本体の操作ボタンの動作設定をする(スキャン操作)



本体の操作ボタンの動作設定をする(スキャン操作)
更新日 : 2013年11月22日
文書番号 : Q000053181



対処方法

本体の操作ボタンを押してスキャンする際に必要な、Canon IJ Scan UtilityやMP Navigator (EX)やMP Toolboxを起動させるための設定を行います。

※Macをご利用の場合、OS10.4以降ではこの操作は必要ありません
※プリンターがネットワーク接続の場合はこの操作は必要ありません
 
重要
  • 設定を行う前に、Administrator[管理者]の権限を持つユーザー名でログオンしてください。
  • PIXUS MG3530はプリンター本体のボタン操作でのスキャンには非対応です。パソコンからスキャンの操作を行ってください。

1. [コントロール パネル]→[デバイスとプリンターの表示]の順にクリックします。

2. [Canon (機種名)]を選択後、右クリックして[スキャン プロパティ]をクリックしてください。

3. [Canon (機種名)のプロパティ]ダイアログボックスで[イベント]タブを選択してください。

4. [イベント]シートの[操作]で、Canon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)のいずれかを起動アプリケーションソフトに設定します。
[イベントを選択してください]で選択できるイベント、すべての動作を[Canon IJ Scan Utility]または[MP Navigator (EX)]に設定してください。
すでにCanon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)のいずれかが設定されている場合は、[キャンセル]をクリックして終了してください。
5. [OK]をクリックしてください。


1. [スタート]メニューから、[コントロール パネル]→[デバイスとプリンターの表示]の順にクリックします。

2. [Canon (機種名)]を選択後、右クリックして[スキャン プロパティ]をクリックしてください。

3. [Canon (機種名)のプロパティ]ダイアログボックスで[イベント]タブを選択してください。

4. [イベント]シートの[操作]で、Canon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)/MP Toolboxのいずれかを起動アプリケーションソフトに設定します。
[イベントを選択してください]で選択できるイベント、すべての動作を[Canon IJ Scan Utility]または[MP Navigator (EX)]または[MP Toolbox]に設定してください。
すでにCanon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)/MP Toolboxのいずれかが設定されている場合は、[キャンセル]をクリックして終了してください。
5. [OK]をクリックしてください。


1. [スタート]メニューから、[コントロール パネル]→[ハードウェアとサウンド]→[スキャナとカメラ]の順にクリックします。

2. [Canon (機種名)]を選択後、[プロパティ]をクリックしてください。

3. [ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスで[続行]をクリックします。

4. [Canon (機種名)のプロパティ]ダイアログボックスで[イベント]タブを選択してください。

5. [イベント]シートの[操作]で、Canon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)/MP Toolboxのいずれかを起動アプリケーションソフトに設定します。
[イベントを選択してください]で選択できるイベント、すべての動作を[Canon IJ Scan Utility]または[MP Navigator (EX)]または[MP Toolbox]に設定してください。
すでにCanon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)/MP Toolboxのいずれかが設定されている場合は、[キャンセル]をクリックして終了してください。


6. [OK]をクリックしてください。


1. [スタート]メニューから、[コントロール パネル]→[プリンタとその他のハードウェア]の順にクリックします。

2. 開いた画面で[スキャナとカメラ]をクリックします。

3. [Canon (機種名)]を右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

4. [イベント]シートの[動作]で、Canon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)/MP Toolboxのいずれかを起動アプリケーションソフトに設定します。
[イベントを選択してください]で選択できるイベント、すべての動作を[Canon IJ Scan Utility]または[MP Navigator (EX)]または[MP Toolbox]に設定してください。
すでにCanon IJ Scan Utility/MP Navigator (EX)/MP Toolboxのいずれかが設定されている場合は、[キャンセル]をクリックして終了してください。


5. [OK]をクリックします。



2. 開いた画面で[スキャナとカメラ]をクリック(またはダブルクリック)してください。

3. [スキャナとカメラのプロパティ]ダイアログボックスが開き、[(機種名)]を選択後、[プロパティ]をクリックします。

4. [スキャナ イベント]でイベントを選択して[次のアプリケーションに送る]で[MP Navigator (EX)]または[MP Toolbox]を設定します。
すでにMP Navigator (EX)またはMP Toolboxが設定されている場合は、[キャンセル]をクリックして終了してください。

