ADF(自動原稿給紙装置)から複数の原稿を一度にスキャンする方法 (PIXUS MP830)-Windows / Mac OS X-



ADF(自動原稿給紙装置)から複数の原稿を一度にスキャンする方法 (PIXUS MP830)-Windows / Mac OS X-
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000062599



対処方法


ADF(自動原稿給紙装置)から複数の原稿を一度にスキャンする方法 (Windows / Mac OS X)
MP Navigator を使って、ADF(自動原稿給紙装置)に複数枚の原稿をセットし、一度にまとめてスキャンすることができます
※ここでは Windows で MP Navigator 2.x を使った例で説明しています

重要
  • コンピュータと本機がケーブルで接続されていることと、本機の電源が入っていることを確認してください

1. MP Navigator を起動します

2. [ 文書の一括読み込み ] をクリックします

3. スキャンする原稿に合わせて、[ 原稿の種類 ]を選択します

原稿の表面のみをスキャンしたい場合は、[ カラー文書(片面) ]などの片面原稿を選びます
原稿の裏面を続けてスキャンしたい場合は、[ カラー文書(両面) ]などの両面原稿を選びます
* 機種によって表示が異なります

4. 必要に応じて、[ 詳細設定 ] をクリックして原稿のサイズや読み取りの解像度を設定してください
 設定が完了したらOKをクリックして閉じます
参考
  • 手順3で[ 原稿の種類 ]を[ カラー文書(両面) ]などの両面原稿を選んだ場合、[ 自動両面読み取り ]にチェックを入れることができます


  • スキャンする原稿の向きを設定する場合は、[ 原稿向き設定 ]をクリックしてください。表示されたダイヤログボックスで[ 原稿の向き ]や[ とじ方向 ]を設定することができます


5. [ 文書の一括読み込み ] 画面に戻って、[ 実行 ]をクリックするとスキャンが始まります

参考
  • スキャンを中止するときは[ キャンセル ]をクリックします

[ 原稿の種類 ]で両面原稿を選択し、手動で原稿の裏面をスキャンする場合には手順6
[ 原稿の種類 ]で両面原稿を選択し、[ 自動両面読み取り ]でスキャンする場合 / 片面原稿を選択している場合には手順8へ進んでください

6.[ 原稿の種類 ]で両面印刷を選択している場合は、スキャンが終わると[ 手動両面読み取り ]ダイヤログボックスが開き、続けて原稿の裏面をスキャンします
表示されたメッセージに従って原稿をセットしてください
重要
  • [ 閉じ方向 ]で[ 長辺とじ ]を選択したときは、裏面をスキャンするときに、原稿を180度回転させてセットしてください

7.[ OK ]をクリックします。スキャンが開始されます

8.原稿のスキャンが終わると、読み込んだ画像がプレビューに表示されます

9. 必要に応じて、スキャンした画像を加工します。加工する画像にチェックをいれてください

10. [ パソコンに保存 ] または [ PDFファイルにして保存 ] ボタンをクリックしてください
  

11-1. [ パソコンに保存 ] を選択した場合
[ パソコンに保存 ] ダイアログボックスが表示されたら、画像データの保存先フォルダやファイル名、保存する画像のデータ形式を設定して[ 保存 ] をクリックします
スキャンした画像が設定どおりに保存されます
重要
  • [ 原稿の種類 ]で[ テキスト(OCR) ]を選択しているときは、[ JPEG ]は選択できません

11-2. [ PDF ファイルにして保存 ] を選択した場合
[ PDFファイルにして保存 ] ダイアログボックスが表示されるので、ファイルの種類やファイル名、画像データの保存先フォルダを設定して、[ 保存 ] をクリックします

PDFファイルの種類は、目的に合わせて以下のように設定してください
PDF 複数の画像が選択されていた場合、画像ごとにPDFファイルにして保存します
PDF(複数ページ) 複数の画像を1つのPDFファイルにまとめて保存します
※[ PDF(複数ページ) ]は、複数の画像を選択しているときに表示されます
PDF(ページ追加) 既存のPDFファイルに選択した画像を追加で保存します。選択した画像は、PDFファイルの最終ページに追加されます
追加先のPDFファイルのページ順は変更できません


以上で終了です

戻る


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MP830

 

[TOP▲]
このページのトップへ