本製品の操作パネルを使ってスキャンしたデータをパソコンに転送する方法(PIXUS MX860)



本製品の操作パネルを使ってスキャンしたデータをパソコンに転送する方法(PIXUS MX860)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000062585



対処方法

本製品の操作パネルを使ってスキャンしたデータをパソコンに保存することができます。
重要
  • ソフトウェア(MPドライバーとMP Navigator EX)がインストールされていない場合は、セットアップCD-ROMでMPドライバーとMP Navigator EXをインストールしてください
  • 本製品とパソコンが正しく接続されていることを確認してください。
    プリンターが動作しているときや、パソコンがスリープモードまたはスタンバイモードのときにLANケーブルまたはUSB ケーブルを抜き差ししないでください
    LAN接続でスキャンを行う場合は、LAN接続でスキャンを行う準備ができていることを確認してください
  • あらかじめパソコンの転送先やファイル名などをMP Navigator EXで設定してください

1. 本製品の電源が入っていることを確認します

2. 原稿台ガラスまたはADF(自動原稿給紙装置)に原稿をセットします

3. [ スキャン ]ボタンを押します

4.ボタンで[ パソコン ]を選び、OKボタンを押します

5.ボタンで保存先を選び、OKボタンを押します
USB接続の場合は[ ローカル(USB) ]、LAN接続の場合は保存先のパソコンを選んでください
参考
  • パソコンは[ ユーザー名 コンピュータ名 ]で表示されます

6.ボタンで保存先を選び、OKボタンを押します
自動判別:
USB接続時のみ表示されます
原稿の種別を自動的に判別て最適なデータ形式で保存します
手順8に進んでください

文書(原稿台):
原稿台ガラスにある原稿を文書に適した設定でスキャンします

写真(原稿台):
原稿台ガラスにある原稿を写真に適した設定でスキャンします
手順3に進んでください

文書(ADF片面):
ADF(自動原稿給紙装置)にある片面の文書原稿を文書に適した設定でスキャンします

文書(ADF両面):
ADF(自動原稿給紙装置)にある両面の文書原稿を文書に適した設定でスキャンします
重要
  • 原稿の種類に合わせて正しく原稿がセットされていることを確認してください
参考
  • ADF(自動原稿給紙装置)に両面原稿をセットしてスキャンした場合、本製品の初期設定では両面原稿はページ順に排紙されません。ページ順に排紙したいときは、[両面排紙設定]を[ページ順に排紙]に設定してください

7.手順6で[ 自動判別 ]以外を選んだときは、ボタンで保存方法を選び、OKボタンを押します

パソコンに保存
原稿をスキャンして、保存します
PDFファイルで保存
原稿をスキャンして、PDF ファイルとして保存します。原稿が[文書(原稿台)]または[文書(ADF片面)]、[文書(ADF両面)]の場合に選べます
メールに添付
原稿をスキャンして、 メールソフトウェアで画像を添付したメールを作成します
アプリケーションで開く
原稿をスキャンして、登録されたアプリケーションソフトで表示します
参考
  • 各モードの詳細な動作設定は、ご利用のパソコンにインストールしているMP Navigator EXから変更することができます
    MP Navigator EXの[ 環境設定 ]画面から[ スキャナボタン設定 ]画面より変更してください


8. カラーでスキャンをする場合はカラーボタンを押し、白黒でスキャンをする場合はモノクロボタンを押します

MP Navigator EXで設定されている内容で、原稿がスキャンされます
スキャン終了後、原稿台ガラスまたは原稿排紙口からから原稿を取り出してください
参考
  • 保存方法で[PDFファイルで保存]を選んだ場合は、原稿台ガラスに原稿をセットしても連続してスキャンを行えます
    スキャン終了後、スキャン続行の確認画面で[読み取り続行]を選んでください
    次の原稿を原稿台ガラスにセットしたあと、カラーでスキャンをする場合はカラースタートボタンを押し、白黒でスキャンをする場合はモノクロスタートボタンを押してください

以上で操作は終了です

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX860

 

[TOP▲]
このページのトップへ