5. [OK]をクリックします。
パソコンを再起動してください。
重要
再起動しないと設定が有効になりません。


1. [スタート]メニューから、[設定]→[コントロール パネル]をクリックします。

2. 開いた画面で[スキャナとカメラ]をクリック(またはダブルクリック)してください。

3. [スキャナとカメラ]ダイアログボックスが開きます。[(機種名)]を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

4.[イベント]タブをクリックします。
[スキャナ イベント]でイベントを選択して[次のアプリケーションに送る]で[MP Navigator (EX)]または[MP Toolbox]を設定します。
すでにMP Navigator (EX)またはMP Toolboxが設定されている場合は、[キャンセル]をクリックして終了してください。

5. [OK]をクリックします。
パソコンを再起動してください。
重要
再起動しないと設定が有効になりません。


スタートボタンを押したとき、MP Navigator (EX)を自動で起動させるためには、Mac OS Xの[アプリケーション]フォルダにあるイメージキャプチャで、起動するアプリケーションをMP Navigator (EX)に設定しておく必要があります。
重要
  • Mac OS X v.10.3.x(10.3.9以降)をご使用の場合のみ、本設定を行う必要があります。
  • イメージキャプチャを起動する前に、MP Navigator (EX)がインストールされ、パソコンと本製品が接続されていることを確認してください。
  • MP770/MP790/MP900はMacのプッシュスキャンには非対応です。

1. ハードディスクの[アプリケーション]フォルダを開き、[イメージキャプチャ]アイコンをダブルクリックします。
イメージキャプチャが起動し、プレビュー画像のスキャンが自動で始まります。

2. 左下にある[オプション...]をクリックします。


3. [設定]画面の[スキャナボタンが押されたときに起動するアプリケーション]で、[MP Navigator (EX)]を選択してください。


4. [OK]をクリックし、イメージキャプチャを終了してください。
次回から、 本体の操作ボタンを押すと、MP Navigator (EX)が自動で起動します。

重要
イメージキャプチャを起動したときにプレビュー画像のスキャンが始まらず、[TWAIN]画面が開く場合は、以下の手順でTWAINソフトウェアを使用しない設定にしてください。
1. [イメージキャプチャ]メニューの[環境設定...]を選択します。
2. [スキャナ]画面で[可能なときにはTWAINソフトウェアを使用する]のチェックマークを外してください。
3. [OK]をクリックし、イメージキャプチャを閉じます。
再度イメージキャプチャを起動すると、プレビュー画像のスキャンが始まります。



2. [イメージキャプチャ]メニューから[環境設定]を選びます。

3. [スキャナボタン]を押したときに起動する項目]で[その他]を選びます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230 / PIXUS MG8130 / PIXUS MG7130 / PIXUS MG6530 / PIXUS MG6330 / PIXUS MG6230 / PIXUS MG6130 / PIXUS MG5530 / PIXUS MG5430 / PIXUS MG5330 / PIXUS MG5230 / PIXUS MG5130 / PIXUS MG4230 / PIXUS MG4130 / PIXUS MG3530 / PIXUS MG3230 / PIXUS MG3130 / PIXUS MG2130 / PIXUS MP990 / PIXUS MP980 / PIXUS MP970 / PIXUS MP960 / PIXUS MP950 / PIXUS MP900 / PIXUS MP830 / PIXUS MP810 / PIXUS MP800 / PIXUS MP790 / PIXUS MP770 / PIXUS MP640 / PIXUS MP630 / PIXUS MP620 / PIXUS MP610 / PIXUS MP600 / PIXUS MP560 / PIXUS MP550 / PIXUS MP540 / PIXUS MP520 / PIXUS MP510 / PIXUS MP500 / PIXUS MP493 / PIXUS MP490 / PIXUS MP480 / PIXUS MP470 / PIXUS MP460 / PIXUS MP450 / PIXUS MP280 / PIXUS MP270 / PIXUS MP170 / PIXUS MX923 / PIXUS MX893 / PIXUS MX883 / PIXUS MX870 / PIXUS MX860 / PIXUS MX850 / PIXUS MX7600 / PIXUS MX523 / PIXUS MX513 / PIXUS MX420 / PIXUS MX350

 

[TOP▲]
このページのトップへ