インクジェットプリンタを快適にご使用いただくために



インクジェットプリンタを快適にご使用いただくために
更新日 : 2013年3月8日
文書番号 : Q000046399



■概要

インクジェットプリンタを快適にご使用いただくための注意事項についてご案内します。



詳細情報:
  1. 電源をオフにする場合は順番に注意
  2. 長期間お使いにならないときの注意

【詳細1】電源をオフにする場合は順番に注意

インクジェットプリンタは、プリントヘッドノズルの乾燥を防ぐため、印字終了後はプリントヘッドにキャップをしています。
しかし、印刷後すぐ(電源ランプが消える前に)コンセントから電源コードを抜いたり、スイッチ付きテーブルタップのスイッチをオフにしてしまうと、プリントヘッドのキャップが出来ず、ノズルの乾燥、インク目詰まりの元になることがあります。

プリンタの電源をオフにする場合は、以下の手順に従ってください。

  1. プリンタの電源ボタンを押してオフにします。
     
     
  2. 電源ランプが消えるのを確認します。
     
     
  3. テーブルタップのスイッチをオフにする場合や、電源プラグを抜いてプリンタを収納する場合は、電源ランプが消えた事を確認してからプラグを抜いてください。
戻る

【詳細2】長期間お使いにならないときの注意

定期的(1ヶ月に一度程度)に印刷をされる事をお勧めします。
長期間プリンタをご使用にならない場合、プリントヘッドを良好な状態に保つため1ヶ月に1度を目安に、印刷、もしくはプリントヘッドのクリーニングを行うことをお勧めします。

プリントヘッドには高精度印刷実現のため、多数のノズルがあります。
サインペンやマジックが長期間使用されないとキャップをしていても自然にペン先が乾き、書けなくなるのと同様に、プリントヘッドも長期間使用されないと、インクの目詰まりを起こす場合があります。
定期的に印刷することでこうした目詰まりを未然に防ぐ事ができます。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230 / PIXUS MG8130 / PIXUS MG6330 / PIXUS MG6230 / PIXUS MG6130 / PIXUS MG5430 / PIXUS MG5330 / PIXUS MG5230 / PIXUS MG5130 / PIXUS MG4230 / PIXUS MG4130 / PIXUS MG3230 / PIXUS MG3130 / PIXUS MG2130 / PIXUS MP990 / PIXUS MP980 / PIXUS MP970 / PIXUS MP960 / PIXUS MP950 / PIXUS MP900 / PIXUS MP830 / PIXUS MP810 / PIXUS MP800 / PIXUS MP790 / PIXUS MP770 / PIXUS MP740 / PIXUS MP730 / PIXUS MP710 / PIXUS MP700 / PIXUS MP640 / PIXUS MP630 / PIXUS MP620 / PIXUS MP610 / PIXUS MP600 / PIXUS MP560 / PIXUS MP550 / PIXUS MP540 / PIXUS MP520 / PIXUS MP510 / PIXUS MP500 / PIXUS MP493 / PIXUS MP490 / PIXUS MP480 / PIXUS MP470 / PIXUS MP460 / PIXUS MP450 / PIXUS MP390 / PIXUS MP375R / PIXUS MP370 / PIXUS MP360 / PIXUS MP280 / PIXUS MP270 / PIXUS MP170 / PIXUS MP55 / PIXUS MP10 / PIXUS MP5 / PIXUS MX923 / PIXUS MX893 / PIXUS MX883 / PIXUS MX870 / PIXUS MX860 / PIXUS MX850 / PIXUS MX7600 / PIXUS MX523 / PIXUS MX513 / PIXUS MX420 / PIXUS MX350 / MultiPASS C70 / MultiPASS C50 / MultiPASS B-30 / MultiPASS B-25 / MultiPASS B-20 / MultiPASS B-10 / MultiPASS L100

 

[TOP▲]
このページのトップへ