フィルムをセットする方法(PIXUS MP980)



フィルムをセットする方法(PIXUS MP980)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000049564



フィルムは、原稿台カバーに収納されているフィルムガイドに取り付けてから、原稿台ガラスにセットします。パソコンからフィルムをスキャンする場合も、同様の方法でセットしてください。


■フィルムをセットする

フィルムをセットする  
1

フィルムガイドをFAU(フィルムアダプタユニット)保護シートから取り外す。

1)原稿台カバーを開け、FAU保護シートを取り外す。

2)FAU保護シートの裏側から、フィルムガイドを取り外す。

【重要】
  • フィルム印刷の終了後は、取り外したフィルムガイドをFAU保護シート裏に収納し、必ず原稿台カバーに取り付けてください。書類や写真などフィルム以外の原稿をコピー、スキャンするときにはFAU保護シートが取り付けられている必要があります。
2

フィルムを原稿台ガラスにセットする。

スキャンされる方向に合わせて、フィルムは左から右に順にセットします。ただし、撮影したカメラの機種によっては、フィルムのコマ順どおりにスキャンできないことがあります。
写真を正しい向きで印刷するには、セットするときのフィルムの向きに気をつけてください。右図のようにフィルムの表裏、上下がそれぞれ逆になるようにセットします。

●35mmスリーブフィルムの場合

1)フィルムガイド(A)はフィルムのイラストが入っている面を上に向け、フィルムホルダ(B)のくぼみを内側に押しながら開く。

スリーブ用フレーム(C)のヒンジ部が外れないようにフィルムホルダを開いてください。

2)フィルムを裏にして(画像が正しく見える面を下向きに)、フィルムの先端をスリーブ用フレームのツメに差し込んで、左から右に順にセットする。

画像の上下も逆になるようにセットしてください。

3)フィルムホルダをしっかり閉じる。

ホルダがきちんと閉じないときは、フィルムが正しくセットされているか確認してください。
ホルダに浮きがあるときは、上から全体を押しつけて、突起を溝にはめ込みます。

4)ホルダ上の白線マークと、フィルムのコマとコマの境が合っているかを確認するセットしたフィルムの向きも再度確認してください。

ご使用のフィルムによっては、フィルム先端をスリーブ用フレームのツメの下に通して入れると、コマ間がフィルムホルダの白線マークに合わないことがあります。その場合は、フィルムのコマ間を白線マークに合わせることを優先してセットしてください。

5)フィルムガイドを原稿台ガラスの左右の溝に合わせてセットする。

スリーブ用フレームの長さより短いフィルムをスキャンすると、フィルムのない部分に接しているコマの画像がやや白っぽくなることがあります。この場合は、フィルムのない部分を黒い紙などでふさいでスキャンしてください。
フィルムの画像のない箇所に管理用のシールが貼られ
ていると、それを画像と判断する場合があります。

●35mmマウントフィルムの場合

1)フィルムホルダ(A)のくぼみを内側に押しながら開き、同様にくぼみの位置でスリーブ用フレーム(B)を内側に押しながらフィルムガイド(C)から取り外す。
2)原稿台ガラスの左右の溝に合わせてフィルムガイドをセットする。
3)フィルムを裏にし(画像が正しく見える面を下向きに)、画像の上下を逆にして、左から右に順番にセットする。

フィルムが原稿台ガラスから浮かないようにセットしてください。
以上でフィルムをセットする方法は完了です。

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP980

 

[TOP▲]
このページのトップへ