXUS MG5330 / PIXUS MG5230 / PIXUS MG5130 / PIXUS MG4230 / PIXUS MG4130 / PIXUS MG3230 / PIXUS MG3130 / PIXUS MG2130 / PIXUS MP990 / PIXUS MP980 / PIXUS MP970 / PIXUS MP960 / PIXUS MP950 / PIXUS MP900 / PIXUS MP830 / PIXUS MP810 / PIXUS MP800 / PIXUS MP790 / PIXUS MP770 / PIXUS MP740 / PIXUS MP730 / PIXUS MP710 / PIXUS MP700 / PIXUS MP640 / PIXUS MP630 / PIXUS MP620 / PIXUS MP610 / PIXUS MP600 / PIXUS MP560 / PIXUS MP550 / PIXUS MP540 / PIXUS MP520 / PIXUS MP510 / PIXUS MP500 / PIXUS MP493 / PIXUS MP490 / PIXUS MP480 / PIXUS MP470 / PIXUS MP460 / PIXUS MP450 / PIXUS MP390 / PIXUS MP375R / PIXUS MP370 / PIXUS MP360 / PIXUS MP280 / PIXUS MP270 / PIXUS MP170 / PIXUS MP55 / PIXUS MP10 / PIXUS MP5 / PIXUS MX893 / PIXUS MX883 / PIXUS MX870 / PIXUS MX860 / PIXUS MX850 / PIXUS MX7600 / PIXUS MX513 / PIXUS MX420 / PIXUS MX350 / MultiPASS C70 / MultiPASS C50 / MultiPASS B-30 / MultiPASS B-25 / MultiPASS B-20 / MultiPASS B-10 / MultiPASS L100

 

[TOP▲]
このページのトップへ