ファクスを受信する(PIXUS MX860)



ファクスを受信する(PIXUS MX860)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047647



対処方法

ここでは、本製品でファクスを受信する操作を受信モード別に説明しています。
また、エラーなどで本製品のメモリに受信された原稿を印刷する方法について説明しています。



ファクス優先モードが設定されている場合:
受信モードがファクス優先モードに設定されているときには、以下のように受信します。
1. ファクスまたは電話が着信します。
2. 受信します。
ファクスの場合:自動的に受信します。
電話の場合:呼び出し音が鳴ります。受話器を取ると、相手と会話できます。
参考
  • 電話がかかってきたときに電話機から呼び出し音が鳴るまでに、多少時間がかかります。
  • 外付けの電話機を本製品に接続している場合は、設定している受信モードにかかわらず、着信があると電話機の呼び出し音(着信呼び出し回数で設定されている回数)が鳴ります。
  • [設定]→[本体設定]→[ファクス設定]→[受信機能設定]→[着信呼び出し]で[しない]に設定すると、着信時の呼び出し音を鳴らさないようにすることができます。
ファクス優先モードの設定について
  • 受信モードをファクス優先モードに設定している場合は、ファクスモードでメニューキーを押して[設定]→[本体設定]→[ファクス設定]を選び、[受信機能設定]の[ファクス優先モード]を選ぶことで、以下の設定を変更できます。
[呼び出し開始時間]:着信がファクスか電話かを本製品が判断するための時間
[TEL 呼び出し時間]:着信が電話の場合に、呼び出し音を鳴らす時間
[呼び出し後の動作]:設定した呼び出し時間が経過したあと、ファクスを受信するかどうか

ファクス専用モードが設定されている場合:
受信モードがファクス専用モードに設定されているときには、ファクス専用回線を使用してファクスを着信すると、ファクスを自動的に受信します。
参考
  • ファクス受信時に呼び出し音は鳴りません。
  • 電話または留守番電話を併用する場合は、本製品に電話機を接続し、ファクス優先モードか電話優先モードに変更してください。

電話優先モードが設定されている場合:
受信モードが電話優先モードに設定されているときには、以下のように受信します。
1. ファクスまたは電話が着信します。
着信音が鳴ったら、受話器を取ります。
2. 受信します。
ファクスの場合: 呼び出し音が鳴ります。受話器を取り、「ポーポー」という音が聞こえたときは、自動的にファクスに切り替わり、ファクスが受信されます。受信が開始されたら受話器を置きます。
参考
ファクスに自動的に切り替わらない場合は、カラースタートボタンまたはモノクロスタートボタンを押してください。

電話の場合:受話器を取ると、相手と会話できます。
留守番電話機を接続している場合: 電話の場合は、メッセージが応答します。
ファクスの場合は、自動的に受信します。
参考
  • 一定の時間呼び出し音を鳴らしたあと、自動的にファクスを受信することもできます。ファクス設定画面の[受信機能設定]で[自動受信切り替え]を[する]に設定し、受信開始時間を設定してください。
  • 本製品に接続した電話機が本製品から離れた場所にある場合は、本製品に接続した電話機の受話器を取ったあとに「25」(リモート受信ID)をダイヤルすると、ファクスを受信できます(リモート受信)。なお、リモート受信はプッシュ回線でのみ、使用できます。リモート受信をしないようにも設定できます。
  • 留守番電話機を接続している場合は留守番電話機を留守モードにし、次のように設定してください。
- 応答メッセージの長さは15 秒以内にしてください。
- メッセージでは、ファクスの送信方法を説明してください。


次のような状況でファクスを受信すると、ファクスが自動的にメモリに保存されます。
  • 受信中にインクがなくなったとき
なくなったインクタンクを交換すると、メモリに保存されたファクスは自動的に印刷されます。
参考
インクがなくなっても、受信したファクスを強制的に印刷するように設定することができます。ただし、インク切れにより、ファクスの内容が部分的もしくはすべて印刷されないことがあります。また、ファクスの内容はメモリに保存されません。なお、すでにインクがなくなっている場合は、[設定]→[本体設定]→[ファクス設定]の[基本設定]で[自動印刷]を[しない]に設定して、インク交換中に受信したファクスがメモリに保存されるようにしてください。インクタンクを交換したあとにメモリに保存したファクスを手動で印刷することをお勧めします。

  • 受信中に用紙がなくなったとき
用紙をセットし、OK ボタンを押すと、メモリに保存されたファクスは自動的に印刷されます。
  • A4、レターサイズ、またはリーガルサイズ以外の用紙がセットされているとき
A4、レターサイズ、またはリーガルサイズの用紙をセットし、用紙設定を確認してください。
  • ストップボタンを押して、受信したファクスの印刷を中止したとき
ファクスボタンを押してください。
参考
  • 本製品のメモリには、約250 ページ分*(約30件)のファクスが保存できます。
  • [設定]→[本体設定]→[ファクス設定]の[基本設定]で[自動印刷]を[する]に設定した場合、受信したファクスは自動で印刷されます。[しない]に設定した場合、受信したファクスはメモリに保存されるので、メモリ照会から印刷してください。
  • メモリがいっぱいになると、残りのページは受信できません。メモリに保存されている原稿を印刷または削除してから、送信元に連絡して、もう一度送信してもらってください。
  • キヤノンFAX 標準チャートNo.1(標準モード)使用時

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX860

 

[TOP▲]
このページのトップへ