ファクスを送信する(PIXUS MX860)



ファクスを送信する(PIXUS MX860)
更新日 : 2014年1月24日
文書番号 : Q000047649



対処方法

ここでは、テンキーを使用して直接ダイヤルして送信する方法と、ワンタッチダイヤルに送信先を登録して送信する方法について説明します。
参考
本製品をPBX(構内電話交換機)や別の電話交換システムに接続しているときは、まず外線呼び出し番号をダイヤルしてから、相手のファクス/電話番号をダイヤルしてください。

重要
両面原稿を送信する場合、原稿は原稿台ガラスにセットしてください。ADF(自動原稿給紙装置)から両面原稿を読み込むことはできません。

(3) ファクスボタンを押します。
ファクス送信の待機画面が表示されます。
(4) 必要に応じて、画質(解像度)や濃度(明るさ)を調整します。
2. ファクスを送信します。
原稿台ガラスに原稿をセットしたとき:
(1) テンキーで、送信先のファクス番号にダイヤルします。
(2) カラーファクスを送信する場合はカラースタートボタンを押し、白黒ファクスを送信する場合はモノクロスタートボタンを押します。
重要
カラー送信は送信先のファクス機がカラーファクスに対応しているときのみ有効になります。

(3) OK ボタンを押します。
送信が始まります。
参考
原稿が複数枚ある場合は
  • 原稿台ガラスに次の原稿をセットし、手順2 の(2)で押したボタンと同じボタンを押します。同じ方法を繰り返し、すべての原稿を読み込み終わったらOK ボタンを押します。
  • 1 枚目の原稿でモノクロスタートボタンを押した場合、2 枚目以降がカラーの原稿でもモノクロで送信されます。

ADF(自動原稿給紙装置)にセットしたとき:
(1) テンキーで、送信先のファクス番号にダイヤルします。
(2) カラーファクスを送信する場合はカラースタートボタンを押し、白黒ファクスを送信する場合はモノクロスタートボタンを押します。
自動的に原稿が読み込まれ、送信が始まります。
重要
カラー送信は送信先のファクス機がカラーファクスに対応しているときのみ有効になります。
参考
  • 送信を中止するときは、ストップボタンを押し、液晶モニターの表示にしたがってください。
  • 原稿の読み取り中にストップボタンを押して原稿がADF(自動原稿給紙装置)に残った場合は、液晶モニターに[ADF に原稿が残っています OK を押すと、原稿を排出します]のメッセージが表示されます。OKボタンを押すと、ADF(自動原稿給紙装置)に残った原稿が自動的に排紙されます。
自動リダイヤルについて
  • 送信先が話し中などで、ファクスを送信できなかったときには、間隔を空けて自動的にリダイヤルをすることができます。お買い上げ時には、[設定]-[本体設定]-[ファクス設定]-[送信機能設定]の[自動リダイヤル]が[する]に設定されています。[自動リダイヤル]を[する]に設定すると、[リダイヤル回数]でリダイヤルする回数を、[リダイヤル間隔]でリダイヤルする間隔を分単位で設定できます。

(3) ファクスボタンを押します。
ファクス送信の待機画面が表示されます。
(4) 必要に応じて、画質(解像度)や濃度(明るさ)を調整します。
2. リダイヤルの一覧から電話番号を選択します。
(1) リダイヤル/ポーズボタンを押します。
テンキーを使用して送信したファクス番号の一覧が表示されます。
(2) ボタンでダイヤルしたい番号を選びます。
(3) OK ボタンを押します。
ファクス送信の待機画面に、選んだ番号が表示されます。
3. ファクスを送信します。
カラーファクスを送信する場合はカラースタートボタンを押し、白黒ファクスを送信する場合はモノクロスタートボタンを押します。
重要
カラー送信は送信先のファクス機がカラーファクスに対応しているときのみ有効になります。


1. ファクス送信の準備をします。
(1) 電源が入っていることを確認します。
(2) 原稿台ガラスまたはADF(自動原稿給紙装置)に原稿をセットします。
(3) ファクスボタンを押します。
ファクス送信の待機画面が表示されます。
(4) 必要に応じて、画質(解像度)や濃度(明るさ)を調整します。
2. ファクスを送信します。
(1) ワンタッチボタンを押します。
送信先のファクス/電話番号が登録されているワンタッチボタン(01 〜 05)を押します。
(2) カラーファクスを送信する場合はカラースタートボタンを押し、白黒ファクスを送信する場合はモノクロスタートボタンを押します。
注意
カラー送信は送信先のファクス機がカラーファクスに対応しているときのみ有効になります。


(1) ファクスボタンを押してから、メニューボタンを押します。
(2) ボタンで[電話番号登録]を選び、OK ボタンを押します。
(3) ボタンで[ワンタッチダイヤル]を選び、OKボタンを押します。

2. ワンタッチダイヤルに登録します。
(1) ボタンで未登録のワンタッチダイヤルの番号(01 〜05)を選び、OK ボタンを押します。
参考
  • 未登録の番号を選ぶと、新規に登録できます。登録済みの番号を選ぶと、登録内容を編集するのか、削除するのかを選ぶ画面が表示されます。

(2) テンキーで送信先の名前を入力します(スペースを含む最大16 文字)
(3) OK ボタンまたは ボタンを押します。
(4) テンキーで登録したいファクス/電話番号を入力します(スペースを含む最大60 桁)
(5) OK ボタンを押します。
ワンタッチダイヤル画面の指定した番号に、登録した名前が表示されます。
参考
  • ファクスボタンを押すと、登録した内容を保存してファクス待機画面に戻ります。
  • 登録したリストは印刷して保管することをお奨めします。


1. ファクスボタンを押してから、送信画質ボタンを押します。
2. 読み取り解像度を設定します。
(1) ボタンで読み取り解像度を選びます。
(2) ボタンで画質を選びます。
標準: 通常の文字だけの原稿に適して
います。
ファイン: 細かい文字の入った原稿に適しています。
ファインEX: 詳細なイラストや細かい文字の入った原稿に適しています。
送信先のファクス機がファインEX(300 × 300dpi) に対応していない場合は、標準または
ファイン(200 × 200dpi)で送信します。
写真: 写真の入った原稿に適しています。
参考
カラーでファクス送信する場合、[写真]の解像度になります。

3. 濃度(明るさ)を設定します。
(1) ボタンで読み取り濃度を選びます。
(2) ボタンで濃度を選びます。
ボタンを押すと薄くなります。
 ボタンを押すと濃くなります。
(3) OKボタンを押します。
ファクス送信の待機画面に戻ります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX860

 

[TOP▲]
このページのトップへ