手書きナビシートで合成写真を印刷する方法(PIXUS MP980/MP630/MP620/MP540)



手書きナビシートで合成写真を印刷する方法(PIXUS MP980/MP630/MP620/MP540)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000057430



概要

手書きナビシートとは、メモリーカードに入っている写真に手書きの文字やイラストを合成するためのシートです。
メモリーカードの中からお気に入りの写真を選んで手書きナビシートを印刷し、手書きで文字やイラストを自由に書き込んでからシートをスキャンすると、写真に文字やイラストが合成されて印刷されます。
写真には、あらかじめ登録されているフレームやイラストを選んで合成することもできるので、オリジナルの年賀状やグリーティングカードをかんたんに印刷することができます。


詳細情報:
  1. 手書きナビシートを印刷する方法
  2. 手書きナビシートに合成したい文字やイラストを書き込む方法
  3. 手書きナビシートを読み込み、合成写真を印刷する方法

【詳細1】手書きナビシートを印刷する方法

※ここではMP980を例にご案内いたします。その他の機種も操作は同様です。


1. プリンタの電源が入っていることを確認して、メモリーカードをカードスロットにセットします。
重要
  • 合成写真の印刷が完了するまで、メモリーカードを抜かないでください。

2. カセットにA4サイズの普通紙がセットされていることを確認します。
3. 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを開きます。

4. [ ホーム ] ボタンを押します。
5. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、[ らく楽フォトシート ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。
6. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、[ 手書きナビ印刷 ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。
7. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、 [ 手書きシート印刷 ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。
8. 液晶モニターの [ 手書きナビ印刷ガイド ] の表示を確認して、[ OK ] ボタンを 2 回押します。
レイアウト選択画面が表示されます。

9. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、 印刷したいレイアウトを選び、[ OK ] ボタンを押します。
メモリーカード内の写真が液晶モニターに表示されます。

参考
  • [用紙全面に写真]のほかにもいろいろなレイアウトが選べます。

10. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、 印刷したい写真を選び、[ OK ] ボタンを押します。
フレーム選択画面が表示されます。
11. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、印刷したいフレームを選び、[ OK ] ボタンを押します。
イラスト / 文字選択画面が表示されます。
参考
  • フレームを指定しない場合には、「フレームなし」と表示されている画面でそのままOKボタンを押してください。フレームの選択中に[フレームなし]を選ぶには、ファンクションボタン(左)を押します。
  • フレームと写真の方向が合わない場合は▼▲ボタンでフレームを回転させて、写真に合わせて印刷します。
  • フレームに合わせて写真を90度回転させたい場合は、トリミング編集でトリミング枠を回転させて、トリミングの設定をしてください。

12. イージースクロールホイールまたは左右のカーソルボタンを押して、印刷したいイラスト / 文字を選び[ OK ] ボタンを押します。
参考
  • イラスト / 文字を指定しない場合は、「イラストなし」と表示されている画面でそのままOKボタンを押してください。
  • イラスト/文字の選択中に[イラストなし]を選ぶには、ファンクションボタン(左)を押してください。

13. [ カラースタート ] ボタンを押します。 手書きナビシートが印刷されます。
重要
  • 印刷されたシートは汚さないでください。シートが汚れていると正しく読みとれない場合があります。
参考
  • 印刷を中止するときは、ストップボタンを押します。
  • 使用するカメラ、撮影の向きなどにより選択したレイアウトで印刷されない場合があります。その場合は、他のレイアウトを選択してください。

戻る

【詳細2】手書きナビシートで文字やイラストを合成する方法

「手書きナビシートを印刷する方法」の手順 10. で選択した写真と、手順 11. で選択したフレームが手書きナビシートに印刷されます。
※手順 12. でイラスト / 文字を選択している場合は、合わせて印刷されます。
印刷された手書きナビシートに、合成したいイラスト / 文字を書き込みます。

重要
  • 印刷設定情報(Aの部分)、使用している用紙の状態を確認するエリア(Cの部分)は、汚さないようにしてください。
    汚れやシワなどがあると、手書きナビシートを正しく読み込めない場合があります。
  • 塗りつぶしたマークが薄いとスキャンされないことがあります。
  • 各項目で、もれがないように必ずマークを塗りつぶしてください。
  • 各項目で、二つ以上のマークを選択しないでください。
a 良い例
b 悪い例 : チェックのみ
 
