プリントヘッド位置を調整する(PIXUS MX350)



プリントヘッド位置を調整する(PIXUS MX350)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000053736



対処方法


用意するもの: A4 サイズの普通紙(再生紙を含む)*1 枚
*表裏ともに白いきれいな用紙を用意してください。

1. 電源が入っていることを確認します。

2. 後トレイにA4 サイズの普通紙が1枚以上セットされていることを確認します。

3. 排紙トレイをゆっくり手前に開きます。

4. プリントヘッドの位置調整シートを印刷します。
(1) セットアップボタンを押します。
セットアップメニューが表示されます。
(2) [ メンテナンス] を選び、OKボタンを押します。
メンテナンス画面が表示されます。
(3) [ ヘッド位置調整−自動]を選び、OKボタンを押します。
確認画面が表示されます。
(4) メッセージの内容を確認し、[はい]を選び、OKボタンを押します。
プリントヘッド位置調整シートが印刷されます。
重要
  • プリントヘッド位置調整シートの印刷部分には触らないでください。
  • プリントヘッド位置調整シートは汚さないようにしてください。汚れやシワなどがあると正しく読み取れない場合があります。

(5) [パターンは、正常に印刷されましたか?]のメッセージが表示されたら、正常に印刷されたことを確認し、[はい]を選び、OKボタンを押します。

5. シートをスキャンし、プリントヘッドの位置を調整します。
(1) メッセージの内容を確認し、印刷されたプリントヘッド位置調整シートを原稿台ガラスにセットします。
調整パターンが印刷された面を下にして、シートの左上隅の マークを原稿位置合わせマーク( )に合わせます。
参考
  • 印刷されたプリントヘッド位置調整シートは、ADF(自動原稿給紙装置)から読み取ることはできません。

(2) 原稿台カバーをゆっくり閉じて、OKボタンを押します。
プリントヘッド位置調整シートのスキャンが開始され、自動的にプリントヘッド位置が調整されます。
重要
  • プリントヘッド位置の調整中は、原稿台カバーを開けたり、セットしたプリントヘッド位置調整シートを動かさないでください。
  • 液晶モニターに[読み取りに失敗しました]と表示された場合はOKボタンを押し、[ 液晶モニターにエラーメッセージが表示されている ] を参照してください。

(3) ヘッド位置調整終了のメッセージが表示されたら、OKボタンを押します。
メンテナンス画面が表示されます。
調整終了後、原稿台ガラスからプリントヘッド位置調整シートを取り出してください。
参考
  • ほかの機能を開始するときは、各モードボタンを押してください。
  • 記載の手順でプリントヘッド位置調整を行っても印刷結果が思わしくない場合は、パソコンから手動でプリントヘッドの位置調整を行ってください。
  • メンテナンス画面で[ヘッド位置調整値を印刷]を選ぶと、現在の調整値を印刷して確認することができます。


1. プリンタードライバーの設定画面を開きます。

2. [ユーティリティ]シートの[特殊設定]ボタンをクリックします。
[特殊設定]ダイアログボックスが表示されます。

3. ヘッド位置調整を手動に切り替えます。
[手動でヘッド位置を調整する]にチェックマークを付けます。

4. 設定を送信します。
[送信]ボタンをクリックし、確認のメッセージが表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。

5. [ユーティリティ]シートの[ヘッド位置調整]ボタンをクリックします。
[ヘッド位置調整開始]ダイアログボックスが表示されます。

6. 本製品に用紙をセットします。
後トレイにA4サイズの普通紙を3枚セットします。

7. ヘッド位置調整を実行します。
本製品の電源が入っていることを確認し、[ヘッド位置調整]ボタンをクリックします。
メッセージに従って、必要な操作を行います。

8. 印刷されたパターンを確認します。
印刷されたパターンの中ですじが一番目立たないパターンの番号を、各入力欄にひとつひとつ入力します。
または、プレビュー上ですじが目立たないパターンと同じ位置をクリックすると、各入力欄にその番号が自動的に入力されます。
入力が完了したら、[OK]ボタンをクリックします。
参考
  • パターンが均一にならないときには、白い縦すじが一番目立たないパターンを選びます。
(A) 縦すじが一番目立たない例
(B) 縦すじが一番目立つ例
  • パターンが均一にならないときには、白い横すじが一番目立たないパターンを選びます。
(A) 横すじが一番目立たない例
(B) 横すじが一番目立つ例

9. メッセージの内容を確認し、[OK]ボタンをクリックします。
2枚目のプリントヘッド位置調整パターンが印刷されます。
重要
印刷中は、スキャナーユニット(カバー)を開けないでください。

10. 印刷されたパターンを確認します。
印刷されたパターンの中ですじが一番目立たないパターンの番号を、各入力欄にひとつひとつ入力します。
または、プレビュー上ですじが目立たないパターンと同じ位置をクリックすると、各入力欄にその番号が自動的に入力されます。
入力が完了したら、[OK]ボタンをクリックします。
参考
パターンが均一にならないときには、白い縦すじが一番目立たないパターンを選びます。
(A) 縦すじが一番目立たない例
(B) 縦すじが一番目立つ例

11. メッセージの内容を確認し、[OK]ボタンをクリックします。
3枚目のプリントヘッド位置調整パターンが印刷されます。
重要
印刷中は、スキャナーユニット(カバー)を開けないでください。

12. 印刷されたパターンを確認します。
印刷されたパターンの中で横しまが一番目立たないパターンの番号を、各入力欄にひとつひとつ入力します。
または、プレビュー上で横しまが目立たないパターンと同じ位置をクリックすると、各入力欄にその番号が自動的に入力されます。
入力が完了したら、[OK]ボタンをクリックします。
参考
パターンが均一にならないときには、白い横しまが一番目立たないパターンを選びます。
(A) 横しまが一番目立たない例
(B) 横しまが一番目立つ例
参考
[ヘッド位置調整開始]ダイアログボックスの[調整値の印刷]ボタンをクリックすると、現在の設定を印刷して確認することができます。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX350

 

[TOP▲]
このページのトップへ