c 悪い例 : 線のみ
 
d 悪い例 : うすい

1.シートの「Step 4」の手書きエリアに合成したい文字やイラストを書き込みます。
重要
  • 文字やイラストは、濃い筆記用具でかすれのないようはっきりと書いてください。蛍光ペンなどの薄い色はうまく読みとれない場合があります。
  • 手書きエリアに書いた文字やイラストは、印刷する用紙に合わせて写真とともに拡大/縮小されます。
  • 写真に合わせて書いた文字やイラストは、実際に合成したときにわずかにずれる場合があります。
  • 「手書きナビシートを印刷する」の手順3で選んだイラストに文字を重ねて書いた場合、文字修飾の効果やフチなどが正しく印刷できない場合があります。イラストに文字を重ねて書かないようにしてください。
  • 写真の周囲と手書きエリアの枠付近に描き込んだ文字やイラストは、印刷されないことがあります。
参考
  • 自動写真補正をしない場合には、「自動写真補正をしないで印刷する」にマークを付けてください。マークを付けない場合は自動写真補正が有効になります。
  • 「この手書きナビシートを再印刷する」にマークを付けると、手書きナビシートをもう一度印刷します。マークを付けると他のマークはすべて無効になります。
  • 「手書きナビシートを印刷する」の手順3で[シール紙]を選んだ場合、用紙の設定項目が異なります。

2.シートの「Step 1 合成の設定」で、書きこんだ文字/イラストの色の付けかたや影の付けかたなどの合成方法を選びます。

■書いた色をそのまま印刷する場合
シートの「Step 4」で手書きした文字/イラストの色をそのままの色で印刷します。また、文字やイラストへの影(青い部分)の付けかたを指定します。
参考
  • シートの「Step 2」で、影の色を指定しないときには、影の部分は白フチで印刷されます。

■書いた部分を白抜きに印刷する場合
シートの「Step 4」で手書きした文字/イラストの色を白抜きで印刷します。また、白抜きした文字やイラストへの影(青い部分)の付けかたを指定します。
参考
  • シートの「Step 2」で、影の色を指定しないときには、影の部分は黒フチで印刷されます。
  • シートの「Step 2」で影の模様にチェック模様などを選ぶ場合は、修飾効果を「太いフチ」にすることをお勧めします。「細いフチ」を選ぶと、模様が見えづらくなる場合があります。
  • 右端の立体の影は、撮影した写真の向きや選んだレイアウトにより、意図しない方向につく場合があります

3.シートの「Step 1」で、指定した合成のパターンの影(青い部分)の色や模様を選びます

合成する写真の配置
手書きエリアの配置


4.シートの「Step 3 用紙の設定」で印刷する用紙のサイズや種類などを選びます。

参考
  • [ この手書きナビシートを再印刷 ] にマークをつけると、手書きナビシートをもう一度印刷することができます。
    このマークをつけると、他のマークはすべて無効になります。
  • 自動写真補正をしない場合は、「自動写真補正をしないで印刷する」にマークを付けてください。マークを付けない場合は自動写真補正が有効になります。

戻る

【詳細3】手書きナビシートを読み込み、合成写真を印刷する方法

1. 手書きナビシートの「用紙の設定」で選んだ用紙を後トレイにセットします。
2. イージースクロールホイールまたは、左右のカーソルボタンを押して、[ 手書きシート読込 ] を選び、[ OK ] ボタンを押します。
参考
  • [手書きシート読込]が選ばれていないときは、ホーム画面から[らく楽フォトシート]を選び、[手書きナビ印刷]から[手書きシート読込]を選んでください。
3.原稿台ガラスに手書きナビシートをセットます。
重要
  • 文字などを書き込んだ面を下にして、手書きナビシートの左下隅の三角マークを原稿位置合わせマークに合わせてください。

4. 原稿台カバーをゆっくり閉じて、[ OK ]ボタンを押します。

5. +−ボタンで印刷部数を設定し、[ OK ] ボタンを押します。
手書きナビシートがスキャンされ、指定した写真にフレームと手書きエリアの内容が合成されて印刷されます。
重要
  • 印刷が完了するまで、手書きナビシートを動かさないでください。
  • 印刷が完了するまで、メモリーカード/USBフラッシュメモリーを抜かないでください。
    印刷中はメモリーカード/USBフラッシュメモリーとプリンタ本体が通信しており、アクセスランプが点滅しています。
    アクセスランプが点滅している間にメモリーカードを抜くと、メモリーカード内の画像が破損する可能性があります。
参考
  • 印刷を中止するときは、[ ストップ / リセット ] ボタンを押します。
  • 手書きのイラストの大きさや形によっては、印刷に時間がかかる可能性があります。
  • 撮影方法や画像編集の条件によっては、印刷画像の上下が逆に印刷されることがあります。その場合は、用紙の向きを逆にセットしてください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP980 / PIXUS MP630 / PIXUS MP620 / PIXUS MP540

 

[TOP▲]
このページのトップへ